日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト・富永商太

スポンサーリンク



週刊武春 合戦

リアル『北斗の拳』だった戦国時代 百姓たちはこうして生き残った!

更新日:

武士たちが争った戦国時代――。
無骨ながら華麗で、ド派手な合戦譚は、後世の人間にとってロマンにあふれる存在ですが、実際にそこで生きて暮らす人にとっては過酷そのもの、「ヒャッハー!」行為が横行するリアル『北斗の拳』だったことは以下の記事で伝えさせていただきました。

【関連記事】米も麦も奪えば人身売買も日常茶飯事!戦国時代はリアル北斗の拳だった

 

力こそが正義……飢饉の中に求めた希望

戦国時代は武士が暴れ回るだけではなく、慢性的な飢饉に悩まされていました。

人々は春・夏、そして冬の終わりに亡くなることが多く、これは食料がちょうど尽きる時期にあたります。つまり、餓死や栄養失調で命を落としたということです。

歴史の授業で習う「江戸時代の飢饉」のような危機的状態が、常に続いていたことになります。

原因はハッキリしません。
小氷期(ミニ氷河期)であったとする説もあれば、政情不安や戦乱が続いていたからとする考え方もあります。

しかし、そもそも大名同士で敵の農地を破壊しあうようなことを続けていたら、そうなるのも無理がない気がします。

飢饉→食料を求めて他国に攻め入る→攻められた側が飢える→飢饉……

こんな悪夢のようなループを繰り返していたら、そりゃあ太平の世が訪れるまで事態が改善しないのもやむなし。
武田信玄が人々に慕われた理由として、他国に攻め入り掠奪を繰り返すことで家臣領民を豊かにすることができたから、という例もありましたが、これこそまさに人から水や食料を奪って「ヒャッハー!」する『北斗の拳』そのものですな。

合戦とは大名の権力拡大の手段としてだけではなく、飢えた民の食料を得るだめのサバイバル手段でもあったのです。

 

スポンサーリンク

村人同士だろうと容赦しねえ! 百姓たちも武装して戦っている

黒澤明監督『七人の侍』は名作ながら、時代考証的には前提からして間違っている、というのは有名な話です。

戦国時代は百姓でも成人男子は帯刀し、いざとなれば戦うことも辞さない存在。来日した宣教師たちは、好戦的な日本人の様子を、驚きとともに書き留めています。

村に暮らす百姓たちは、刀、脇差、槍、弓、鉄砲を所持していました。利害の対立や名誉毀損があった場合、死傷者を出すこともありながら「合戦」を行いました。
合戦とは武士だけではなく、村落に暮らす百姓たちも行っていたのです。

村同士で援軍=合力を送りあい、老人も武器を取り、女性も後方支援に駆り出される、本格的な戦いでした。
本格的な戦争ですので、戦費も莫大なものでした。場合によっては数年がかりで戦費を返済しながら、百姓たちは互いに戦っていたのです。

領主にまで合力をこうこともあり、こうなると領主すら巻き込まれる存在となるのです。
領主同士の戦いに百姓が巻き込まれるだけではなく、反対に百姓同士の争いに領主が巻き込まれる、ということもあったわけです。

戦国時代は大名同士が争いあう時代……だけでなく、大名から百姓まで争いあう時代であったというわけです。

 

百姓を軽んじる大名に、今日を生きる資格はねえ!

百姓が領主をも巻き込んだ戦国時代。百姓たちは、一方的に収奪されていたわけではありません。

戦国の百姓たちは、しばしば「世直し」を求めました。
背景には、古代・中世にあった「天道思想」があります。「天道」にかなう者こそが世を統治する、というものです。
天変地異や災害が続発するということは、為政者が「天道」に背いているということ。そうしたことが起こったら、改元する、主君を変更して「天道」にかなう者に交替せねばならない、という思想です。

怖いものなしであるかのように思える戦国大名も、領内で深刻な飢饉が起こり、その対策が不十分だと、百姓たちは世直しを求めます。
その声は時に世論となり、政権交代を後押しするのです。

その一例が、武田晴信(信玄)が父・信虎を追放したクーデターです。妊婦の腹を裂いた等、信虎の悪行の数々は脚色されて伝わっていますが、実際のところ彼は飢饉に際して適切な処理を行えませんでした。
そのため信虎への厳しい世論は高まっており、晴信はそれに乗じてクーデターを成し遂げたわけです。
百姓の期待を背景にした政権交代劇は、子が親を追い落とす悪事としてではなく、若い当主による世直しとして、領国の百姓から歓迎されたのでした。

もっと直接的な手段で不満を訴えることもできます。
一揆、そして逃散です。

不作の場合、百姓は年貢の減免を要求しました。それが通らないと、「逃散」、つまりは山に逃げ込み、年貢納入や農地を放棄してしまうわけです。
厳しい飢饉と戦乱の中、日本中どこの国でも耕す者のいない荒れ果てた地がありました。

こうした土地を眠らせておくと、そこから収穫できるはずの農作物も手に入らず、年貢もおさめられない。結果的に大名にとっては損となるわけです。
「逃散」とはそれを見越した百姓側のストライキでした。

タフでなければ生きていけない。
そして単なる可哀想な存在でもない。
戦国時代の百姓たちは、知恵をしぼり、時に領主にも渡り合いながら、厳しい時代を生き抜いていたのです。

戦国大名だけでなく、彼らから学べることも多い気がしてなりません。

小檜山青・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

【参考文献】

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-週刊武春, 合戦

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.