日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



週刊武春 学者・医師

不潔な手による出産・手術で死者ばんばん! センメルヴェイスとブリスの皮肉な功績

更新日:

先日、友人とおにぎりの話になりました。
友人曰く、
「おにぎりをラップでくるんで握っていたら、そんなの愛情が足りないって言われてさ。ラップを使うから食中毒が減ったんですよ、と言っても聞いてもらえなかった」
とまぁ、そうだよなぁ、と私は深くうなずきました。
暑い季節に食べるお弁当、とりわけおにぎりが原因で食中毒になるケースはかなり多いのだそうです。愛情とかそんな問題じゃありません。

しかし、手の洗浄が不十分で起こる被害が食中毒程度ならまだマシ。
昔は「不潔な手」の結果、死んでしまう例もたくさんありました。

季節はこれから梅雨を迎えます。
皆様に清潔な手を保ってもらうためにも、不潔な手がもたらした歴史的悲劇をふりかえってみたいと思います。

 

手洗いの重要性を説いた、センメルヴェイスの悲劇

現代の医者は清潔な衣服で、治療前はきっちり手を消毒します。血まみれの格好で病院内をうろつく医者なんて、到底、許されないはずです。

しかし、昔はそうではありませんでした。
これ見よがしに血塗れのスモックで歩き周り、血と膿の臭いをプンプンさせてこそ医者である! そう主張する人も多かったのです。

こうした歪んだ主張に真っ向から異を唱え、不幸な人生を送った医師がいます。
19世紀、オーストリアのウィーン総合病院産科に勤務していたセンメルヴェイス・イグナーツ。

彼はあるとき、こんなコトに気がつきました。

なぜ病院での出産は危ないのか?

実はこの時代、妊婦は自宅での出産を選びました。その方が死亡率は低く、はるかに安全だったのです。
そこでセンメルヴェイスはあることに気づきます。
「午前に赤ん坊を取り上げた医者が、そのまま午後別の赤ん坊を取り上げる。これは不潔じゃないか? そのせいで妊婦や赤ん坊が死んでいるのではないだろうか」

妊婦の死体には白くどろどろしたものが詰まっていました。
不潔な施術のために膿が出ていたのですが、当時の人々は霊気か何かだと信じていました。センメルヴェイスは細菌の知識はありませんでしたが、不潔さが産褥死の原因であると判断しました。

センメルヴェイスが手の洗浄を求めると、同僚の医師たちは鼻で嗤い、学会は説を否定しました。
血まみれのスモックで歩いて何が悪い、それでこそ医者じゃないか、というわけです。
それにたとえ正しかったとしても、いや正しいからこそ、人を救うハズの自分たちの手がかえって死を招いていた――とは受け入れがたかったのでしょう。

一方、反対する者ばかりではなく、センメルヴェイスの考えに共感した柔軟な医師たちは、手の洗浄を行い、その結果、産褥死を大幅に減らすことに成功しました。

「そうか! センメルヴェイスは正しかったのか!」
残念ながら、そんな結果にはなりませんでした。

むしろ「センメルヴェイスの考えはおかしいのだ、正しくない」、そう思った方がよいと考えたのか、あろうことか彼を危険人物扱いし、1865年には精神病院に入院させたのです。
彼は不名誉な状態なままひっそりと亡くなりました。その功績が評価されたのは、彼の死後でした。

 

スポンサーリンク

ブリスの不潔な手が、大統領にとどめを刺す

センメルヴェイスは不幸な最期を迎えましたが、彼のキャリアは無意味ではありませんでした。

1865年、センメルヴェイスの論文に影響を受けたイギリスの医師リスターは、消毒法を確立。1889年にはフランスの化学者パスツールがレンサ球菌を発見し、見えない敵の正体をつきとめます。
人類は恐るべき細菌と戦うための一歩を踏み出した、と言いたいところですが、この流れに乗り遅れる人たちもいました。

「ヨーロッパの奴らはおかしなことを言うもんだ。清潔にしろだと? くだらん」
アメリカの医者たちは、こうしたヨーロッパでの医学進歩を信じていなかったのです。

この状況はアメリカ人にとって極めて不幸であり、大統領をも犠牲にしてしまうのでした。
1881年、チャールズ・ギトーという男の放った銃弾が、ジェームズ・ガーフィールド大統領に命中。弾丸のうち一発は腕をかすめただけですが、もう一発は背中から体内に入りました。

大統領は倒れ、不潔な床に寝かされました。そして10名の医師がやって来て、かわるがわるに大統領を診察しました。
「10名も医師が診察するなんて、さすが大統領だなあ、VIP待遇だなあ」
なんて思いたくもなりますが、この場合は逆効果。駆けつけた医師たちは、洗浄していない指を患部に突っ込んで弾丸を探し始めます。

そこへ名医と評判のブリスが到着しました。
「キミぃ、汚い指を突っ込むとはやめたまえ!」
ここで名医に期待される台詞はこれでしょうが、実際は違いました。ブリスは消毒していない管を探針として患部に突っ込み、弾丸を探し始めたのです。
「ちゃんと消毒した管を入れないと、余計悪化するのでは……」
そう指摘した医師もいたのですが、ブリスはやめませんでした。

 

大統領の胸の中には3リットルの膿の海

ホワイトハウスに移送された大統領は、さらに医師たちから患部に不潔な指を突っ込まれます。それを見た医師はこう書き残しています。

「これ以上、医師たちに傷を探ることを許可しないでください。探針は弾丸より有害です。ああ、可哀相な大統領……」
名医(とされた)ブリスよりもこうした医師の方が有能で正しい判断を下しているのですが、何故か診察は改善されませんでした。

どうして、よりにもよって大統領の患部を、よってたかって不潔な指や管でつつき回すのか。医者だって大統領の治療に呼ばれた手前、何もしないわけにはいかなかったのでしょうが、何とかならなかったのかと思わざるを得ません。

傷は致命的ではなく、当初、絶望的とみられた大統領の容態は回復し始めます。

しかし夏の酷暑は病人には厳しいものでした。金属探知機で弾丸を探るといった、わけのわからない治療法が患者にストレスを与えたこともあるでしょう。回復した病状は数週間後にはまた悪化しだします。

そこで医師たちは治療として、また不潔な指を患部につっこみ、弾丸を探ろうとします。治療どころか傷はますます悪化。大統領の胸の中には不潔な指で掘り進められたトンネルが出来、3リットルもの膿が溜まっていたそうです。

9月19日、大統領は敗血症と様々な感染症の結果、死亡しました。
「医師がもっと有能であれば。いや、そもそも患者が大統領でなければ死なずに済んだだろう。一般人なら傷口を縫合して自然治癒、それで終わっていたはずだ」
大統領の死後、ある医師はこう語ったそうです。10人の医師が患部を不潔な指でつつき回した結果がこの悲劇でした。
それでも主治医のブリスは、自分は愛国的な治療を施したとして、議会に二万五千ドルという多額の治療費を請求。この請求は拒否されました。

先進的なことを言い出したために精神病院に監禁されたセンメルヴェイスに、不潔な指で大統領をつつき回したのに高額な請求書を送り付けたブリス。

いろいろと考えさせられる事例です。とりあえず私は手を綺麗に洗おう、と改めて思うのでした。

手の正しい洗い方/日本石鹸工業協会

小檜山青・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

【参考文献】

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-週刊武春, 学者・医師

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.