マジでご利益狙いたい 【初詣の8つの神社と神様5柱】まとめました

『全国「一の宮」徹底ガイド』著者の恵美嘉樹です。初詣はどこに行くか決めましたか。基本的には、ご近所の神社でいいのですが、受験や縁結びなど、どうしても実現したい願いがある!という人が、どの神社、まつられている神様を選べばいいのかについて、歴史的な背景から御利益を分析して、まとめました。(神様の優越ではありませんのであくまでご参考にしてください)

日本の神様別神社数ランキング

まずは国学院大の日本の神社の信仰分布調査による神様別神社数ランキングをどうぞ。きっとみなさんの近所にもあるでしょう。(11~20位は下のほうに)

  1. 八幡信仰(応神天皇) 7817社 代表的な神社 宇佐神宮
  2. 伊勢信仰(アマテラス大神) 4425社 伊勢神宮
  3. 天神信仰(菅原道真公) 3953社 北野天満宮
  4. 稲荷信仰(倉稲魂神) 2970社 伏見稲荷大社
  5. 熊野信仰(世界遺産の熊野三山) 2693社 熊野三社
  6. 諏訪信仰(タケミナカタ) 2616社 諏訪大社
  7. 祇園信仰(牛頭天王=スサノオ) 2299社 八坂神社
  8. 白山信仰(石川・岐阜県境の日本三大霊峰白山) 1893社 白山比め神社
  9. 日吉信仰(比叡山延暦寺の守り神) 1724社 日吉大社
  10. 春日信仰(藤原氏の氏神) 1072社 春日大社

参照)岡田莊司, 加瀬直弥編「現代・神社の信仰分布 : その歴史的経緯を考えるために」国学院大「神道と日本文化の国学的研究発信の拠点形成」( 2007年)

 

受験と言えば! 天神さまでしょ!

知恵と学問の神様といえば、平安時代の貴族・菅原道真公。
地位の低い貴族でありながら、知恵と学問により大出世を果たした道真ですが、延喜3年(903年)2月25日に、政争に敗れて左遷された九州の大宰府で亡くなります。

菅原道真(Wikipediaより)

死後に都で疫病などが発生したことで、道真が怨霊となったと受け止められ、鎮魂するためにまつりあげ(神格化)られました。
呪いをもたらす力を持っている怨霊を神さまにしてしまえば、その強力な力で我々を守ってくれるのではないかという逆転の発想で創設されたのが、京都の北野天満宮です。
天神さまというのは、神格化に伴って神様としてつけられた「北野天満大自在天神」の名前からです。
なぜ、学問の神かというと、前述したとおり、知恵と学問により大出世したからです。

道真公の復帰までの長い道のり

怨霊になったからさらっと一位の神様になってしまったように思われていますが、実際には、一位になるまでには色々なステップがありました。

903年 死去
923年 まず元の官職である右大臣に復帰させてみます。さらに正二位という位を贈る。左遷の命令書を焼却
947年 孫の菅原平忠を安楽寺別当(現在の太宰府天満宮のトップ)に任命し、おじいちゃんの魂を慰めてもらう
981年 ひ孫を神社寺院の役職ではなく太宰府そのもののナンバー2(大宰大弐)して、ひいおじいちゃんに喜んでもらう
993年 左大臣、正一位にランクアップ。同じ年のうちに、さらに太政大臣という最高位を贈る

という具合でした。やっぱり神様が出世するのも努力努力努力、なのでしょうか。

北野天満宮(京都市)

北野天満宮 - 無料写真検索fotoq
photo by sprklg

 創建については、『北野天満自在天神宮創建山城国葛野郡上林郷縁起』というめっちゃ長い資料が残っています。
 そこには面白いことが書かれています。北野天満宮ができたのは、幼女の巫女のおつげというのです。
 942年に、京都にすんでいた巫女性質の童女の奇子さんという人にとりつき、「北野に社殿をつくってまつってくれ」と要求。しかし、怪しい身分の巫女だったので、ほんまかいなと実現しなかったのですが、いつまでたっても天変地異や疫病などがとまらないので、やってみようかと5年後の947年に、現在の北野の地に移ってきたということになっています。

