日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト・富永商太

スポンサーリンク

週刊武春 伊達家

慶長遣欧使節って結局何なん!政宗とソテロ、2人のビッグマウスがやっちまった?

投稿日:

キリシタン大名――。
言わずもがなキリスト教信者の大名ですが、そのメンツには2016年に列福された高山右近重友はじめ、大友宗麟や有馬晴信、あるいは蒲生氏郷など、名だたるメンバーが列挙されます。

さて、一つ質問です。
このキリシタン連中に伊達政宗を入れるのはありでしょうか? それともナシ?
政宗と愛姫(正室)の間には娘の五郎八姫がおり、彼女にはキリシタン説があります。

だからと言って政宗までキリシタンの可能性を論じるのはいささか乱暴気味ではありますが、なにせ政宗には支倉常長をスペイン王およびローマ教皇に謁見させた実績があります。そうです、「慶長遣欧使節」を派遣しているわけですね。

キリスト教に対して思いがないハズはなく、むしろ大いに関心があったと考える方が自然でしょう。

そこで今回は、「当時のキリシタン保護政策」なども含めて、政宗が「慶長遣欧使節団を送った真の理由」を考察してみたいと思います。

 

カトリックの苦境とスペインの斜陽

慶長遣欧使節団についての本題に入る前に、当時のスペインの状況をおさらいしたいと思います。

戦国時代に海を越えて日本までやって来た、イエズス会の宣教師たち。日本からすればいきなりやって来たように思えますが、彼らにも理由はありました。
当時、ヨーロッパでは宗教改革の後、カトリックと新興勢力プロテスタントが競い合い、宗教を原因とした戦争や虐殺は起こるわ、修道院が破壊されて財産が没収されるわ、ともかく大変な状況でした。

メキメキと力を伸ばすプロテスタントに対し、このままでは劣勢だ……と落ち込むカトリック。
そんな彼らが目を付けたのが「グローバル展開」でした。

彼らの主要目的地は、人口の多い中国「明」。しかし、これがラクではありません。当時の明国は周辺海域で海賊が跋扈しており、非常に危険な状態だったのです。
となると、明での布教は厳しい。
「んじゃ、しゃあない! 明国の東には日本という国があって、適度に文明化されているらしいで」
ということを宣教師たちは耳にし、「それじゃあ、日本って場所にも行ってみようか」となったわけです。

教皇グレゴリオ13世は、イエズス会に理解を示し、日本布教の独占権を付与。本格的な布教が始まりました。

こうした宣教師の活動を「日本を植民地支配するための尖兵だった」とか「日本人を奴隷することが目的だった」とする説もありますが、そうした説はいささかスペインやカトリック勢力を過大評価しているように思われます。

1588年、スペインの無敵艦隊がイングランド(イギリス)・ネーデルランド(オランダ)に大敗します。この歴史的敗北は、斜陽の国スペインと、プロテスタント諸国勃興を強く印象づけたのでした。
敗北でスペインが無力化したわけではありませんが、昔日の勢いは徐々に削がれていきます。
そんな中で、極東の国に軍事力を派遣する余力があったとは思えません。

 

スポンサーリンク

政宗、フランシスコ会のソテロと出会う

こうしてザビエルら宣教師は日本で布教を始めますと、その道は非常に険しいものでした。
天正15年(1587年)、豊臣秀吉はバテレン追放令を発布。徳川家康は秀吉の政策を継承しする一方で、貿易のためにキリシタンを黙認し続けました。
家康が本格的にキリシタンを禁じるのは、慶長17年(1612年)のことです。

伊達政宗とカトリックの出会いは、家康によるキリシタン禁制前夜のことでした。
慶長14年(1609年)、スペイン出身のフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロと出会った政宗は、キリシタンに関心を寄せます。政宗は家臣や領民に受洗を奨励し、仙台には教会が建てられました。

ここで注目したいのが、ソテロはイエズス会ではなく、フランシスコ会所属であるという点です。
日本への布教は教皇の命令によってイエズス会のみに許されていたのですが、フランシスコ会はそれを破り布教を行っていました。さらに1608年、教皇パウルス5世はイエズス会が独占していた日本布教を緩和しました。

慶長遣欧使節の背後には、こうしたイエズス会とフランシスコ会の対立も存在したのでした。

ローマ・クイリナーレ宮殿のフレスコ画に描かれた支倉常長(左)とルイス・ソテロ(右)・より引用

 

