日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



週刊武春 WWⅠ百年 WWⅠ

元祖ヘタリア?擬人化された第一次世界大戦のプロパガンダ・ポスター10枚!

更新日:

 

英国のガーディアン紙が、第一次世界大戦中に各国で制作されたプロパガンダ・ポスターを一堂に集めて紹介しています。

 

image001

こちらはハンブルグのE・ジンマーマン社が1914年に制作したモノクロ・ポスター。ひしめきあってのバトル・ロイヤル状態って感じですね。ま、実際そうでしたけど。

image003

一方、こちらは1914年にベルリン郊外のベルラグスゲセルスシャフト組合が制作したもの。ロシアが熊、フランスは猫扱いされていますね(笑)。

image005

こちらは1914年にドレスデンのカール・レーマン・ドゥモン社の制作。英国がワニ、日本は龍になぞらえられてますね。

image007

同じくレーマンの制作。ロシアが凶暴になっている感じですね。当時はロシアの方が脅威だったのでしょうか。

image009

 

こちらはケルンで1914年に制作されたフリッツ・エルスナーという画家の作品。F・コルツ社とG・クレーマー社の印刷です。

image011

こちらは出典が書かれてありませんが、ドイツとオーストリアに有利に選挙区が進んでいる事を示そうとしていると、記事では解説しています。

 

image013

自国とオーストリアをタコになぞらえて、各国に触手を伸ばそうとしているのが、これ。

image015

一方、中立国のオランダのポスターも紹介されています。オランダだけがタバコをふかして余裕のポーズですね。もっとも、これにはドイツ政府から制作者を裁判にかけろと圧力をかけ、見つけたら1万2000ギルダーを出すとまで言い出していたのですって。

 

image017

こうした漫画マップを制作したアーティストの何人かは有名になったそうです。これはその1つ。ヴァルター・トリアーという画家の初期の作品。英国がキルトの下に艦隊を隠しているという芸の細かさ。皮肉な事に、トリアーは第二次世界大戦には反対し、ナチスから国外追放処分を受けています。

 

image019

最後にこれは、英国で1914年に制作されたポスター。各国が犬で表現されていますが、ドイツがダックスフンド、フランスがプードル。英国はブルドッグとなっています。スコットランドから英国の水兵が艦隊を操って、戦争を指揮しているという構図。実際に、制海権が鍵を握った事を思えば興味深いですね。

 

日本製が無いのに、少しガッカリ(苦笑)。

 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

南如水・記

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-週刊武春, WWⅠ百年, WWⅠ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.