日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 伊達家 幕末・維新

30余戦全勝の細谷十太夫直英&鴉組って何者!? 奥羽列藩同盟ボロ負けの中で大奮闘!

更新日:

 

戊辰戦争の時、仙台藩士として縦横無尽の活躍をした細谷十太夫直英という人物をご存じだろうか。
敗戦に次ぐ敗戦を重ね撤退していくしかなかった佐幕派の軍中にあって、侠客や博徒、猟師や馬方といった士分以外の者を募って「衝撃隊」というゲリラ組織を率いて戦うこと三十余戦。負けることなしという非凡な戦術の才能を発揮した男である。
そう、それはまるで楽天初年度のエース岩隈さんのような孤軍奮闘であった。

細谷地蔵

細谷地蔵

 

新政府軍に畏怖された漆黒のカラス軍団

細谷の率いた衝撃隊は、その漆黒の軍装と一羽の鴉を染め抜いた隊旗と共に、新政府軍に「鴉組」と呼ばれて非常に恐れられた。
「細谷鴉と十六ささげ なけりゃ官軍高枕」と世に謡われた民衆のヒーロー。
いったい細谷十太夫直英とはどのような男だったのか。

細谷の家は、伊達家第十七代当主伊達政宗の時代から五十石で召し抱えられ、代々伊達家に仕えてきた下級武士の家柄であった。
1839年(天保十一年)、細谷家の長男として誕生した十太夫は、幼い頃から剛毅果断で剣槍弓銃などの諸芸に通じ、特に鉄砲術を得意としたという。

父母を早くに亡くしたため、元服の年まで寺小姓に出され、寺で習う事ができる読み書き、簡単な算盤などの教育以外は受けられなかったと言われている十太夫。
しかし、そのような暮らしの中でもいつの頃からか林子平(江戸三奇人の一人で仙台藩士・海国である日本の海防の重要性を説くが容れられず蟄居の身となる)を敬愛し、その著書である「海国兵談」を愛読するといった一面もあった。

十六となった十太夫は元服して名を直英と改め、細谷の家を継ぐ。
めでたく仙台藩のお抱え武士の一人となることもでき(当時は元服しても一生浪人のままという者もいた)、戊辰戦争の少し前までの期間は比較的平和に武士兼役人の務めをこなしていたという。

 

スポンサーリンク

伊達藩の隠密となって諸国を渡り歩き……

普請方役人であった時などは私財を投じて人足達をねぎらい、心服した人足達が細谷のためにと一所懸命働いたため、他の役人の倍程の業績を挙げたりもしている。
このまま行けばオッチャン達に愛される良い現場監督になったであろう。
しかし時代は列強からの開国要求を受けての日米修好通商条約締結、桜田門外の変、大政奉還と不穏な方へと動いて行く。その波は仙台にも押し寄せていた。

普請方、鋳銭方などの役人をしていた細谷も、時代の趨勢から近隣の藩の情勢を偵察する軍事方探偵周旋方、平たく言うと隠密として米沢、庄内、相馬などの諸藩を渡り歩くようになる。
旅籠屋の下男や刈田郡名産「孫太郎虫」(川虫の一種)売り、女郎屋の妓夫太郎など、時により様々な姿に変装して潜伏。
このときに各地の侠客や雲助、博徒などと交わったことが後の「衝撃隊」を結成するための顔繋ぎとなった。

1868(慶応4)年、生糸商の手代として二本松藩に潜入した細谷は、五月一日に勃発した白河城の戦いを目の当たりにして、いよいよ戊辰の戦いに身を投じる事になる。
隠密の仕事を放り出し、須賀川(福島県)の女郎屋の店先に「仙台藩細谷十太夫本陣」と張り出し兵を募集。
すると、名のある侠客や博徒、猟師、馬方などが続々と参加し、最大時は100名を超える集団となった。

世に「鴉組」と呼ばれた衝撃隊、三十余戦の快進撃の始まり、である!

 

スポンサーリンク

「撃て撃て、キジやウサギと思って撃て、一匹も逃すな!」

戊辰の夏、深夜の頃、連日連勝の戦に心地よい眠りについた新政府軍の陣中に、突如として鬨の声と銃声が鳴り響きなった。

幕府側の奇襲か――。新政府側にはまだいくらかの余裕があった。
というのも、日中の戦闘では火器の性能で相手方を圧倒しており、いつものように古臭い鎧兜や旧式の銃でやってきた者たちを蜂の巣にしてくれるわい!
そう思いながら新政府軍が反撃に出ると、何かいつもと様子が違う。結局、幕府側の思わぬ戦法に出遭い、惨敗を喫することになった。

「撃て撃て、キジやウサギと思って撃て、一匹も逃すな!」
今でこそ猟師と言えば散弾銃などで獲物を撃ち、日帰りで山から帰るものと相場が決まっているが、当時の猟師は相棒の犬と連れ立って自足自給で山の中を数ヶ月も歩き回り、出会った獲物は熊でも猪でも打ち倒してくる猛者であった。
細谷の陣に参じた猟師たちは闇の中でもよく利く目を持ち、山の中を獣のように走り回っては敵の背後を狙撃。次々に撃ち倒していった。