太宰府天満宮(福岡県太宰府市)

太宰府天満宮, 福岡県 (Dazaifu Tenman-gu, Fukuoka-ken) - 無料写真検索fotoq
photo by CTG/SF

 太宰府天満宮は、『帝王編年記』などの資料では、道真が亡くなり、墓を築こうと遺体を牛車で運んだところ、途中で牛が止まってしまって動かなくなった。仕方がないので、そこを廟所としたとされています。
 「安楽寺」という寺院として建物が造られるなどしたのはその2年後、正式に国が認めたのは919年のことで、天皇の命令で社殿を造っています。

湯島神社(東京都文京区)

shot@湯島天神,東京 - 無料写真検索fotoq
photo by chris.jan

 湯島天神で知られる東京の天満宮系の代表格。
 天之手力雄命というおそらく地元の神様をまつる神社でしたが、1355年に地元民が夢をみて「天神様をまつるべ」となって、菅原公もまつること(勧請)になり、その後、衰退しましたが、元祖江戸城をつくった太田道灌が1478年に再興しました。

縁結びといえば リア充 出雲の大国主さま

縁結びといえば出雲大社というのは、2013年の60年ぶりの遷宮などを経て、もはや国民の広いデフォルト情報として浸透してきた感があります。
オオクニヌシ(大国主神)がなぜ恋愛成就の神となったのでしょうか。

端的に言うと、オオクニヌシがモテモテのリア充だったからです。
数ある兄弟の中から、絶世のお姫さまに選ばれたり、スサノオという恐ろしい神様のまな娘から一目惚れされて駆け落ちしたり、とやりたい放題(笑)。

ナムジ―大国主 (1) (中公文庫―コミック版)

このお方、恋人だけでなく、名前もたくさんもっています。八千戈(やちほこ)神・葦原醜男(あしはらのしこお)・顕国玉(うつしくにたま)神・大物主(おおものぬし)神・大国魂(おおくにたま)神・大己貴(おおなむち)神・大名持(おおなむち)神などなど。

ネタバレをすれば、オオクニヌシとは1人の人物ではなく、アマテラス率いる天孫系の神様に対する「その他大勢」の神様を一緒くたにした神様だからです。
名前もたくさんあれば、奥さんもたくさんいるのも当然ということです。

つまり、オオクニヌシは出雲だけでなく、地方(京都から見た)にはたくさんいるのです。縁結びをお願いしたくて、出雲まで行かないと焦っている婚活中のみなさん、まずは地元の神社の神様がオオクニヌシやオオナムチでないかチェックしてみたらいかがでしょうか。

また、「大国主」という文字が、仏教の大黒天と結びついて恵比寿様になり、お金の神様でもあります。

出雲大社(島根県出雲市)

出雲大社 神楽殿 Izumo Taisha Kaguraden - 無料写真検索fotoq
photo by かがみ~

いわずもがなの出雲大社。オオクニヌシをまつっていますが、お祭りしているのは、オオクニヌシに国を譲らせた天孫系の天穂日命(あまのほひのみこと)の子孫が、出雲国造として現在でも出雲大社の宮司職をついでいます。神話が現代まで「リアル」として息づいているすごい神社です。

出雲大神宮(京都府亀岡市)

出雲大神宮 (元出雲) - 無料写真検索fotoq
photo by Hiroaki Iizuka Onido
京都府にある出雲の古社で、丹波国の一の宮です。
山陰道の入り口に鎮座するのが出雲の神社というのはなんとも興味深いですね。日本海側の出雲勢力が京都のすぐそばまで広がっていたということを示す証拠と見ると、とても面白い古代史が描けます。

勝負の神 八幡さまのミステリーなお姿

勝負ごとに御利益がある神様は結構多いのです。日本書紀でオオクニヌシに国譲りをさせた藤原氏の祖神「タケミカヅチ」、古事記で国譲りをさせた「タケミナカタ」、九州・出雲・東国を征服したヤマトタケル……。
なかでも、初の武家政権・鎌倉幕府を開いた源頼朝(最近は下の写真が本当の姿とされています)が氏神として信奉した八幡様は、その後、武士にとっての第一の勝利の神となりました。
今でも、プロのスポーツクラブの多くは、八幡系の神社に奉納すると聞きます。

