日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

イギリス 週刊武春

イギリス首相官邸にはマジで猫の公務員がいる!? その名も「首相官邸ネズミ捕獲長」なり

投稿日:

フルネームは「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国首相官邸ネズミ捕獲長」。

立派な肩書きを持つイギリス政府の公務員、その正体は猫です。
冗談ではありません。
イギリス首相官邸公式サイトには紹介コーナーもあります(TOP画像がそれ)。

歴史ある建物を改築しながら使用しているイギリス・ダウニング街において、住居を食い荒らすネズミの被害は深刻です。

イギリス政府の脅威を効率的に排除するため、彼らは「殺し屋としての本能」を認められ、雇用されています。たたのマスコットではなく、かの有名なジェームズ・ボンドと同じく「殺しのライセンス」を持つ、歴史と由緒ある役職なのです。

この役職、なんと創設は16世紀。ヘンリー8世の時代、トマス・ウルジー枢機卿が執務室に猫を伴っていたことが起源だそうです。4世紀の歴史を誇るわけですね。
今回は世間のネコノミクスに便乗して、イギリス公務員版ねこあつめ、あるいは歴史ネコ歩きをしてみたいと思います。

※猫画像は引用元の明記があるものを除いてイメージです

 

トレジャリー・ビル(1924)

起源は16世紀までさかのぼるとはいえ、ネズミ捕獲長は記録に残されていませんでした。

トレジャリー・ビルが記録上最初に認められた「ネズミ捕獲長」です。

ラムゼイ・マクドナルド時代の捕獲長。彼は猫にありがちな行動である、成果=ネズミを上司に見せに行く癖がありました。しかしこれまたありがちな行動ですが、見せられた側はゴミ箱に捨ててしまいます。そこで彼は、上司に報告せずにきっちりとネズミを並べて置くようになったそうです。

 

スポンサーリンク

ミュンヘン・マウザー&ネルソン(1940年代)

「私は豚が好きだ。犬は人を敬愛し、猫は見下すが、豚は我々を平等に扱う」
こんな名言を残したウィンストン・チャーチル。彼の宿敵ヒトラーは愛犬家ですが、チャーチルはかなりの猫好きでした。彼はクリームや最高級サーモンを愛猫に与えていました。

チャーチルは、自邸チャートウェルをナショナル・トラストに寄付する際には「ジョックというマーマレード色(日本の茶虎猫)で腹と足下が白い猫が、いつまでもこの邸宅で快適に暮らせるように」と条件をつけたほどです。現在でもチャートウェルにはジョック6世が暮らしています(公式サイト)。

ジョック6世/公式サイトより引用

そんなチャーチルの元で捕獲長をつとめたのが、ミュンヘン・マウザーとネルソンです。

ミュンヘン・マウザーは本名不明。「ミュンヘンのネズミ取り」という不名誉な愛称は、チェンバレンの代からこの職についていたため、つけられました。チェンバレンといえば、ナチスドイツの台頭を許すことになる宥和政策を取ったため何かと評判の悪い首相です。いくらチェンバレンが憎いとはいえ、猫に八つ当たりをするのは気の毒な話ではあります。

ネルソンはチャーチルが連れてきた彼自身の家族でした。

ある日、チャーチルは海軍本部の外で、一匹の黒猫が大きな犬を猛然と追いかけている姿を目撃しました。
「素晴らしい猫だ。こんなに勇敢な猫を見たのは初めてだ!」
チャーチルは黒猫の勇敢さに強い感銘を受け、引き取ることにしました。

彼はその黒猫に、勇猛果敢な海軍提督ホレーショ・ネルソン(1758-1805)から取って「ネルソン」と名付けました。

ネルソン提督(英海軍)こそ世界最強! カリスマ性と勇敢さに男も女も惚れてまうやろ~

ネルソンはチャーチルにとって信頼のおける存在であり、閣議に参加したこともあるそうです。
時は第二次世界大戦中。空襲を恐れてネルソンが逃げ回ると、チャーチルはこう叱責しました。
「情けないぞ、ネルソン! この程度で怖がっていたら名前負けするじゃないか」
ミュンヘン・マウザーとネルソンは縄張り、もとい居住地域が重なっていたため、しばしば確執があったそうです。

 

スポンサーリンク

ペトラ(1960-70年代)

彼女は血統書付きの優美なマンクス種です。

先代のピーター3世の後継としてマン島から公式に派遣されたものの、職務にはまったく興味を示さないどころか、やたらと騒ぎ立てると同僚公務員から不評を買いました。職務解任の声すらあがったのですが、世間を騒がせることをおそれたのか、こっそりと引退させられています。

彼女はハロルド・ウィルソンの家族であったシャム猫のネモとの不仲もささやかれていました。代々のネズミ捕獲長は野良猫から出世したたたき上げが多いのですが、ペトラの場合は深窓のご令嬢でした。そうした生まれのためか、職務遂行能力に欠けていたのかもしれません。

 

ウィルバーフォース(1970-88)

