日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 諸家

岩佐又兵衛の狂気に痺れろ! 荒木村重の息子が浮世絵に描いた母「だし」への想い

更新日:

昭和3年(1929年)、神田のとある古書店。
学生街の一画で特異な匂いを放つこのエリアは、掘り出し物を求めて今も昔も数多の学者・研究者が足を運んでいるが、昭和の始めには日本文化に熱心な外国人も現れており、その日はドイツ人のルンプ氏がとある絵巻物を購入しようとしていた。しかし……。

「これを売ってはダメだ! 外へ流出させてはならない! 大変な作品じゃないか……」

狂気の一枚に心奪われたのは、第一書房の創業者にして自らも雑誌書籍の編集を生業とする長谷川巳之吉(みのきち)
絵を描いた狂気の主は、戦国-江戸期の岩佐又兵衛勝以(いわさまたべえかつもち)だった。

 

父の逃亡で母が処刑 2歳で背負った業がスゴい

岩佐又兵衛とは一体何者なのか?
この問いに対し、即座に「荒木村重の子供じゃん!」と答えられる方はそう多くはないでしょう。

しかし絵画史に於いてその名はつとに知られ、「浮世絵の祖」とも称される人物であります。
父親は、前述の通り、戦国大名の荒木村重。そして母は、美女として知られた「だし」(正妻か側女かは不明)。

村重の事績については、天正6年(1578年)、織田信長に反旗を翻したことが最も有名ですが、今なおその理由は不明であり、ここでは詳細については省かせていただきます。

いずれにせよ織田を裏切り、そして逃亡したことによって信長の怒りは頂点に達し、有岡城に残されていた女房衆123人は磔、村重の家臣やその家族たち512人も家屋に閉じ込められ、焼き殺されました。
数日後には京都の六条河原で、村重の妻子たち約30人の首も刎ねられております。

その中には、当然、村重の妻だしもいました。
しかし又兵衛だけは運良く乳母によって救い出されます。
数えで2歳のことでした。

 

スポンサーリンク

京の文化に触れながら絵画の技術を磨いて育つ

乳母が逃げ込んだのは、信長の天敵「本願寺」だとされています。
ただし、石山本願寺ではなく、京都の本願寺(東西分裂前の教団)とされており、その後、又兵衛がどのような生活を送ったかは不明。
・織田信雄の小姓になった
・絵師の狩野内膳重郷(父は村重の家臣)に師事した
と、諸説ありまして。都の文化に触れながら、絵画の技術を習得していったのは間違いなさそうです。

一方で、父・村重はといいますと……。
謀反の折、家族や家臣達を見殺しにし、息子の村次(又兵衛の兄弟)を連れて尼崎の花隈城に逃げた挙げ句、信長の死後は堺へ移住。利休に教えを請いながらのうのうと茶会にも出ていたというのです。

彼に悔恨の気持ちはなかったのでしょうか。慙愧の念は? 子どもたち、家臣たちに対する詫びの気持ちは?

これは私の勝手な想像ですが、父・村重の噂を耳にするたびに又兵衛は、ドス黒い感情を腹わたに溜め込んでいったのではないでしょうか。
少なくとも快い感情を抱く理由は見当たりません。

又兵衛は京都で絵師として活躍し、洛中洛外図屏風舟木本(国宝)を製作して一息つくと、越前藩、そして江戸へ活動の拠点を移します。

と、ここで一つお尋ねします。
皆さんは、越前がどこにあるか御存知ですか?
東日本の方には特にわかりづらい、現在の福井県。若狭とセットで、オタマジャクシのような形の県(国)がそれです。

京都まで続く鯖街道があるのが尾っぽの方の若狭で、丸く大きな頭が東尋坊や永平寺のある越前。
オタマジャクシの首部分に越前若狭の国境があり、今もそこで電車の「直流交流の切り替え」が行われています。

ここで文化も切り替わる、本当にそう感じさせる土地柄なのです。

 

スポンサーリンク

38歳で松平忠直のいる越前藩へ 出会ってしまった二人

又兵衛は、大坂夏の陣(1615年)が終わった頃、38歳で越前藩へ移り住みました。
それまでは豊臣家との関わりが深く、徳川の世では京都に居ずらくなったのではないかとの説もあります。

彼を呼び寄せたのは、北之庄にあった本願寺の僧と伝わりながら、その背景には「都の文化を取り入れよう」としていた越前藩主がいました。

そう…それこそが松平忠直
「妊婦の腹をかっさばく」という悪評などが際立ち、後に幕府によって追放される徳川家康の孫です。

祖父の家康に認めてもらえず、強い不満を抱いている忠直。
悲惨な出自により「絵の中でならいつでも狂える力」を秘めている又兵衛。

出会ってしまった二人……そして生み出される血しぶきブシャー!!なあの絵巻!

作品量からいうと、又兵衛が活躍したのは忠直が追放された後のこと。
忠直の弟・忠昌の時代になりますが、狂気をはらんだ会心の作「山中常磐物語絵巻」は忠直の晩年に描かれたのが有力な見方です。
忠直追放後は、忠直の息子・光吉の転封先である津山藩(岡山県)松平家で保管され、大正時代になってから売りに出されました。

では「山中常磐物語絵巻」には何が描かれているのでしょうか?

