日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 飛鳥・奈良・平安時代

大化の改新→悪者を成敗→現在の学会ではウソー( ゚д゚)

更新日:

 

歴史の授業で、虫殺し(645年)と言えば、大化の改新。

天皇家に反旗を翻し、悪徳の限りを尽くした保守派の蘇我氏を、中大兄皇子(のちの天智天皇)が攻め滅ぼし、古代国家は著しく支配がすすんだ――。これが社会の授業で習った歴史だろう。

果たして、こいつは史実なんでしょうか???

このナゾを解く鍵は、日本書紀にある。蘇我氏が悪者扱いをされたのは、唯一の史料である日本書紀に基づいている。日本書紀は、天皇家が正当であることを繰り返し歴史の中で訴えた歴史書。「わたしがクーデターを起こしました」など都合の悪いことは、たとえ事実であっても書き残さない。

中大兄皇子と中臣鎌足が談合したとされる多武峰の談山神社

こうした批判的立場から日本書紀を読み解いた研究が進展していくと、日本書紀は様々な史実の書き換えをしているのであって、「記述を鵜呑みにしてはいけないんだ」というのが、今日の学会の常識となっている。

改めて日本書紀を見直すと、官僚制を推し進める政策を主導するなど、蘇我氏は逆臣どころか、古代国家の礎を創り上げた功労者であったことが浮かび上がる。蘇我氏はむしろ革新派で、古代社会を近代化させた、との見方である。

にもかかわらず、蘇我氏が滅亡の一途をたどったのは、権力を掌握し、天皇家を脅かす存在となったため。そこに善悪の判断はない。むしろ、暗殺という強硬手段に訴えた中大兄こそ、反社会的な行動をしたともいえる。蘇我氏と天皇家の評価、立場は、見方によって180度変わってしまうのだ。

歴史は勝者が残した史料に基づいて描かれる。たとえ歴史書に書かれていても、疑ってかからなくてはならない。大化の改新への評価は、歴史書をどう評価するのか、という恰好の素材を提起してくれる。

スポンサーリンク

恵美嘉樹




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, 飛鳥・奈良・平安時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.