日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト・富永商太

スポンサーリンク

週刊武春 織田家

織田信長は皇位を狙っていた!の噂は本当か? 主な説4本を検証してみる

更新日:

 

長い長い歴史を持つ日本の天皇制。とある歴史学者は、存続の危機が2度あったと言います。

最初は織田信長の時、二度目は第二次世界大戦直後です。

後者については、異論はないでしょう。敗戦国だった日本の天皇制が存続できるかどうかは、勝者であるアメリカら連合国の考え方次第だったからです。

それでは、前者の信長の時、というのはどういうことでしょうか? そもそも、そのときの天皇って、誰でしょう?今回取り上げるのは、天皇の歴史では重要でありながら、あまり知られていない、ちょっとかわいそうな第106代・正親町天皇(おおぎまちてんのう)をご紹介します。

正親町天皇/wikipediaより引用

この正親町天皇が即位した時代の皇室は、「貧乏」。とにかくお金がありませんでした。世の中は下克上の戦国時代です。皇室は、戦国武将からは見放されており、ひどい有様でした。

たとえば、正親町天皇の即位式はお金がなく中止。4年めの永禄3年(1560)になってようやく行うことができました。むろん他人の助けがあったから。資金を援助してくれたのは、中国地方の雄・毛利元就父子でした。

それから8年━━。

「信長が京にやってくる!」

 

入京した信長は即座に警護を命じた

1568年、驚愕のニュースが京に飛び込んできました。武力で攻められてしまえばひとたまりもありません。京中は大騒動になりました。はたして、信長は救世主か、はたまた迫害者なのでしょうか。

京の人々は固唾をのんで信長を迎えました。信長は将軍・足利義昭とともに入京すると、京の警護を即座に命じました。信長は皇室の味方だったのです。正親町天皇はホッと胸を撫で下ろしたことでしょう。

信長が上洛し、天皇を護ったのには計算がありました。朝廷の権威を利用して、大義名分を手に入れることができるからです。たとえば、浅井・朝倉との戦いでは、戦争が勅命であると主張しています。建前にせよ、世論を味方につけることができます。働く兵士の士気にもかかわるでしょう。皇室に利用価値がまだまだあるとふんだ信長は、全面的に皇室をバックアップすることにしたのです。

一方、正親町天皇にとっても、信長の援助を受けることは悪い話ではありません。信長が京に入ってきて以来、戦乱は終息を迎えつつあり、国内は平定されつつあります。その結果、皇居は修理され、さまざまな儀式は復活し、公家社会は安定したからです。

こうして持ちつ持たれつの良い関係が続いておりましたが、冒頭では信長が天皇になろうとしたとする学説のあることを紹介しました。いったい、どうしてそんな話になってしまったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

主な根拠は4つ ひとつずつ検証してみましょう

皇位をねらっていた根拠とされるのはいくつかあります。

根拠1)信長は征夷大将軍に任命されることを望んだが、正親町天皇がそれを拒絶した。

根拠2)信長は任官を拒んだ正親町を譲位させようと画策したが正親町天皇が拒んだ。

根拠3)天下の名香「蘭奢待」(らんじゃたい)の切り取りを正親町に強引に認めさせた。

根拠4)京都で行われた馬揃いで、正親町を威圧し続けた。

などなど。しかし、これらの根拠はどれも「あやしい」ものばかりです。検証してみましょう。

根拠1

「信長は征夷大将軍に任命されることを望んだが、正親町天皇がそれを拒絶した」ですが、そもそも征夷大将軍に任命されることを望んでいたこと自体が間違いといわれています。はい、一つ消えました。

根拠2

「信長は任官を拒んだ正親町を譲位させようと画策したが拒んだ」。これはどうでしょうか。何か、もっともらしく聞こえますね。たしかに、「信長が正親町へ譲位を要請した」といわれると、高圧的な信長が、自分にとって都合の悪くなった正親町を更迭するように仕向けた、と考えがちです。はたして、このような認識は正しいのでしょうか。