そして猟師たちの狙撃で敵の銃隊が乱れると、すかさず角田の善兵衛、桑折の和三郎、渡辺の武兵衛といった侠客どもが一家を引き連れ、命を的にして斬り込む。
「この薩摩芋堀野郎!」
「仙台味噌野郎が!」
闇夜に怒号が飛び交う中、小勢ではあったが、細谷率いる衝撃隊は、幕府側と新政府側がお互いが罵り(?)合うような接近戦になっても決して退かず、また、細谷が合図をすると風のように消え去ったという。

奥羽列藩同盟旗と十太夫陣羽織(手前)多賀城市の東北歴史資料館にて

奥羽列藩同盟旗と十太夫陣羽織(手前)多賀城市の東北歴史資料館にて

 

「ドン五里兵」と嘲笑われた仙台藩兵の中で燦然と輝く

この後、1か月半の間に三十数回も続く衝撃隊のゲリラ戦に、当時の新政府軍は以前とはまるで違う印象を抱くようになった。

黒い軍装、一羽のカラスを染め抜いた隊旗から、恐れを込めて「鴉組」と呼んだのである。

一方、奥羽列藩同盟の盟主でありながら、ともすれば日和見に傾きかねない仙台藩上層部と、大砲が一発ドンと鳴ると五里退却することから「ドン五里兵」と敵にも味方にも嘲笑われた仙台藩兵の中にあって、「鴉組」の活躍は綺羅星のように輝かしく、当時の民衆には喝采を持って迎えられた。

……と言うと、とても格好いい、強いばかりのゲリラ部隊に思えるが、現実は中々に厳しいものがあったようだ。
やたらと華々しい戦歴を作ってしまったものだから、以降、仙台藩では正規の軍の先鋒を鴉組が務め、彼らが命を賭して攪乱した敵軍に正規軍が突っ込むという形を常に採ることになり、正規の軍に消耗がなくとも鴉組には必ず死傷者が出るようになってしまうのである

駒ヶ嶺攻防戦などでは旗巻峠を守る1200名の兵力の内、彼ら鴉組(最大時で100と少し)だけが戦場で敵に囲まれ、雨脚も強まる(幕府側では未だに火縄銃を装備しているものも多かった)という圧倒的に不利な状況で戦う事を強いられたりした。
それでも彼らは退く事無く、9月15日の仙台藩の降伏までの期間を戦に明け暮れる事となる。
結局、仙台藩が負けてしまうのはもはや説明するまでもないだろう。

 

大出世も、全国指名手配を喰らうなんて><;

と、ここで話が終わればすっきりするのだが、細谷はこのときまだ20代後半から30。彼の波瀾万丈の人生はここから第二幕を開ける。
仙台藩降伏後、軍功が認められ藩主の伊達慶邦から200石の加増と武一郎の名を賜り、小姓頭に出世する細谷だったが、ここでなんと明治政府によって戦犯として指名手配されてしまうのだ。

当時、武士の階級は大雑把に上中下に分かれており、その壁を越えて出世する例はほとんどなかった。
よって50石取りの下級藩士であった細谷が中級クラスの職分である小姓頭に就いたことはとても凄いことなのに、指名手配されてしまうとは残念至極。
慶邦公から賜った禄もこれでおじゃん! ……と、思ったら大間違い。なんと細谷は指名手配されながら伊達藩の隠密として仕事を続けるのであった。
もう、ここまで来たら大河ドラマ化希望である。

その際も伊達藩の重臣の家に匿われるとか、逃亡資金を伊達公に都合してもらうということは一切無く、逃亡兼隠密生活をひたすら細谷個人の変装術とそれまでに得た土地勘、人脈のみで乗り切っているのだから凄まじい。夏ばっばもびっくりのかっこよさだ。
元々彼は伊達藩の隠密であり、正体を隠すのはお手の物ではあるが、そこは伊達公、逃亡生活に集中させてあげて!と言いたくなってしまう。

 

戦争から開拓まで 定期的に大暴れ

その後も、大赦令が出てひょっこり姿を現したと思ったら、磐前県(福島県いわき市など)の開拓使を経て陸軍少尉となったり、西南戦争に従軍して大功を立て、役人に戻ったと思ったら日清戦争に参加して功すこぶる多し!
あるいは、北海道の幕別町に入植して幕別町初の和人となり……と定期的に大暴れを繰り返しているのが熱い。まるで、年老いても一番槍を競い合った戦国時代の最強武将・水野勝成のような活躍である。

晩年、細谷は敬愛する林子平の菩提寺を弔うため剃髪して仏門に入り、現在の仙台市子平町にある龍雲寺の中興の祖となった。
そして明治40年、68歳で寂す。
法名は「龍雲院八世鴉仙直英和尚」。人生のほとんどを戦いに明け暮れた細谷に相応しい、シンプルで格好の良い法名である。

龍雲院には、細谷が敬愛した林子平の墓の北側に細谷の墓がある。
彼の墓は「連戦連勝、負け知らずの鴉組の大将」として、今も土建業者や政治家、受験を控えた若者などが参拝に訪れるという。
幕末、明治の激動の時代を、自分の腕と才覚と、仲間との信頼を以て鮮やかに生き抜いた男の、最後の夢の跡である。

鈴木晶・記

細谷十太夫の墓

細谷十太夫の墓

 

鈴木晶の記事

◇大学3年生でニートとなった仙台藩3代目の伊達綱宗の隠居の理由

スポンサーリンク

◇「仙台ブス」伝説の祟りが解けた!「貞子」化した花魁の墓で分かった伊達家の秘密
参考文献

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, 伊達家, 幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.