日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 織田家 今川家 合戦

桶狭間の戦い、そのリアルに迫る! 定説の「義元上洛&信長奇襲説」はもう古い!

更新日:

桶狭間の戦いは国境周辺の後詰による合戦だった!?

戦国史、とりわけ織田信長の躍進において最も鮮烈な「桶狭間の戦い」。
一般的には、3~4万という兵数の今川軍に対し、2~5千の織田軍が、上洛(京都へ向かうこと)中の今川義元に気づかれることなく迂回して、桶狭間で休息していた義元本陣へ攻め込み、電撃的な奇襲で首を討ち取った――と説明される。

しかしこれは、最近の研究では「誤ったものだ」という見方が強い。
そもそもこの説は、江戸時代に大ベストセラーとなった軍記(フィクション)小瀬甫庵「信長記」(信長の部下の太田牛一が記した伝記「信長公記」よりも物語性が強く史料性は劣る)で「今川義元は天下をとるために兵をあげた」とされたことと、同じく甫庵「信長記」で、前田利家らが首をもってきたところ信長「良い首途(かどで)だ。敵の後ろ側の山へ迂回して移動しろ。しかれば山際までは旗を巻いて忍びより義元の本陣を攻撃せよ」と言ったとされたことで「上洛目的」「迂回奇襲」が江戸時代以来の通説となった。
これらの江戸時代の通説を戦前の旧参謀本部が「日本戦史 桶狭間役」によってお墨付きを与えたことで、現代まで一般的な桶狭間のイメージとなっている。

しかし、太田牛一の『信長公記』や徳川家康の家臣大久保忠教(ただたか)の『三河物語』など、より記録性の高い史料を重視する最新の研究では、今川義元は上洛しようとしていたのではなく、尾張国内に進出した今川方の城(大高城と鳴海城)の「後詰(ごづめ)」にやってきたと考えられている。
後詰とは、「味方(の城や軍)を助けますよ!」ということであり、今川は、織田方に狙われる2つの城の救援にやってきたのだ。当時の大名であれば必須の軍事行動であり、逆に味方を助けなければ、自身がそっぽを向かれてしまう危険性もあった(信玄死後の武田勝頼が後詰を怠ったため、領内の支持を失ったという話が有名)。

愛知県豊明市のホームページから

仮に、である。今川義元が本気で上洛を考えているのであれば、尾張・織田氏の先にいる美濃の斎藤氏や近江の六角氏など、京都までの途中にいる武将たちに連絡を取らねば不可能であるが、実のところ今川氏からの書状(通過を求める連絡)は残っていない。となればこの時点で今川は、織田氏に続いて斎藤氏、六角氏といくつもの戦国武将を撃破し続けなければならず、その負担は尋常ならざるものがある。ゲームのように、他国へ侵略したらすぐにオレの領地!とはならず、いつまた反乱されるかわからないのが戦国の実情。そう考えるとあまりに旨味は少ない。

 

スポンサーリンク

城や砦の攻防を含めて浮上してきた千田嘉博氏の「正面奇襲説」

では、桶狭間の戦いとは一体どのような戦いだったのか?
一つの有力な見方として掲げられたのが、正面突破からの偶発的勝利説(偶然勝てちゃった♪説)だった。
正面突破からの偶発的勝利説とは、藤本正行氏が1993年の『信長の戦国軍事学』(JICC出版局)で提示したことで知られ、迂回奇襲説に対して「正面攻撃説」と呼ばれている。
「信長公記」では、「義元が“おけはざま山”で休息した」とある。桶狭間山という地名は現在も、そして江戸時代などにも確認できない謎の山だが、現在の大高丘陵の、東西に長い丘陵の尾根筋に今川が布陣を展開したとみるものである。一次資料に近い(実際には記憶に基づいて江戸時代になってから復元された)「信長公記」の記述がもとになっているから、かなり定説に近い地位を占める説となっている。

ところがこの説は、現地の地理からするとかなり無理がある。信長が出陣した善照寺砦から大高丘陵の尾根にいるとされる今川本陣までは遮蔽物がなく行軍が丸見え。明らかに近づいてくる信長に対して今川が防御の態勢を取らなかったハズがなく、大軍vs寡兵がマトモにぶつかりあえば勝負にならない。

疑問を投げかけたのは、桐野作人氏や黒田日出男氏である。黒田氏は、初戦で今川軍が織田軍を徹底的に叩いた際に乱取状態となり、今川軍が無秩序だったのが勝負の行方を決めたとしている。簡単に言えば、勝利者たる今川軍が近隣を襲いまくって「ヒャッハー」な状態となり、そこを信長に襲われて軍が崩壊したとする「乱取状態奇襲説」を提示している。(黒田「桶狭間合戦の『甲陽軍鑑』」『立正史学』2006年)
なるほど、いかに大軍とて統制が取れてないカオス状態であれば、織田軍が勝てた可能性もあるだろう。