このことを解く鍵として、「譲位」について正しい認識が必要となります。実は天皇家にとって、今回の譲位が実現すれば、後土御門天皇以来、およそ100年ぶりのこと。これは天皇家にとってめでたいことで、皇室から望まれている喜ぶべき出来事なのです。つまり、信長が譲位を強要したというのは誤りで、実は正親町や皇室全体が譲位したくてしょうがなかった、というのが事実だったのです。2つ目も消えましたね。

根拠3

「天下の名香「蘭奢待」(らんじゃたい)の切り取りを正親町に強引に認めさせた」です。名香「蘭奢待」については補足が必要です。日本一すばらしい香りのする香木といわれているもので、奈良時代以来、東大氏の正倉院に伝来しています。長さ156センチほどで、ノコギリで3センチ前後切り取った跡が残っています。蘭奢待の字の中には「東大寺」の3字が隠れており、別名「東大寺」ともいいます。歴史上、この香りを楽しむことができた人物は、足利義政、織田信長、明治天皇だけでした。足利義政は室町幕府第8代将軍。銀閣寺を造ったことで有名ですね。明治天皇は、大日本帝国の君主。二人とも、超のつくビックネームです。こうしてみると、信長は、この蘭奢待そのものの香りを楽しむことを目的としたのではなく、「わたしこそ、天下の覇者なんだぞ」と意思表示をして権威を示したかった、というのは妥当な解釈でしょう。蘭奢待はその時々の政界ナンバー1の人物のみが体現できたもので、香りをかぐという行為により、自分の権威の高さを強調することがねらいだったのです。しかし、このことが信長が皇位を狙っていた根拠になるかといえば、別問題です。信長の皇位簒奪の根拠とは言い難いですね。

根拠4

「京都で行われた馬揃いで、正親町を威圧し続けた」。これはどういうことでしょうか。馬揃えとは、信長が御前で催した軍事パレードのこと。もともと騎馬を集めて、その優劣を競う行事でした。この儀式に対して、信長が朝廷へ軍事的に威圧することを目的としたと解釈する向きもありますが、あまりの面白さに、正親町天皇は「アンコール!」とばかり再演を要求したほどです。「威圧感」の微塵も感じられませんね。これもあっさりと消えました。

以上からしますと、信長は皇位を狙ったとする根拠はどれもあやしいものばかり。「信長は皇位簒奪を目指していた」というのはキャッチ―でつい乗っかりたくなりますが、どうもそんな事実はなかったようですね。「信長=皇位簒奪説」が唱えられたのも、信長のカリスマ性の高さと、皇位を奪われそうに見えた正親町天皇の頼りなさとがオーバーラップし、人々に思い込ませてしまったのかもしれません。恐るべし、信長君、もっとがんばれ、天皇さん!

こうしてみると、正親町天皇は常に受け身で、信長にやられっぱなしの印象を持つかもしれません。ところが意外にしたたかなやり手だったようです。

1582年、本能寺の変で信長が殺された時のことです。変の4日後、正親町天皇は安土を占拠した光秀のもとへ勅使を派遣しています。その直後、光秀は上洛し、正親町は京都の平穏無事を光秀へ求めています。この先、世の中はどう転ぶかわかりません。信長の代わりに光秀が天下を取る、そう考えたとしてもおかしくありません。光秀にツバをつけておいたのでしょう。つまり、正親町天皇は、もし仮に光秀が天下をとるようなことがあった場合、朝廷の庇護者になってもらうように、手を打っておいたと考えられます。

光秀は秀吉に打ち取られ、天下は秀吉の手中へと移りましたが、こうした「先手必勝」の交渉はその後も続けました。勅使派遣、任官など、秀吉への対応は緻密さをますばかりです。

こうして正親町は在任期間、信長・秀吉という偉人と対等にやりあい、信長・秀吉からは多大な経済的保護を受け、皇室社会に安定と豊かさをもたらしました。乱世の時代に、武力ではなく交渉のみで皇室を改善した正親町天皇こそ、真のヤリ手といえるでしょう。

スポンサーリンク

記・恵美嘉樹
【参考文献】

天皇・天皇制をよむ

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, 織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.