「これからランチのデザートくるから戦いません!」関ヶ原を決定づけた言い訳

 

「ランチをのぞけば、人生が見えてくる。 戦うブショーの昼ごはん それが『イクサメシ』」こんにちは中井貴一です。(NHK「サラメシ」をフィーチャー)

 

戦いのまっただなかでもランチを心配をする。

なんと豪気な話でしょうか。

 

しかし、これが歴史を動かす大合戦への日和見の言い訳なら話は変わってしまいます。

1600年の天下分け目の関が原の合戦において、動かずじまいの西軍の主力・毛利軍がつかった苦しい言い訳、これが俗に言う

「毛利の手弁当」

「宰相(さいしょう)殿の空弁当(安芸宰相は総大将の毛利輝元の官位)

「毛利の空弁(からべん)」

という故事です。

 

関が原では、毛利軍は家康本陣の背後にある南宮山に布陣します。その数2万数千人。その全軍が機をみて南宮山を駆け下りれば、いくら家康の後衛に池田輝政隊と浅野幸長隊ら(合わせて兵力1万人程度)がいるからといってもそう簡単には防げなかったでしょう。

しかも毛利は西軍の総大将(その総大将の輝元は大坂城にいたとはいえ)。

なぜ、天下分け目の大戦といわれる関が原において動かない事になってしまったのでしょうか。

それは、この時の南宮山での毛利軍の大将である毛利秀元(輝元のいとこで養子)の補佐役に任じられていた「毛利の両川」とされた重鎮・吉川広家が、南宮山の麓にいて、山頂にいる毛利本隊を先導する役目だったことにあります。

 言い訳が尽きて「これからランチなので」

その広家は東軍が勝つと予測して、早くから軍師官兵衛の息子で東軍の黒田長政らと通じており、関が原の合戦では「この戦いに毛利軍は動かない」という密約を交わしていたのでした。

関が原の戦の最中、西軍の好機は幾度となく訪れます。仲間からの出陣要請に対して、最初は、「霧が深い」などと、もっともらしい理由をつけて動かなかった広家ですが、戦の終盤、毛利秀元本隊より、「今こそ東軍の背後を付けば、100%勝てるのに何故動かないのか」という問いかけの頃には、動かない理由のネタが尽きてしまって、苦し紛れに「今から兵に弁当をとらせるので・・・。」と言ったとうのがこの故事の由来です。

 

三本の矢も重ねれば強いのでしょうが、「毛利の両川」の2家(吉川と小早川)が裏切っているのですから、奇しくも毛利元就の教えの逆を地でいった出来事が関が原で起こってしまったようです。

 

なんとやら。むしろ毛利さんのほうがランチをやけ食いしたい気分だったのではないでしょうか。

 

以上、毛利家の山口県から戦国のランチ事情をお伝えしました。


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る