元祖ゆるキャラ「踊る埴輪」は踊っていなかった。実は○○をひいていた!

踊る土偶として、知られている埼玉県熊谷市の野原古墳で昭和初期(昭和5年、1930年)に見つかった埴輪(はにわ)がある。

くわしくは知らずとも、この写真を見れば、多くの人が「あれか~」と思い出すに違いない。

「踊る人々」所蔵は東京国立博物館

口をぽかーんとあけた呑気に見える表情で片手をあげた様子は、古代の日本の牧歌的なお祭りでの踊りとなんとなく想像されがちだ。

 

これは2体セットで、小さいほうが古代の男性がしていた髪型の「美豆良(みずら)」をしていたことから、大きい方は女であろうとして、「踊る男女」と名付けられた。(現在の通称は「踊る人々」)

 

ところが、じつはこの二人、「踊ってない」ことが判明しているのだ。

 

その後も古墳での発掘が相次ぎ、片手をあげた土偶の多くが馬の埴輪(馬形埴輪)とセットで出土したことから、

 

片手をあげているのは、馬の手綱をひいている様子であることがわかってきた。

 

ふりかえって、この踊る土偶も当時の出土状況をふりかえってみると、馬形埴輪と一緒に出土していたのだ。

 

この埴輪を見て「のどかだなぁ」と思ってたら、まったくの誤解。彼らは炎天下か寒風吹く中で豪族の馬をひく、「働き者」の2人だったのである。

 

川和二十六・文

 

参考文献 藤野龍宏監修『埼玉の考古学入門』(さきたま出版会)

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る