源頼朝の真像 (角川選書)

八幡様自体は非常に謎に満ちた神様です。なにしろ、古事記や日本書紀には出てこないのです。はじめて正史に登場するのは、日本書紀の次の正史「続日本紀」です。しかも、九州の宇佐神宮(大分県)なのに、まつっている神様は、日本最大の古墳(いわゆる仁徳天皇陵)の被葬者である可能性がたかい応神天皇なのです。

応神天皇と八幡神の関係だけで1冊の本が書けるくらいなので、さらっと書きますが、なぜ勝負事に強いかというと、八幡神は朝鮮半島に勝利した神様だからです。
応神天皇というより、その母の神功皇后という女性が軍を率いて半島を制圧した(応神はその頃胎児としてお腹にいた)という逸話がもとなのですが、この渡海作戦に重要なサポートをしたのが八幡様とされています。

九州の八幡系の神社にいくと、大きい扁額で「敵国降伏」という文字がみて、ぎょっとすることがありますが、今も昔も、日本と大陸はいろいろ着いたり離れたりを繰り返してきた証拠といえるかもしれません。

とはいえ、八幡様は排他的な性格ではありません。
752年に、奈良の東大寺大仏をつくるときに「わたくし八幡の神があらゆる神たちに協力させて絶対に大仏建立を成功させる」との神託を出しています。やるときはやるが、常に好戦的というわけではないのです。

この性質から、全国の神社の祭神ごとの数を国学院大がカウント(冒頭の一覧)したところ、見事に1位に輝いたのがこの八幡様でした。源氏の氏神であることで武士から保護され、さらに大仏のケースからも「お寺の守り神」として広く信仰されたから、江戸時代に一気に広がっていったのです。

宇佐神宮(大分県宇佐市)

USA main shrine (oblique with tree) - 無料写真検索fotoq
photo by Dana + LeRoy
全国約8000の八幡神の総本山。
謎すぎる八幡神がいよいよ謎めく神社。本殿には、左から応神天皇、比売神(ひめかみ、海の女神・宗像三姉妹と考えられているが謎)、神功皇后の3神がまつらています。
つまり、一般の人が手をあわせておがむ中央の建物には、応神や神功ではなく、皇族でもない謎の女神が鎮座しているのです。そのため、邪馬台国九州説の人の中には、「実は卑弥呼をまつっているんじゃないの」という人もいます。

鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)

Stairway [ 鶴岡八幡宮 / 鎌倉 ] - 無料写真検索fotoq
photo by Dana + LeRoy

1063年に頼朝の5代前の源頼義が京都の石清水八幡宮から八幡様を鎌倉に招いたのが由来です。

 

お金の神様は? 子宝の神様は? 狐は神様じゃないの?

やはりお稲荷さまでしょう。稲が成る=いななりというのが由来との説もあるように豊穣の神さまです。
非常に有名な神様ですが、八幡様以上に謎の神様なのです。
稲荷神社といえば、狐。しかし、狐は狛犬と同様に神様ではなく、神の使いです。

祭神は総本山の伏見稲荷大社では、宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)・佐田彦大神(さだひこのおおかみ)・大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)・田中大神(たなかのおおかみ)・四大神(しのおおかみ)の合わせて5神。5座あわせて稲荷大神としていますが、やはり最初のウカノミタマが一番重要と思われます。

が、日本書紀ではイザナギ・イザナミが産んだ数多くの神の一柱で食べ物の神様、古事記ではスサノオの子となっているのですが、なんだかなにをしたのだか、よく分からない神様なのです。