奴隷解放運動につとめた博愛主義的な政治家、ウィリアム・ウィルバーフォース(1759-1833)がその名の由来です。

白黒猫の彼は、まだ幼いうちに着任。怠惰な前任者と違い、彼は賢く優秀であり、最高のネズミ取りと評されました。

かの「鉄の女」ことマーガレット・サッチャーも、ウィルバーフォースに魅了された一人です。

サッチャーは外遊先のモスクワのスーパーマーケットで、イワシの缶詰を彼のために買いました。サッチャーと彼がテレビ出演したところ、彼にはファンレターが送られるようになりました。歴代最長の任務期間を誇った彼が死去した際には、多くのマスコミからも哀悼の意が示されたとのこと。

 

ハンフリー(1989-1997)

白と黒の長い毛並みを持つハンフリー。名前の由来はイギリスの政治コメディドラマ『イエス、ミニスター』、『イエス、プライムミニスター』に登場するハンフリー・アップルビーです。

彼の代から「首相官邸ネズミ捕獲長」は公式な役職とされました。

落ち着いていて気さくな態度の持ち主であり、優秀な職務遂行能力を持つ彼は多くの人から愛されます。
そしてハンフリーの輝かしいキャリアには、予期せぬアクシデントがつきものでした。

アメリカ大統領クリントン来訪の際には、あやうく巨大なキャデラックに轢かれそうになりました。
コマドリの雛4羽殺害容疑を、マスコミからでっちあげられ、メジャーに庇われたこともありました。

活発なハンフリーは、セントジェームズ公園等自然豊かな場所にしばしば散策に出かけました。
1995年6月、彼は行方不明となり、3ヶ月後には生存は絶望的と報じられました。するとその直後、王立陸軍医科大学から通報がありました。
彼は大学構内で「PC(パトロールキャット)」と呼ばれ、暮らしていたのです。

ハンフリーが無事任務に復帰すると、クリントン大統領のファーストキャット・ソックスから祝賀メッセージが届いたとか。

そんなハンフリーにも受難の時が訪れます。政権交代後、首相官邸に着任したブレア夫人の妻が猫嫌いだと囁かれたのです。当初は噂は否定されたものの、結局ハンフリーは首相官邸から姿を消します。

「労働党め、保守党政権では任務を全うしていたハンフリーを邪険に扱うとは、残酷な連中だ!」

激しい怒りが保守党政治家からわき起こります。政府の猫は政治にも巻き込まれる、ということですね。
さらには「労働党はハンフリーを謀殺したのではないか」という噂まで流れる始末。その打ち消しのため、政府はハンフリーの生存を発表しなければなりませんでした。

ハンフリーは引退後穏やかな日々を送り、2006年、内閣府職員の家で息を引き取りました。

 

ラリー(2011-現在)

ハンフリーのあとは、黒地に白い模様が可愛らしいシビルが後任となりました。厳しい政治の世界になじめなかった彼女は早々に引退し、その後夭折してしまいます。ネズミ捕獲長はしばらく空位となりました。

しかし2011年、首相官邸周辺を荒らすネズミの姿が報道されたことを契機として、再度ネズミ捕獲長を雇用すべきとの声が高まりました。

動物保護施設「バタシー・ドッグズ&キャッツ・ホーム」からやってきたのは、社交性と自信、そしてネズミ取りへの意欲に満ちあふれた白キジ猫のラリー。

首相官邸に迎えられるや、早速ラリーは英国民に良い影響を与えます。
彼のニュースが報道されてから、保護施設から猫を引き取る人が増加したそうです。

社交性にみちあふれたラリーは、バラク・オバマ大統領らを友好的に歓迎しました。
ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式の際にはユニオンジャックカラーの蝶ネクタイを締め、祝意を表明しました。

ラリーは明るい性格で社交性を発揮する一方、本来の業務に対しては怠惰でした。
ネズミがいても素通りした際には「殺し屋としての本能を失っている」と厳しい批判にさらされたりもしております。

そして2016年、キャメロンがEU離脱問題の引責辞任を表明すると、ラリーの去就に注目が集まるように……。キャメロンは「彼はペットではなく公務員。首相が交替しても留任する」と表明。
また「ラリーを嫌っていたのではないか」と問われて、こう反論もしました。

「私がラリーを嫌っていると言う人もいるが、とんでもない言いがかりだ。私はラリーを愛している。ここに証拠がある!」

そう言ってキャメロンが掲げた写真に映っていたのは、キャメロンの膝の上でくつろぐラリーの姿でした。

ラリーの動向は首相がメイに交替してからも相変わらず注目を浴びています。2016年冬、彼の首輪がユニオンジャックカラーのものに変更された際には「強い愛国心を感じる。ラリーはUK離脱支持派なのか」等とネットで推察されたとのこと。

 

ラリーの同僚たち

2012年、財務大臣オズボーンの家族であるキジ猫のフレイヤがラリーの同僚として着任。生後まもなく行方不明になり、3年間放浪した経験を持つフレイヤは、ラリーにはないサバイバル能力があるとされ、期待の新鋭でした。
しかし彼女の野性味あふれる性質が仇となり、ラリーとの乱闘をパパラッチされる、首相官邸の外を放浪して交通事故に遭う、迷子になるといったアクシデントが相次ぎます。

