日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

マリー・アントワネット/Wikipediaより引用

スポンサーリンク



週刊武春 フランス 女性

マリー・アントワネットは何故嫌われる? フェイク・ニュースで燃え上がった炎上セレブ

更新日:

世間知らずで傲慢。極めつけはこのセリフ。
「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」
庶民をあざ笑うかのような、上流階級の“上から目線”こそがマリー・アントワネットの代名詞であり、頭の軽い残念な女性という評価がついてまわります。

しかし実際は、彼女が放った言葉ではないことも歴史好きには知られており、Wikipediaには項目まで立ててありますが、世間での認識はなかなか改まることがありません。
一度ついてしまった評価を覆すことは難しく、フランスの歴史家も頭を痛めている問題です。日本で織田信長が、通り一遍の残虐無道な魔王として描かれるのと似ているかもしれませんね。

ではナゼ彼女はこうも悪名高いのでしょう? なぜそんなマイナスイメージが定着してしまったのでしょう?

 

注目を浴びるのはロイヤルセレブの宿命

ここでひとつ質問です。
ルイ14世、ルイ15世の王妃が誰だかご存じですか?
おそらく、パッと出てこないかと思います。

それでは彼らの寵姫はいかがでしょうか。
ルイ14世には人気ライトノベルのキャラクターモデルにもなった可憐なルイーズ・ド・ラ・ヴァリエールらがいます。
ルイ15世の愛人には、政務に携わり、ヘアスタイルの名前に今も残るポンパドゥール夫人がいます。デュ・バリー夫人も『ベルサイユのばら』でおなじみでしょう。

こうしたフランスの王たちは、政略結婚で結ばれ、世継ぎを作る義務的な夫婦生活しかない王妃よりも、選び抜かれた美貌や個性を持つ寵姫の方を深く愛していたのです。

世間の目も、公の場に姿を見せて派手なファッションを見せ、より自由に行動できる寵姫の方に集まります。
貴族の女性たちは寵姫のファッションを真似、宮廷に出入りする人たちも寵姫の機嫌を取っていました。現代人がイヴァンカ・トランプやキャサリン妃のファッションをチェックしてニュースにするように、当時の人々は王の側にいる女性を熱心に見つめていたのです。

ところがルイ16世は真面目な性格で、妻であるマリー・アントワネットだけを一途に愛していました。
妻としてそれは喜ばしいことかもしれませんが、世間の目はそのぶん王妃に集まってしまいます。もしルイ16世に寵姫がいたら、王妃に向けられる非難の目はそらされたことでしょう。

平時ならばともかく、激動の時代において寵姫という盾を持たないマリー・アントワネットは不利でした。

少女時代のマリー・アントワネット/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

フェイク・ニュースの犠牲者

寵姫という盾がないマリー・アントワネット。彼女のファッション、行動、何もかもが世間の好奇心にさらされました。
当初はファッションリーダーとして好意的に見られていたファッションも、揶揄や軽蔑の対象になります。マリー・アントワネットは我が子たちとともに描かれた肖像画を作成させ、優しい母親像を世間にアピールしようとしますが、効果はありません。

事態は悪化してゆきます。マリー・アントワネットには親しい女友達が多数いました。その交友関係も、実は同性愛関係ではないかと噂され始めます。

さらには革命後には、我が子に性的虐待を加えていたというでっちあげの嫌疑により、裁判にまでかけられています。
美貌の王妃はポルノの題材としても最適ってことでしょう。マリー・アントワネットには美しい肖像画だけではなく、下品な諷刺画も数多くのこされました。悪意を持った人々、好奇心旺盛な大衆にとって噂の真偽など、どうでもよかったんですね。

こうしたフェイク・ニュースが王室を揺るがすほどにまでなったのは、1785年の首飾り事件でした。
元は、前国王の寵姫であったデュ・バリー夫人のために作られたという、豪華な首飾りをめぐるこの詐欺事件に、マリー・アントワネットは一切関与していませんでした。
ところが犯人が勝手に彼女の名を出したため、世間は強欲な王妃が黒幕だと噂するようになったのです。

