日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



週刊武春 徳川家

徳川家を呪ったとされる妖刀【村正】 家康が小刀でケガしただけで刀工は廃業の悲喜劇

更新日:

 

日本史で怪盗といえば石川五右衛門だが、快刀となると村正が定番。もともとは室町時代に伊勢(三重県)の刀工が作ったブランド品である。

戦国時代にはブランド刀の一つだったが、ある人を傷つけたものだから、今度はヤバイ【妖刀】としての名前も広がってしまった。

ある人とは他でもない、徳川家康だ。

妖刀村正/wikipediaより引用

妖刀村正/wikipediaより引用

 

「徳川家に障りがある!」→小刀でケガしただけ

それは家康が息子を切腹させた時のことだ。

部下に「息子を介錯(切腹後に首をきってとどめをさすこと)した刀は誰の作か」と尋ねると、「村正です」との答え。それを聞いた家康は驚いた。

「妙なことがあるもんだ。わしのじいちゃんが裏切りにあって殺された刀も村正だった」

さらにはこう続けたのがヤバかった。

「わしが小さいときに小刀で手をけがをしたのも村正。こいつは徳川家に障りががある。うちにある村正の刀は全部捨てろ」

じいちゃんが殺されたのはともかく、小刀でけがしたとか、完全な言いがかりであろう。

絵・富永商太

絵・富永商太

 

スポンサーリンク

名工・村正は廃業→プレミア刀になっちゃった

それでも、時の権力者の言葉というのは、現代のマスコミと同じくらいに影響力があり、噂は一人歩きしてしまう。

家康が何気なく吐いた言葉は、神君とその息子を傷つけた刀として、江戸時代に忌み嫌われ、室町時代から続く名工としての村正も「閉店」せざるをえなくなった。※編集部注・分派していったところは残っていた模様

ときには呪われたヤバイ刀として、銘の「村正」という部分を削りとり、二束三文で売られたこともあった。

ところが、である。運命というものはわからない。

幕末になると、家康を傷つけた刀は、倒幕を目指す維新の志士たちにとってはおめでたい刀に大変身。突如、人気が爆発してしまったのだ。村正の刀も、ここぞとばかりに切れ味を増したことだろう。

 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

川和二十六・記

 

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-週刊武春, 徳川家
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.