日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

トマ=アレクサンドル・デュマ/wikipediaより引用

意外と優しい!? 織田信長さん

週刊武春 フランス

ナポレオンに背いた猛将アレクサンドル 知られざる黒い英雄は、あの文豪の父だった

更新日:

クエンティン・タランティーノの映画『ジャンゴ』に、こんな場面があります。

――舞台は、南北戦争前夜のアメリカ南部。
黒人を差別&虐待している悪辣な奴隷農場主のキャンディは、フランスかぶれでアレクサンドル・デュマの作品を愛読し、奴隷には『三銃士』の主人公であるダルタニャンという名をつけています。
それを知ったキングという男が、あきれてこう指摘します。
「きみ、デュマは黒人だよ。そんなことも知らないで愛読していたのかね?」――

この台詞を聞いて、フランスを代表する文豪が黒人の血を引いていることを初めて知った人もいたことでしょう。
アレクサンドル・デュマの同名の父は、白人貴族と黒人奴隷の間に生まれた猛将でした。

 

スタイル抜群のイケメン貴族

1762年、トマ=アレクサンドル・デュマは、フランス領サン=ドマング(現ハイチ)に生まれました。

父はダヴィ・ド・ラ・パイユトリー侯爵。母は侯爵が買った美しい黒人奴隷マリー=セセットです。
アレクサンドルの父・アントワーヌは元軍人でしたが、除隊するとプランテーション経営をして暮らすという不思議な経歴の持ち主でした。

アレクサンドルは少年時代を大自然の中で暮らします。野山や海岸を駆け回ることで優れた身体能力を獲得し、この能力は後に軍人となったとき大いに行かされます。父はアレクサンドルに歴史や教養、そして剣術を手ほどきしました。
上には三人の兄がいました。
侯爵はマリーと三人の息子を奴隷商人に売り飛ばしてしまいます。四人目の息子アレクサンドルも一度は売り飛ばされたのですが、父は彼を私生児として取り戻して手元に置きました。

1776年、アレクサンドル14歳のとき、爵位をついで侯爵となった父とともにフランスへ向かうことになります。それまで大自然の中を駆け回っていたアレクサンドルは、侯爵の私生児として豪華な城で暮らすことになったのです。
絹の衣服を身につけ、パリの社交界デビューを果たしたアレクサンドルは、洗練されたマナーを身につけ、すぐに溶け込みます。
社交界でのアレクサンドルはたいへんな美貌の持ち主として有名でした。

彼の持つ黒人としての特徴も、当時はマイナスにはなりませんでした。彼の黒く豊かな巻き毛は、古代ギリシア人やローマ人のよう、古代文明を思わせると賞賛されたのです。
180センチを越えるほど背が高く、筋骨隆々としている様はまるでヘラクレスのよう。それなのに、手足はほっそりとしていて長く、スタイルも抜群でした。
当時の男性のズボンはかなりぴっちりとしており、脚のラインが優美であることは美男の必須条件だったのです。

美男で剣術が滅法強い貴族って、どこの活劇の主役ですか、というところですね。
ちょうどロック様ことドウェイン・ジョンソンのような感じでしょうか。

しかし社交界の美男としての日々は、1786年、アレクサンドルが24歳の年に終わりを告げます。父の再婚に反対したアレクサンドルは父と意見が衝突し、絶縁する結果になったのです。

アレクサンドルは、「農家の」という意味の「デュマ」を母方の姓として名乗るようになります。
父の財産をあてにできなくなったアレクサンドルは、王妃付竜騎兵連隊に貴族の息子ではなく一兵卒として入隊。

その3年後、フランス革命が起こるのでした。

 

スポンサーリンク

電撃出世を遂げる革命の申し子たち

フランス革命が起こると、アレクサンドルは竜騎兵としてヴィレル=コトレの治安維持任務につきます。
そして1792年、この街でアレクサンドルは、彼の颯爽とした姿に惚れ込んだ名士の娘マリー=ルイーズ=エリザベート・ラブーレと結婚。

革命は、フランスだけでなく、その植民地にも自由の精神を吹き込みました。
植民地では奴隷が自由を求めて反乱を起こす一方、アレクサンドルのようなフランス国内の黒人の血を引く者は、より一層祖国への忠誠を強めていました。革命のために胸を燃やすフランス国民は、肌の色が何色であろうと関係がない、それが当時の考え方だったのです。