どうも渡来系の泰氏が信仰していたということから大陸系の信仰が入っているのは確実なのですが、どんな神かというと謎なのです。

日本書紀や古事記にでてくる神だから古いんでしょ?と思いがちですが、どうもこの神様を祭神にしたのは、後付けの感があります。

ウカノミタマでなく、稲荷大社として国史にあらわれるのは、平安時代の827年になってからだからです。
このときの記録が、「従五位下」を授けられたという記録です。

稲荷様といえばたくさんの赤い鳥居と「正一位」ののぼり。ところが、平安初期や奈良時代までは、あまり国として注目していた神社ではなかったようなのです。一度、五位をつけてからは平安時代中に、従一位(940年)、942年頃には正一位の頂点に立ちます。このスピードは異例で、なんらかの呪術的な効果のある祈りを平安時代の稲荷大社が「発明」したという可能性が高いでしょう。例えば、ハーブで護摩をたいて、病気をなおすとか。

20130223 Ochobo Inari 3 - 無料写真検索fotoq
photo by BONGURI

国学院大の調査では、全国の神様数ランキングで、八幡、伊勢、天神信仰につづく4位につけています。これだけ増えたのは理由があって、江戸時代に、イナリ=家成りというだじゃれ的な意味合いから、屋敷地には必ず稲荷社を置くという「江戸しぐさ」(笑)が浸透したからです。

伏見稲荷大社(京都市)

A fugitive presence under the torii - 無料写真検索fotoq

photo by tiseb

奈良時代の711年に秦伊呂具が創建したと伝えられています。もともとは3座だったのがのちに5座に増えたようです。なぜ、稲荷に狐かというと、ウカノミタマの別称の御饌津神(みけつかみ)を「三狐神」と書き誤ったことから、そのまま稲荷=「狐」となってしまったという、アレマァな説もあります。

 

伊勢神宮では日本の安寧と世界平和を願ってはいかがでしょうか

これで神様数ランキング3位の伊勢信仰(アマテラス)についても書けば、上位4位の神様を網羅することになるので、日本全国どこでも大丈夫となるのですが、今回はあえて伊勢信仰を個人の御利益を願う場としてはピックアップすることをやめました。
実は、歴史的に見ると、古代の伊勢神宮では、天皇であっても、個人のお願いをするのは禁忌だったからです。
(詳しくは以前に書いたエントリー「日本人の1%しか知らない伊勢神宮7つの秘密」
もちろん、現在は個人の願いも受け付けてくれていますので、安心してお参りしてください。ただ、昨今の緊迫した世界情勢などから、日本の安寧そして世界中の平和を一番に願いたい方には強くオススメです。

また、ほかの神社でも自分の希望をお願いした次には、「世界平和」を願うのもいいですよね。

恵美嘉樹(歴史作家)・記

2014年秋に古代史の舞台を旅するための本を出しました。年末年始の旅のおともにどうぞ。(東海道新幹線グリーン車の車内誌「ひととき」の連載をまとめました)

参考(Kindle版も出ました)

  1. 愛宕信仰(修験道の聖地・京都の愛宕山の神で愛宕権現) 872社 愛宕神社(京都)
  2. 大山祇・三島信仰 (瀬戸内海に浮かぶ「山」=大三島) 704社 大山祇神社(愛媛)・三嶋大社(静岡県)
  3. 鹿島信仰(藤原氏のオリジン、タケミナカタ神) 604社 鹿島神宮(茨城)
  4. 金比羅信仰(うどん県の金比羅さま) 601社 金刀比羅宮(香川)
  5. 住吉信仰(宗像3姉妹と並ぶ海の神3兄弟) 591社 住吉大社(大阪)
  6. 大歳信仰(やってくる~神様、年神) 548社 葛木御歳神社(奈良)
  7. 厳島信仰(海の女神、宗像3姉妹) 530社 厳島神社(広島)
  8. 貴船信仰(水の神) 463社 貴船神社(京都)
  9. 香取信仰(霞ヶ浦をはさんで鹿島神宮と対岸) 香取神宮(千葉)
  10. 恵比寿信仰(海のむこうからやってくる恵みの神) 西宮神社(兵庫)







武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

    • c5apple
    • 2014年 12月 19日

    お稲荷さんは企業や個人が赤い鳥居を買って建てられる、という新しいルールがキいている、と推測してます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る