日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 江戸時代

伊能忠敬の功績に驚嘆! 地図おたくにして後期高齢者の星はいかなる道を歩んだか

更新日:

 

「明日から頑張る」と言い続けて早うん十年。ちょっぴり落ち込みそうになるが、でも大丈夫、50代半ばで始めて国宝級の仕事はできるんだ!
その名は伊能忠敬(いのうただたか)(1745~1818)。
初めて日本全土を測量し、正確な日本地図を作った人です。

これだけなら「ふーん」で終わってしまいますが、この測量を始めた年齢がスゴイ。なんと、56歳のときなのです。
40歳で「初老」と言われていた時代の56歳ですよ!今なら後期高齢者……は言い過ぎか。

大日本沿海輿地全図武蔵/国立国会図書館蔵

 

グーグルマップを見たら卒倒するだろうなぁ

しかも測量のためですから、正しく長さを図れないと意味がありません。
忠敬はその基準として自分の歩幅を使いました。
ほぼ一定の幅で歩くように意識し、何歩分にあたるかという計算で距離を割り出していったのです。
同行する人々にもそのための訓練を行い、その歩数の平均でできるだけ正しい距離を計算することに力を注いでいました。
自宅から駅まででも、なんだかめんどくさい。。。それを日本全国でやったなんて今ではとても信じられませんね。

あー言ってみたい、海岸線を淡々と歩いている伊能さんの背中をトントンと叩いて、アイフォンを見せながら

「ねぇ、グーグルマップ見る?」

それはともかく、伊能さんも、もちろん、いきなり測量の旅を始めたわけではありません。
忠敬は上総国(今の千葉県北部)の名主の生まれだったのですが、商家の婿養子になっていました。
もともと頭の良い人だったのでしょう、婿入り後はお金を稼いで家を再興させ、役人まで勤めていたのです。
そして50歳で隠居したのですが、ここで本当に「ご隠居」にはなりませんでした。

何を思ったのか、長男に家を譲った後、忠敬は江戸に出て勉強を始めるのです。
もちろん測量や天体観測など、後の地図作りに必要な学問でした。
このとき師事した相手が19歳も年下というのもスゴイ!
普通、そんなに年下の人に「先生」なんてなかなか言えないですよね。
この息子のようなお師匠様・高橋至時(よしとき)も忠敬の姿勢を尊敬していたようで、「推歩先生」と呼んでいたそうです。

 

スポンサーリンク

年下を先生と呼ぶ謙虚さに平服

「先生!」「なんでしょう?先生」「あのですね、先生」「そうですか、先生」……ってややこしいわい!

こんな漫才を繰り広げているうちに、伊能忠敬は資金や学問など、測量をするための準備を整えました。
さすがに一度の旅で全土を測量するのは無理だと判断したのか、10回に分けて行っています。
しかし、そのスケジュールを見るとこれまたとんでもない!

短くても4か月強、長いと1年半もかけて旅をしています。
繰り返しますが、歩いてですよ?!繰り返しますが、グーグルマップないんですよ?!

大日本沿海輿地全図武蔵・江戸をクローズアップすると/国立国会図書館蔵

そんな伊能さんにもやはり老化は訪れます。
晩年には「歯がすっかり抜けてしまって、大好きな奈良漬も食べられない。悲しい」という手紙を娘に送っています。
ここだけ見ると、現代のおじいちゃんとあまり変わりませんね。奈良漬食べられなくなっても

途中には、悲しい出来事もありました。
お師匠様の高橋至時が、41歳という若さで亡くなってしまったのです。この人は歩き回るのではなく、インドアで天体の動きを研究して、暦を太陰暦から太陽暦に変えようという壮大な挑戦をしていたんですね。
死因は過労死とも言われていますので、やっぱり外歩き、ほどほどの運動が体にはいいようで。

この時、伊能さんが測量を始めて4年が経っていました。若い先生の死を悲しみましたが、ひたすら歩き続けます。日本地図を完成させることが供養にもなると考えたのでしょう。

全ての測量が終わったのは、忠敬72歳のとき。
途中不参加となってしまう回もありましたが、前後17年に渡って測量を続けたことになります。
17年間のうち年3分の1から半分以上は家を空ける生活……想像すらできません。
ガッツとか根性とか、そういう言葉を超越したレベルです。あえて称号を与えるなら「地図オタク」。いや、これじゃかえって小者になってしまう。

 

スポンサーリンク

英国人もびびった伊能地図の完成度

彼の作った地図は、その後、日本を訪れた西洋人たちを大変驚かせます。
正しい地図を作るのには、費用も技術も時間もかかるからです。
忠敬の死後数十年して、イギリスが日本の周囲を無理やり測量しようとしたことがあります。
測量をする=地形を知られることになるので、これは軍事的にも大変危ういことでした。

しかし、イギリスの測量スタッフを案内した役人が伊能忠敬の地図を持っていたのです。
これを見たイギリス側はビックリどころではありません。
今から作ろうと思っていたのに、既に正確な地図があったのですから。
「作る必要ないじゃんHAHAHAHA!」と言いながら、内心は冷や汗モノだったでしょうね。(つか、役人も軽々しく見せるなよ)

当時は東洋人=未開の野蛮人のように思われていた時代です。
見下していたのに、自分達を上回るほどの技術を持っているかもしれない……と恐ろしくもなったでしょう。
ある意味では、伊能忠敬の地図が、アジアで数少ない独立国を保てたことにつながっているのかもしれません。

忠敬はマッチョマンでもなければ、最初から大金持ちだったわけでもありませんでした。
自分がやりたいことのために頑張ったのです。
毎朝枕の上の抜け毛を見てがっかりしている世のお父さん方、まだまだできることがいっぱいあるかもしれませんよ。
さすがに「16年間歩け!」とは言いませんが、皿くらい洗えや!

ちなみにお墓は遺言に従ってお師匠さんの隣に作られました。どこまで立派なおっさんだったんだ!そして2010年に、千葉県香取市にある伊能忠敬記念館が所蔵する「伊能忠敬関係資料」が国宝に指定されました。(涙ブワ

番所鼻自然公園・伊能忠敬の絶賛の碑

スポンサーリンク

参考:「あの人の人生を知ろう~伊能忠敬編」

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, 江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.