スポンサーリンク

「幕府がやらないなら俺がやります! ハイ! ハイ!」

関ヶ原のあと、江戸幕府の基礎固めに奔走する家康。そんな家康は、キリシタンは正直なところ認めたくはなく、気持ちは揺らいでいました。
というのも、スペインはメキシコの鉱山において水銀アマルガム法という製錬技術を使用しており、家康としてはこれを手に入れたかったわけです。

家康は通商のため、スペイン領メキシコに船を送ることにします。
ところが、スペイン側としては技術のかわりに布教させろ、と条件をつけてくるわけです。

両者は何とか折り合いをつけますが、航海が失敗したこともあり、だんだんとやる気を失います。家康にはプロテスタント国であるイギリスやオランダも接近し始めています。彼らは「カトリックを信じているろくでもない国とつきあわないほうがいいですよ。うちなら宗教抜きで貿易だけやりますよ」と持ちかけるわけです。
家康もだんだんやる気を失いました。

そんな中、
「はい! 幕府がやらないなら俺がやります! ハイ! ハイ!」
と挙手したのが政宗です。政宗なら性格的にありそうな話で、その背後にはソテロがいました。

このソテロという男もなかなか曲者です。
布教に熱心なのはよいものの、そのせいか「話を盛る」傾向がありました。イエズス会にリードを許したフランシスコ会所属という焦りもあったのでしょうかね。政宗が乗り気になったのは、ソテロがビッグな話を吹き込んだからではないでしょうか。

ソテロは名門貴族の家に生まれ、サラマンカ大学で神学を学んだエリート聖職者です。熱意と才知に溢れ、弁が立つ人物でした。そんなソテロが熱心の売り込んだのならば、政宗が乗り気になるのも無理はないところです。

政宗としても、当初は通商を結ぶことだけが目的であったようです。
奥州を発展させたいと願う政宗にとって、スペインとの通商はまさに夢の取引です。
ところが話はソテロによってどんどん大きくなります。

ソテロとしては、日本の奥州王・伊達政宗が布教したがっていると本国や教皇庁に伝えれば、大きな成果となります。幕府から許可を得た「訪墨施設団」を送るだけではなく、それを隠れ蓑として仙台藩の「訪欧施設団」を送ることにしたのです。

一方、政宗は幕府から許可を得ないまま、「カトリックの教えを仙台領内で広めたい、フランシスコ会の宣教師を派遣しえ欲しい、そうすれば厚遇する」と言う内容の協定書をこっそりと使節に持たせたのでした。

かくして慶長18年(1613年)、9月15日伊達家臣の支倉常長らとソテロの野心を乗せたサン・ファン・バウティスタ号は、白い帆をかかげて月ノ浦から出航します。
同年、幕府はプロテスタント国のオランダと正式に国交を結び、東インド会社との交易を開始。長崎平戸に「オランダ商館」が出来ます。

つまり、江戸幕府とカトリック教国は手切れというわけです。

さらに幕府は、その年の暮れにはキリシタン禁教令を発布。本格的なキリシタン弾圧を始めます。
これを懇意であった柳生宗矩から聞いた政宗は「領内から早速キリシタンを追放する」と幕府に伝えながら、言葉とは裏腹に庇護をするのですが、結局、それも長くは続かないのでした。

 

スペイン王や教皇をも魅了した支倉常長の誠実さ

使節団一行は地球の裏側メキシコに到着すると、慶長19年(1614)メキシコを発ち、その年の秋にはスペイン・セビリアに到着しました。ここはソテロの本拠地ですから、遠熱烈な歓迎を受けます。

同時に、ソテロと支倉常長はスペイン政府から事情聴取を受けます。常長のおだやかで落ち着いた物腰は相手に好感を与えたのですが、肝心の受け答えには曖昧な点がありました。

奥州王・政宗とは本当にそれほど強大なのか?
本気でカトリックを広める気があるのか?