アレクサンドルは伍長から中将まで、一気に昇進。人情に篤く、堂々たる体躯を持ち、馬術にも剣術にも秀でた彼は、まさにフランス軍屈指の猛将となったのです。

革命の最中、電撃出世を遂げていたのはアレクサンドル一人ではもちろんありませんでした。彼よりも7歳若いナポレオン・ボナパルトいう青年士官も、この嵐の中で実力を伸ばしていたのです。
そしてナポレオンもまた、フランス本土ではなく、フランス領の島出身でした。
ナポレオンの生まれ故郷であるコルシカ島は、ナポレオンが生まれたころイタリア領からフランス領になったばかりです。その島の下級貴族出身であるナポレオンは、平時であればチャンスを掴むことは難しい出自でした。
肌の色も出自も関係ない革命の時代だからこそ、彼らは出世できたのです。

イタリア方面軍指揮官に任じられたナポレオンは、破竹の勢いで勝ち進みます。伝説的な勝利をおさめたこのイタリア遠征軍の中には、数多くの名将が指揮官として従軍していました。
その中にはアレクサンドルもいました。
敵はアレクサンドルの猛将っぷりを恐れ、彼を「黒い悪魔」と呼ぶようになります。

 

人馬一体の姿はケンタウルス、勇猛さはヘラクレス、敵にとっては「死の天使」

イタリア遠征の成功で、革命以来フランスに敵意を見せ付けていたオーストリアはおとなしくなりました。

次に彼らが狙いを定めたのは、宿敵イギリス。
そこに立ちはだかるのがドーバー海峡、分厚い壁です。

仏英の力を比べると、伝統的に海軍力において大きな差がつけられていました。ルイ16世はこのことを理解し、フランス海軍の改革に取り組みました。
結果はきっちりと出て、アメリカ独立戦争ではフランス海軍がイギリス海軍相手に勝利をおさめることもあったのですが、それも革命までのこと。フランスの海軍士官はほとんどが貴族出身であったため、革命期に彼らは亡命したりつるし上げられたりして、大きな打撃を被ったのです。
それでも残った貴重な艦隊と人材は、このエジプト・シリア戦役の最中に起きたナイルの海戦で全滅寸前の大敗北を喫したことで、さらに大きく失われてしまいます。

ドーバーを越えてのイギリス侵攻は無理。となれば、遠回しな手を使って打撃を与えるしかありません。
目を西から東に転じれば、イギリスの植民地であるインドがあります。そのインドとイギリスを見せる中間地点を征圧するというのが、ナポレオンの意図でした。

かくしてフランス軍はイギリス軍艦の目をかいくぐり、エジプトへと上陸します。
1798年から足かけ3年にわたるエジプト・シリア戦役、またの名を東方遠征の始まりです。

五万人の兵が参加したこの遠征に、アレクサンドルは当初から違和感と不快感を覚えていました。
酷暑の砂漠を行軍するというのに、将兵たちはウールでできた軍服を着込んでいます。
装備は18キロ。イタリアならば喉が渇けば小川なり井戸を探せばよいですし、食料だっていざとなれば調達できます。ところがエジプトの砂漠では飲み水も食料もありません。

兵士は暑さと飢えに苦しみ、バタバタと斃れていきます。この現状に多くの将兵が怒り狂い、遠征軍の状況は悪化していきます。革命の理想を掲げるアレクサンドルは、人の命を平然と消費するナポレオンに嫌悪感を抱き、「己の野心で無謀な遠征を行っている」と厳しい批判をするようになります。

一方、ナポレオンにとってもアレクサンドルは目障りでした。
この遠征軍の中でひときわ目立つ将軍はアレクサンドルです。現地の人々は、痩せて顔色が悪い小男であるナポレオンを見ても「なんだ、あんな男が指揮官なのか」と失望しました。

しかし、背が高く見栄えがして、砂漠でも堂々と馬を乗りこなす彼は超人的な印象を与えました。

味方からはその人馬一体の様をケンタウルスにたとえられ、勇猛さはヘラクレスにもたとえられ。反抗的な現地の人々も、アレクサンドルが来ると言うことを聞きます。ナポレオンはそんなアレクサンドルを活用する一方で、その存在感を不快に思っていたのです。

この遠征中に起きたカイロの反乱で、馬にまたがったアレクサンドルが敵を蹴散らしに現れると、人々は「天使だ! 天使が来たぞ!」と逃げ散りました。イスラムの教典にあらわれる「死の天使アズラーイール」と彼を重ね合わせたのです。