更に、最近提唱されているのが「城攻めの観点」から唱えた千田嘉博氏の「正面奇襲説」だ。
城郭考古学者の千田嘉博氏が2013年に『信長の城 (岩波新書)』で提示したもので、3行で説明すると、
①今川軍は尾根の上にはおらず裏側(南側)にいた
②今川と織田はそれぞれが見えない状態だった
③現地に詳しい信長は裏側の地形を読み切って、おけはざま山(大高丘陵)をすり抜けて奇襲をかけた
というものだ。

読売新聞「図解 東海百城」善照寺砦 迎撃作戦隠す信長の城<桶狭間その四>より引用の桶狭間の戦いの鳥瞰図(監修・千田嘉博、絵・富永商太)

これまでの諸説は、信長公記という唯一のテキストを解釈に解釈を加える形で行われてきた。
一方、千田説では登場する城や砦の考古学や歴史地理の研究成果も合わせた3次元な論証を行っており、桶狭間の戦いをめぐる論争は今、次世代の段階に入ったといえる。

 

スポンサーリンク

成功体験をあっさり捨てられることもまた、特筆した才能

未だ複数の説があり確定には至っていないが、いずれにせよ信長が当時の総大将としては珍しく自ら前に出るタイプであり(後に石山本願寺との対戦中にも自ら寡兵で救援にかけつけるなどの記録も残っており)、だからこそ桶狭間の戦いでも少ない部下を率いて攻めこむことができたことが最大の勝因であることはゆるぎない。

重臣たちにギリギリまで自分の意思を伝えないなど非常に高度な情報戦を展開した胆力。
そこから辺境の争いをいつの間にか大将首を取ったというミラクルにまで発展させた実力と運。
いかなる説が正確なのか不明ながら、信長の凄まじさだけは変わりはないだろう。

この戦いで信長の性格が垣間見えるのは、戦略性や実行力だけでない。信長はこの大勝利の理由に「天候の急変」と「自分の判断の読み違え」と冷静に分析。当初は、今川軍が前哨戦で疲れ果てていると思っていたが無傷の義元本陣とぶつかったことが後にわかり、その後、奇襲作戦は使っていない。
要は、成功体験をあっさり捨てられることもまた、特筆した才能といえよう。

かくして日本史上に燦然と輝く快挙を成し遂げた織田信長ではあったが、実はこのとき尾張一国も完全にまとめきれていない状況だった。
その辺の事情も含めて信長の生涯を以下の記事にまとめておいたので、参照していただければ幸い(桶狭間の記述については重複部分あり)。

【関連記事】織田信長の生涯まとめ 桶狭間から本能寺まで最新研究を反映させてガチ解説!

桶狭間の合戦の場所は豊明市と隣接する名古屋市が争っており、こちらの写真は名古屋市にある桶狭間古戦場公園

 

直盛も義元に殉死して井伊家は大打撃を被った

ちなみに、2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』で注目度の上がっている井伊家も今川方で桶狭間の戦いに参戦していた。

宗主の井伊直盛(井伊直虎の父)が井伊家の大将として出向き、義元の死後に殉死しているほか、多くの者が命を落としている。当サイトの井伊直盛記事から合戦の様子を引用させていただくと……。

『井伊家伝記』によると、「家来残らず召し連れ出陣」だったと言い、その数は200~300人にものぼる。それがほぼ全滅に近い状態だったというから、大将をとられた当時の軍隊がいかに脆かったか、現代人の我々にも十分に想像できるだろう。
直盛は、そんな状況の中で先鋒の大将を務めていたのである。
『井伊家伝記』では、今川義元の近習(重臣)60人以上が全て討死か追腹したので、直盛もそれに従ったという。自分だけ逃げるわけにはいかず、奥山孫市郎に遺言と介錯を託し、後日、生首が井伊谷へ持ち帰られた。

負けた側の記録はあまり喧伝されないが、その様子がいかに悲惨なものだったかはご想像つくだろう。ドラマで如何に表現されるか、注目のポイントかもしれない。

同家からは後に徳川四天王の一人・井伊直政が輩出されており、もしも彼が跡を継いでなかったら徳川軍団にも多大な影響を及ぼしていたであろうから、やはりこの戦いの趨勢は意義深いものであった。

文:編集部
TOPイラスト:富永商太

スポンサーリンク

参考文献:
千田嘉博『信長の城』岩波新書
長屋隆幸「桶狭間と長篠の戦いの勝因は」日本史史料研究会編『信長研究の最前線』洋泉社




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, 織田家, 今川家, 合戦

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.