日本での禁教令についてはスペイン側にも情報が届いています。
日本の皇帝(家康)が布教を禁止しているのに、その配下の者に過ぎない「奥州王」とやらが布教できるというのはありえるのか?
スペインが疑念を抱くのも当然です。

それでも一行はさらにスペインの首都・マドリードへ向かい、国王フェリペ3世に謁見を果たします。常長は国王やフランスのルイ13世の王妃アンヌ・ドートリッシュが臨席する中、洗礼を受けたのでした。

支倉常長/wikipediaより引用

ソテロは常長を伊達政宗の親族であり、家中一番の家臣と紹介していました。
これが誇張であることをスペイン側は気づいていました。
それでも常長の謙虚で落ち着いた態度はフェリペ3世にまで感銘を与えます。

スペイン政府内では使節の目的を訝しみ、追放するべきだという意見すら出ていたのですが、そうはなりませんでした。常長ら一行はスペインからローマへと向かい、教皇パウルス5世との公式謁見を果たします。
ここでも常長の態度は好評で、彼が持参した政宗からの漆器等の贈答品も歓迎されました。

念願の教皇公式謁見を果たし、スペインに戻った使節一行。常長はスペイン王から政宗への返書を希望しましたが、政府は断りました。
しかしスペイン政府は、国外に早急に退去するようにとの通告を行いました。いくら常長の人柄が優れていようと、彼らは使節の目的を疑っていたわけです。

一行はスペインを出立、帰路フィリピンのマニラでサン・ファン・バウティスタ号を売却すると、便船で仙台へと帰国したのでした。

 

帰国後、待っていたのは歓迎ではなかった

支倉常長常長ら一行が外海へ出て、日本を留守にしている間、幕府は政宗の挙動に不信を募らせていました。

メキシコに使節を送るドサクサに紛れ勝手に遣欧使節を送ったこと。
領内にキリシタンを匿っていること。
こうした状況を鑑みて『キリシタンの力を得て何かよからぬことを企んでいるのでは?』と疑っていたのです。

この見方は実際その通りで、政宗はスペイン側から「キリシタンの保護者」であり「日本の権力者」だというお墨付きを得たかったのでしょう。

問題は、それにどれだけの意味があったのか?という話です。

常長が仙台に戻った直後の元和6年(1620年)、政宗はキリシタン保護政策を転換し、領内にキリシタン禁令の高札を立てました。
キリシタンは捕らえられ、迫害され始めます。政宗を頼り、匿われていた彼らにとっては最後の望みを絶たれたのです。

政宗としては、スペイン王からの返書もなかったわけですから、もはやキリシタンを匿う理由もないわけです。
彼の場合、純粋に信仰心があったわけではなく、利益のために家臣領民をキリシタンにすると考えていただけでした。その可能性がなくなったからには、幕府の疑いの目をそらすためにも、キリシタン迫害は当然のことでした。

常長は帰国から二年後、失意のうちに死去。
ソテロは寛永元年(1624年)、長崎に密入国した罪により火刑に処され、殉教しました。

タイミング的にも悪く、スペインでは冷遇された遣欧使節。遠く欧州にまで夢を抱えてたどり着いた、という歴史ロマンはありますが、支倉常長は気の毒ですし、『結局政宗は何をしたかったの?』と言いたくなる気持ちもわからなくはありません。

やはりこれは当時のスペインの事情やイエズス会とフランシスコ会の対立、ソテロの存在に注目すると、わかりやすくなるのではないでしょうか。

この壮大な事業は、伊達政宗とルイス・ソテロという、優れているけれども大風呂敷を広げてしまう二人だからこそ、なし崩し的に推し進められてしまったのではないでしょうか。

結果的に、この壮大で杜撰な計画は、スペイン政府側が指摘していた「家康が禁教政策を打ち出しているのに、政宗がそれを認めるのはありえない」、これに尽きると思います。
過大評価されがちな事業ですが、政宗には他に成功した内政政策等数多くあります。ことさらに遣欧使節を彼の偉業として強調すべきことではないと思うのですが、皆様はいかが感じられるでしょう。

もちろん、単なる無駄な計画、海外旅行だったと言い切れないのも確かです。
遣欧使節関連資料はユネスコの世界記憶遺産にも選ばれましたし、サン・ファン・バウティスタ号は観光施設になりました。
そういう意味では、当時はあまり意味がなくとも、現代に遺産を残した事業と言えるのではないでしょうか。

関連記事

伊達政宗は史実も最高に面白い!ノリノリの生涯70年を最新研究に基づきマトメました

スポンサーリンク

【参考文献】

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, 伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.