彼はこのときめざましい活躍でナポレオンを救ったにも関わらず、その活躍は抹消されました。
1810年に描かれたこの戦いを主題とした絵には、アレクサンドルの姿はありません。

Révolte du Caire, 21 octobre 1798. Huile sur toile/wikipediaより引用

サーベルを振り上げる竜騎兵は、白い肌の持ち主として描かれています。

活躍を見せる一方で、歯に衣を着せぬ言葉でナポレオンを批判し続けたアレクサンドル。有能さを認めながらも、彼の反抗的態度に怒りを覚えていたナポレオン。両者は決裂し、アレクサンドルは遠征軍から解任され、1799年3月にエジプトから離れます。
しかし彼を乗せた船は、フランスにたどり着くことはなかったのです。

 

無実の罪で収監され、人種差別に苦しむ

アレクサンドルを乗せた船は遭難し、結局フランスではなくナポリ王国に入港します。

当時のナポリ王国の妃はマリー・アントワネットのすぐ上の姉にあたるマリア・カロリーナ。妹を処刑したフランスに対し、彼女が好印象を抱いているわけはありません。この敵国でアレクサンドルは罪もないのに収監され、劣悪な環境に置かれます。
家族に窮状を示す手紙を書くこともできません。毒を混ぜた食事を与えられ、じめじめした牢獄で過ごし、運動すらろくにできず、ヘラクレスのようだった体躯は蝕まれてゆきます。
そして1801年、ようやく釈放され母国に戻った時、デュマはすっかり変わり果てた姿になっていたのでした。

母国も家族もすっかり変わっています。
アレクサンドルの投獄期間、その給与は支払われてはおらず、残された妻子は困窮していました。1799年、ナポレオンはエジプトから帰国するとクーデターを起こし、執政として権力を握っていました。
アレクサンドルを嫌うナポレオンは、未払い給与の支払いにも、軍務の復帰にも反対しました。

もはや祖国は、革命の理想を捨てていました。アレクサンドルのような有色人種にとっては、革命前より状況は悪化していたのです。

ナポレオンは異人種間の結婚を禁じ、有色人種の将校への道を閉ざし、さらには居住区域を制限。アレクサンドルは軍務に復帰することどころか、このまま祖国で暮らすことすら危うい状況に陥ったのです。かつて彼と親しくしていた軍の同僚たちも、誰も彼を庇わないどころか、次第に避けるようになっていきました。

ナポリで衰えた肉体は回復してきたものの、軍務に復帰する道を絶たれたアレクサンドルの精神は絶望に打ち砕かれました。

1806年、かつて猛将とうたわれ、ヘラクレスのようだと賞賛されたアレクサンドルは、失意のうちに世を去ります。享年43。
彼の死後、遺族は年金すら支給されず、残された妻子は困窮の中で暮らすことになるのでした。

 

英雄は文豪の作品の中で甦る

差別に悩み、苦しみ、無念のうちに亡くなった父・アレクサンドル。
その姿を、彼と同じ名を持つ幼い息子はジッと見つめていました。

父や母が話してくれる昔話、父の同輩であった将軍たちと出会った話。そうした思い出を彼は生涯大切にし続けました。
彼はのちに作家となり、数多くの作品を生み出してゆきます。アレクサンドル・デュマ、フランスを代表する文豪です。

アレクサンドル・デュマ/wikipediaより引用

デュマの描く作品には、彼が理想化してあこがれ続けた父の姿が反映されています。

剣に強く、弱きものを救うダルタニャン。
無実の罪で投獄されるも、復讐を遂げるエドモン・ダンテス。
文豪デュマの描く快男児の中には、アレクサンドルの人となりや経歴が投影されているのです。

ナポレオンはアレクサンドルの姿を戦争画から消し、経歴をも抹消しようとしました。しかし息子のデュマは作品を通して父の姿を甦らせたのでした。

そして21世紀の現在、アレクサンドルの生涯が別の意味でも注目を集めています。
差別はアレクサンドルの軍人としての経歴を奪いましたが、差別によってフランスも偉大な将軍を失ったのです。

アレクサンドルの生涯は、没後二百年を経た今も、様々な意味で色褪せることはないのです。

小檜山青/記

【参考文献】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【おすすめ作品】
猛将にしてプレイボーイのアレクサンドルの一生を描いた作品です。



意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-週刊武春, フランス

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.