彼女には都市生活はあわない――そう判断されるや、2014年には引退。現在は郊外で伸び伸びとした生活を送っています。

2016年、外務・英連邦省ネズミ捕獲長職が新設されました。
記念すべき初代は、タキシードを着用したかのように凛々しい黒白猫のパーマストンです。大英帝国全盛期を象徴する第3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプル(1784-1865)から名付けられた彼は、その名に恥じぬ有能さを発揮します。

着任後1ヶ月も経たないうちに戦果をあげ、その高い任務遂行能力を証明。ネズミ取りだけではなく、パーマストンは物怖じしない積極性においても優れた資質を見せるのです。
外務省を訪れた各国大使との記念撮影にも快く応じるその社交性は、まさに模範的な外務省職員と言えるでしょう。

そんなパーマストンの欠点をあげるとすれば、ラリーとの確執でしょう。数度にわたる公務員同士の乱闘はパパラッチされた挙げ句、負傷や装備の損傷まで発生しました。
イギリス政府は両者の対立が激化しないよう配慮するとのことです。

パーマストンの後、大蔵省もネズミ捕獲長を新設。つややかな黒い毛皮が魅惑的な黒猫のグラッドストーンに、白羽の矢が立ちました。
ヴィクトリア朝後期を代表する政治家ウィリアム・ユワート・グラッドストン(1809—1898)がその名の由来です。

彼はラリー、パーマストンと同じく「バタシー・ドッグズ&キャッツ・ホーム」の出身。好奇心旺盛な彼は職場に馴染むとすぐに戦果をあげ、同僚たちから「冷血な殺し屋」と高い評価を受けました。
黒猫はかつて魔女の使いとされてきました。SNS時代は写真うつりが悪いと敬遠されることもあるそうですが、グラッドストーンを見ればそんなことは全くの間違いだとわかるはずです。グラッドストーンの気品あふれる姿は高い人気を誇っています。

さらに12月、新たな四本脚の政府職員としてエヴィとオジーという母子が内閣府に着任しました。他の同僚とは違い、「セリア・ハモンド・アニマル・トラスト」という保護団体出身です。
黒い毛皮にあごの白い毛が魅力的なエヴィは、女性初のイギリス政府事務次官イヴリン・シャープがその名の由来。黒く長めの毛を持つオジーは、公務員のガイドラインである「オズマザリー・ルール」を制定したエドワード・オズマザリーに由来するとのことです。

2017年現在、イギリス政府の中枢であるダウニング街には、合計5名のネズミ捕獲を任務とする公務員がいます。

 

人類と猫の歴史を再考すべき時かもしれない

武将JAPANであるにも関わらず、武将ではなく延々と猫の話をしてしまいました。どこが歴史サイトか、ネコノミクスに便乗ってどういうことかと思われる読者の方もおられるでしょうが、ちょっとお待ちください。

そもそも歴史とは、人類だけが作り出すものでしょうか?
人類とともに暮らし、協力し合う動物たちもまた、歴史の脇役ではないでしょうか?

小さな猫といえども、激しい政治闘争が繰り返されるダウニング街が職場であるからには、彼らも歴史の証人であり、イギリス政府の魅力的なPR要員なのです。

ネズミ捕獲長官は時代の変化に対応しています。
ウィルバーフォースの時代にはテレビに出演し、知名度は飛躍的に高まりました。そして現在、ラリーとその同僚たちはSNSアカウントを使いこなし、人気を集めています。まさに彼らは21世紀の有名人……もとい有名猫としても振る舞っているのです。

彼らはまた猫と人間の歴史を再考するヒントにもなります。人類が猫を有益だと認めた理由は、その卓越したネズミ取りの才能があればこそ。長い間猫は貴重な穀物、書物、家屋、芸術品等、様々な財産を守ってきました。

しかし現在、戦艦に乗り込んだシップスキャット、ウイスキーの原料である大麦を守り抜いたウイスキーキャット等は衛生上の理由から飼育されなくなりました。
ネズミ捕獲長はそんな消えつつある伝統を今に伝えるだけではなく、重大な事実を人類に伝えています。

「ネズミ駆除の清掃業者を雇用すれば年間4000ポンド(およそ60万円)以上はかかる。そのうえ効果があるかどうかもわからない。猫を公務員として雇用すれば、その年俸は100ポンドに過ぎない(およそ15,000円)。しかも効果が見込める。猫を雇うのは何も可愛がりたいからではない……はるかに効率的なのだ」

人類は何のかんのと理由をつけてネズミ取り業務から猫を追い出しました。現在では猫がネズミを捕らえたら「あらまあ、おやめなさい。ネズミさんがかわいそうだし、汚いでしょ!」としかり飛ばす飼い主もいるとか。
その選択は果たして正しかったのか?
考えさせられるものがあります。

こんな事例もあります。
◆全米一の「ネズミ都市」シカゴ、駆除に野良猫が大活躍

人類はもう一度歴史の原点に立ち返り、ネズミを駆除するには猫が最適であるということを思い出す時に来ているのかもしれません。

スポンサーリンク

小檜山青・記

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-イギリス, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.