以来、世間でのマリー・アントワネットの評価は下落していきます。彼女は潔白でしたが、世間を騒がせる事件に関与してしまったことで、消えない傷がついてしまったのです。
この事件は、4年後に勃発するフランス革命の序章とみなされています。

婚姻儀式の様子/Wikipediaより引用

 

フランス国民はオーストリアが嫌い

国民がマリー・アントワネットを罵る言葉に「オーストリア女」というものがありました。
彼女が嫌われた理由はいろいろありますが、その中でどうにもならない一つが「オーストリア出身」ということでした。

偉大な女帝であるマリア・テレジアの末娘として生まれたマリー・アントワネット。母である女帝が政治的思惑を無視して縁組みを決めたわけがありません。

表向きはオーストリアとフランスの関係改善を願ってではありますが、それだけではありませんでした。意志薄弱と思われたルイ16世に対してマリー・アントワネットが政治的影響力を与えることを期待していた側面もあるのです。
オーストリア側の思惑に反してルイ16世は政治見識を持った君主であり、妻の政治的介入を受けることは最低限にとどめました。

そうはいえども、世間の目から見ればマリー・アントワネットは政治に口を挟もうとし、夫を尻に敷く妻に見えたことでしょう。
フランスの利益よりも、オーストリア皇女としての利益を考えて動いているようにも見えたことでしょう。
かくして国になじまない「オーストリア女」こと、マリー・アントワネットは憎まれるようになりました。

憎悪が頂点に達したのが1791年のヴァレンヌ事件です。
革命によって不自由を強いられていた国王一家がパリを脱出してベルギー近郊の村へ逃亡しようとしたのですが、途中ヴァレンヌという場所で捕まり、パリへ戻されてしまいます。この計画をマリー・アントワネット主導していたころから、国民は彼女がルイ16世をそそのかし、外国へ脱出してフランスを攻撃しようとしたのだと考えました。
フランス国民の害を為す「オーストリア女」としての悪評は頂点に達しました。

王妃となったマリー・アントワネット/Wikipediaより引用

 

政治に口を出す女は嫌われる

マリー・アントワネットの出自以上に本質的な問題だったのが、彼女が女性であったことでした。

当時のフランスでは、女性が政治的影響を持つことが嫌われたのです。
マリー・アントワネットが夫を尻に敷いているという噂が流れた時点で、世間は彼女を冷たい目で見るようになりました。

フランス革命期は、政治的に活躍した女性が数多くいました。
そもそも革命の口火を切ったヴェルサイユ行進は、パンを求めた女性たちが起こしたものです。革命が掲げた自由と平等は女性にも適用されると胸を躍らせ、女性たちは理想と政治的な主張を掲げたのです。
武器を取り兵士として従軍しようとした女性もいました。

しかし、革命が進むにつれ、彼女らは逮捕されたり処刑されたりして、姿を消してゆきます。
彼女らに男性が言い放った言葉は辛辣でした。

「女性たちは家庭で夫を支え、子供を育て、政治に口を挟もうなどとは思うなよ」

革命の嵐が吹き荒れ、恐怖政治が一段落したあと、崇高な理想に燃えた政治家はほとんど残っていませんでした。
生き延びた政治家たちの大半は堕落し、贅沢三昧にふけりだします。彼らの周辺に残ったのは、政治的な野心とは無縁の、贅沢で享楽的な「メルヴェイユーズ」(伊達女)と呼ばれる美女たちでした。

その中には、のちのナポレオンの妻となるジョゼフィーヌもいました。

ナポレオン最初の妻であるジョゼフィーヌ/Wikipediaより引用

 

マリー・アントワネットとジョゼフィーヌ、どこで差がついたのか

マリー・アントワネットの死から17年後、ナポレオンの皇后であったジョゼフィーヌは離婚を言い渡され、泣き崩れていました。
その時、娘は母親をこう言って慰めます。
「でもお母様、あなたは前の王妃よりもずっと恵まれていますよ」

確かに離婚後も皇后の位を保つことができ、贅沢も許されたジョゼフィーヌは、マリー・アントワネットよりずっとましな境遇でした。国民から嫌われたマリー・アントワネットとはちがい、「勝利の女神」として慕われました。

それではジョゼフィーヌはマリー・アントワネットよりすぐれた女性だったのでしょうか?