 

松平忠直の思いもノセて「山中常磐物語絵巻」

タイトルからお察しの方もおられるでしょうか。同絵巻は常磐御前、つまり源義経の母にまつわる話です。

御伽草子にあるもので、又兵衛の生存当時は浄瑠璃でよく演じられていた演目。
牛若に会うため奥州へ行こうとする常磐御前が盗賊に殺され、牛若がその仇を討つという復讐劇です。

では、この話を又兵衛に描かせたのは誰なのか。
これに関しては本年6月末、ドンピシャな書籍が出版されました。絵巻研究の世界では知らない方はいない黒田日出男先生の御著書。この絵巻を又兵衛に依頼したのは忠直本人なのか?まさにその点について述べられています。

同書によりますと、忠直の性格・好み、絵巻に使われている素材などから、やはり忠直自身が名指しで又兵衛に依頼したと考えられるとのこと!
しかも又兵衛が越前に来たのは、京都に居づらくなったというより、忠直と密にやり取りをする必要があったからではないかとのご指摘です。

要は、忠直も、それだけ「山中常磐物語絵巻」には思い入れがあったのですね。

忠直は、数ある物語の中から自分でこの話を選び、又兵衛の技術に期待しました。
忠直が所有していたであろう又兵衛風絵巻群は「妻が父に反してでも夫に貞節を尽くす話」が多く、それを理想としていたようなのです。

なにせ、妻・勝子の父は、自分を冷遇する将軍秀忠です。
「妻には父より自分の方にに付いて欲しい」
そんな願いを込めて、この絵巻群を妻の勝子にも見せたというのです……!
嗚呼、絵巻の制作過程がわかっていくというのは、なんて面白いのでしょう!!!

 

鉄の匂いが伝わって来そうな描写の数々

大変恐れ入りますが、以下のYoutube動画をご覧頂けますでしょうか。

笑いながら常磐に刀を突き刺す男。
鮮やかな血の赤、痛みが伝わってくる傷口。
血の気を失い、青い顔でゆっくりと死んでいく女。
鉄の匂いが伝わって来そうな描写の数々。

「絵巻物がおとなしいもの」だなんて、誰が言ったのでしょう。

私はこの絵を初めて見たとき「あぁ、喜んで描いた絵なんだな……」と直感いたしました。

商業作品は大抵、編集者や読者の意向が反映され、描き手の表現したいことは時に1~2割に抑え込まれます。
「仕事だから、と嫌々描いた作品だな」と匂ってくるものです。

逆に、描き手が描きたいものと編集者・読者が見たい波長がピタリ合う、あるいは近い場合は、それはもう、嬉しくて嬉しくて筆が止まらない!

嬉しい!
楽しい!
もっと描かせろ!
そして見てくれ 私のこの作品を!!!
と夢中になってしまうのが絵描きの性です。
この「山中常磐物語絵巻」はそういう「描き手が喜んで描いた絵」だと思えるのです。

では 又兵衛は何をそんなに喜んでいたのでしょうか。

私は当初、「溜めに溜めた憎悪の念を吐き出せるのが嬉しかったのか?」と考えました。
人を殺すということはこういう事だ。俺は知っている。そして死んでいく様はこうだ。
見ろ!俺は全部知っているぞ。そんな声が聞こえてきそうだと思ったのです。

殺人が身近だった時代だとはいえ 安全な街中でぬくぬく育った絵師ならこうはなりません。

村重謀反の惨劇・トラウマをはっきり覚えていなくとも、血みどろの世界に対して、どこかで「そこが自分の居場所、自分のルーツだ」という愛着のようなものがあったのではと私は勝手に考えていたのです。

しかし違った!

辻惟雄先生によると「又兵衛はこの常磐に母を見ている」、そういう絵だと仰るのです。

 

胴も真っ二つだ!首も飛ばして床に転がしてやる!

常磐に母だしを見ている? なにゆえ??

私には、瞬時に先生の真意が理解できませんでした。そこでジックリと考えてみます。

常磐御前と牛若…義経と頼朝。
死んでいく母と、寺に預けられて生き延びた息子。そして生き別れた兄弟。
なるほど…この絵巻のキャラクターの立ち位置は、よくよく考えてみれば荒木家、つまり又兵衛の境遇にそっくりではないですか!

又兵衛はこの常磐に母「だし」を見ておりました。
母を殺した輩を今度は自分がギッタギタに切り裂き、死体を菰(こも)にまとめて谷へ投げ捨てる。
そんな復讐が出来たら? 母を殺した奴らをこんな風にできたら?
もはや感情のみで筆を走らせろとばかりに、胴も真っ二つだ!首も飛ばして床に転がしてやる!! ああ凄まじい! 又兵衛 凄まじいよ!!

 

又兵衛が関わった血みどろ絵巻「堀江物語絵巻」

申し訳ありません、つい興奮してしまいました。

ただ、申し上げたいのは、この絵巻の想いの強さは私だけに訴えるものではなかったということです。

山と積まれた書物の中からドイツ人ルンプに「これが欲しい」と思わせ、「家を売ってでも守らなければ」と編集者巳之吉に思わせ、後の学者たちにも「研究しなければ!!」と思わせる。
見る者の人生を振り回してしまう、まさに狂気なのです。

「この絵はすごいですね」と、思わず野良漫画家の私に原稿依頼をしてしまった武将ジャパンさんも、もうきっと又兵衛の虜。

皆様にも是非、又兵衛を知って頂きたいのです。
そしてもう二度と国外流出なんて危険な目に遭わぬよう、この絵巻を守って頂けたらと思うのです。

残念ながら私には気持ちはあっても財力がついていかぬのです。

又兵衛が関わった血みどろ絵巻にはもう一作、「堀江物語絵巻」があります。
あまりの過激さゆえか、一番悲惨な部分はカットされ失われているといいます。
R18規制が入ったの?それであの悲惨さなの?と思わざるを得ません。
気になる方は是非ご検索を。

絵&文:小久ヒロ

【参考】

スポンサーリンク

MOA美術館

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.