いまさら聞けない武術用語!「居合」ってそもそもなんだ?

 「いかん、“居合”だ!気をつけろ!!」って外野が叫んでるイメージをもってるのは私だけでしょうかねえ。

 同じ日本刀を扱う技術でも、日本の武術では大きく「剣術」と「居合術」に分かれており、フィクションの世界でも居合は特にあなどれないような恐ろしい技として描かれることが多いようです。しかし、両者の違いは何となく「刀を抜くまでが居合」、「刀を抜いてからが剣術」という漠然とした捉えられ方をしているように思ってしまいます。
 そこで今回は、「居合」とはそもそもどういった武術なのかを見ていきたいと思います!

「居合」は「迎撃」の技!

 居合とは本来は、臨戦態勢ではない状態から突然攻撃を受けた場合に対処する技法群のことを指しています。つまり普通に歩いていたり、室内で対話している時などに急に相手に襲いかかられた時にどう対処するか―。
というシチュエーションを想定するところからその技が発想されました。

 相手はもう刀を抜いているが、こちらはまだ刀を抜いていない。

 同時に斬り合えば、必ず相手の方が速くこちらに致命傷を与え得る絶体絶命の状況に対応するのが居合、すなわち「“居”ながらにして急に“合”する」、「居合わせる」技術であるといえます。

 最大の特徴は「抜きつけ」と呼ばれる、抜くと同時に片手で斬撃を加える技術にあり、これによって攻撃を加えてきた相手を迎撃し、その初太刀あるいは二の太刀・三の太刀で止めを刺すという流れになっています。

発祥は戦国時代!対剣術戦用に開発

 居合の始祖は戦国時代~江戸時代初期の剣客である「林崎甚助(はやしざきじんすけ)」だとされています。

 そもそもの始まりは、こちらが長大な太刀をもち、至近距離から短刀で突いてくる敵を迎え撃つことができるか?という課題に対する答えとして開発されたといいます。
このようなシチュエーションから初めの段階からいわゆる「護身」の要素の強い武術であったともいえるでしょう。

 
flickerより

 当初は戦国時代までの刃を下にして腰に吊り下げる「太刀」によるものだったのが、江戸期に入り刃を下にして腰に差す形式の「打刀」で発動できるように技が工夫されていったといいます。

「居合術」、「抜刀術」の違いって?

 居合と良く似たイメージで使われることばに「抜刀術」というものがありますね。刀を抜く技術、という意味ではこちらの方が理解しやすいようにも思います。西南戦争で激しい白兵戦を繰り広げた警視庁「抜刀隊」や、映画・マンガの「るろうに剣心」における「抜刀術」など、馴染み深いかもしれません。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完醒

 現代にも伝わる古武道流派には、同様の意味で使われることが多く、例えば「抜刀術」と書いて「いあい」と読ませたり、「抜剣(ぬきぼこ)」という呼称を用いることもあるようです。
 現代の理解では、全てを迎撃の技で構成するものが「居合」、こちらから攻撃をしかけることがある場合を「抜刀」と区分することもあるようですが、主には形稽古を中心とする「居合道」や、試斬に主眼を置く「抜刀道」に分かれているようです。

居合独特の「座業(すわりわざ)」!


 居合術に特有の技としては、正座やあるいは立て膝の状態から相手の攻撃に対応する「座業(すわりわざ)」があります。座敷で座るという日本の文化が生み出した独特のスタイルとして貴重な身体文化であるともいえるでしょう。実際に大刀を帯びた状態で座ることは皆無ではなかったにせよ一般的なものではなく、不利な体勢でどのように身体操作を行うか、あるいは狭い場所でも効率よく稽古するための方法として理解されています。

居合は速いのか?

 居合はその抜きつけのスピードによって相手を圧倒するようなイメージがありませんか?実際に多くの流派では、抜きつけの初撃を「瞬電」と形容するように素早く強力に行うことが肝要としています。

 しかしあらかじめ構えた状態から斬りおろしてくる相手の攻撃よりも早く斬ることが本当に可能なのでしょうか?
この議論は遠く江戸時代からなされており、現代でも活発なやりとりが聞こえてきますよね。

 重要なのはヨーイ、ドン!で同時に速さを比べるような性質のものではないこと、居合の究極はいち早く危険を察知して戦闘を回避する、あるいは身を守ることにある、ということでしょうか。

 現代の居合道の稽古では瞬発的な技を使うのではなく、緩急のメリハリがきいた古式の太極拳を思わせるような動作で形を行っています。

 つまり「後の先(ごのせん)」で相手を迎撃するというコンセプトに基づいた護身術であるといえるでしょう。もちろん、古武道流派によっては本当に素早い動きを行っていたり、眼にも止まらぬような太刀さばきを実現している達人も実在しています。

戦闘を回避する=最強

 現代武道の居合道は実戦性よりも様式美や形の正確さといった「道」の部分に主眼を置いているといわれますが、柄を使用した当て身技や、刀身に手を添えたり、右片手で発動したりする多彩な突き技、さらには前後左右への自在な動作や多人数の敵を想定した技など、バラエティ豊かな刀法を伝えています。
 ともあれ、最終的には刀を抜くことなく戦闘を回避する「鞘の内」という理想が居合の到達点であることに変わりはありません。
 これって十分、現代にも通用する考え方だと思いませんか??

帯刀コロク・記


【当サイトの人気記事】
桶狭間の戦いの最新研究も含めた織田信長の生涯!




関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 3月 30日

    今の武道でおかしくなってしまったところ、それは物理的な強さをすっ飛ばして
    戦いを回避する強さを身に付けようとしてしまっている流派、道場が多々見られること。

    実際に強くなければ、戦いは避けられません。
    悪意とは、時に理屈を踏まえずに襲ってくるものだからです。
    強く在って、尚先を見据えることで初めて、戦わない強さに到達できると考えます。

    最初から、戦わない強さを目指すのは、只の臆病な怠け者です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る