そんなことはまったくありません。
ジョゼフィーヌは結婚したての数年間には愛人を作って社交界を騒がせ、ナポレオンは「寝取られ男」として笑いものになりました。
派手好き、遊び好きで、浪費癖もマリー・アントワネットにも勝るとも劣りません。ナポレオンの家族は彼女のことを徹底的に嫌いました。軽薄だから悪いとか、浪費するから悪いというのであれば、このジョゼフィーヌだって素晴らしい皇后とは言いかねる存在でした。それでも両者の人気は対称的でした。

ジョゼフィーヌにかわってナポレオンの皇后となったのは、マリー・アントワネットを大叔母にもつマリー=ルイーズ・ドートリッシュでした。
彼女は大叔母には似ず節約志向だったのですが、これがまた周囲の不評を買います。

「ジョゼフィーヌ様は気前のよい方で何でも買ってくれたのに、今度の皇后様はけちくさいわね」
出入りの業者にそう言われて嫌われてしまったのです。

こうしてみてくると、贅沢をしすぎたから嫌われたと言われているマリー・アントワネットは一体何なのだろうと思えてきます。
確かに彼女は贅沢をしました。当時の庶民からすればとんでもない金額を、豪華な衣装や宮殿につぎこみました。

しかし、彼女が贅沢をしようがしまいが、破綻したフランスの国庫は、ルイ14世とルイ15世の浪費のせいで既にどうしようもない状態でした。彼女だけが桁外れの浪費をしたわけでも、そのせいでフランス国庫が破綻したわけでもありません。

マリー・アントワネットが贅沢を繰り返した愚かな女として嫌われ、ジョゼフィーヌが勝利の女神として慕われたことには、一体どこに差があったのでしょうか。
彼女らの資質というよりは結局のところ運ということでしょう。

ギロチン台へ連れて行かれるマリー・アントワネット/Wikipediaより引用

 

彼女は炎上体質だったのです

マリー・アントワネットは何故嫌われるのか。
身も蓋もない言い方となりますが、彼女は炎上体質だったのでしょう。

「大衆にとってなんとなく気に入らない存在」というのは現在もいるものです。
何かを言っただけで叩かれ、「またあのお騒がせ女優が炎上!」なんてネットニュースになってしまうような人ですね。

マリー・アントワネットにまったく落ち度がなかったとは言えません。軽薄で、贅沢好きで、空気が読めないところがあったのは確かでしょう。
しかしそれが投獄され、斬首されるほど悪いことだったとは思えません。生まれ持った炎上体質と不運が重なったことで、彼女は悪名を残してしまったのです。

そもそも前述の、
「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」
という言葉は、ルソーが著作において「ある高貴な女性の言葉」として記したものです。それが炎上セレブのマリー・アントワネットがいかにも言いそう、言ったら面白いという理由で広まっていきました。
炎上やフェイク・ニュースというとネットが普及してからと思われていますが、それよりずっと前のマリー・アントワネットの事例を見ても起こりうるということがわかります。

噂と悪意、燃料となる人物がいれば炎上は起こってしまう、そんな不幸な一例がマリー・アントワネットなのだと言えるのではないでしょうか。

小檜山青/記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

【おすすめ書籍】
マリー・アントワネット (KCデラックス モーニング)』(著:惣領冬実/講談社)
ヴェルサイユ宮殿初の監修作。従来の伝記やフィクションとは異なり、最新の歴史研究を反映しています。青年期のルイ16世は、聡明でほっそりとした体型。ツヴァイクの伝記ベースの『ベルサイユのばら』と比較してみるのもおすすめです。

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-週刊武春, フランス, 女性

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.