日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

中国四大美人/www.iaweg.comより引用

スポンサーリンク

週刊武春 中国

時代も動かす中国四大美人(西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃)の伝説&史実マトメ

投稿日:

中国の土産物に美人が四人並んでいるのを見たことはないでしょうか。

最近では、ドラマや映画の題材、ゲームキャラクターにもなっている彼女たちは古代中国を代表する伝説的な美女「中国四大美人」でして、以下の4人となります。

・西施(せいし)
・王昭君(おうしょうくん)
・貂蝉(ちょうせん)
楊貴妃(ようきひ)

『あれ? 西太后は入ってないの?』と一瞬思われた方。
彼女は「中国三大悪女」の一人で、他には「妲己(だっき)・武則天(ぶそくてん)・呂雉(りょち)」が挙げられますね(4名のうち誰か3名)。

今回は、古くから日本でも親しまれ、文学作品や芸術作品にも登場してきた彼女らについて、マトメてみたいと思います。

 

魚も沈む「沈魚美人」西施

時代:春秋時代BC5世紀(BC473没説あり)
定番ポーズ:「西施浣紗」洗濯の場面。彼女が洗濯していると、魚もみとれて沈んでしまうと言われました。洗濯に使った石は史跡として残されています
特徴:病弱なのか眉をしかめる
欠点:足の形がイマイチ
最近演じた女優:安以軒(アン・イーシュアン)

西施/www.iaweg.comより引用

本名は施夷光と伝わります。
苧蘿村という村出身。貧しい家の娘で同じ村の東にもうひとり施という娘がいたため、「西の施さん」という意味の西施と呼ばれました。
粗末な格好で洗濯をしていても超美人で、村の男たちは争ってその美貌を見に来たとか。

持病があったのか、彼女は胸を押さえて眉をしかめることがよくありました。
何気ないポーズも、美人の西施がすると悩殺ものです。東施はじめ、周囲の村娘もその仕草を真似しましたが、まったく美しくは見えませんでした。
「顰(ひそ)みにならう」の由来です。

その美貌に目を付けた越王勾践は、彼女を他の美女たちとライバルの呉王夫差に送り込みました。
西施の美貌に骨抜きにされた夫差は国を傾けてしまい、勾践の計略は見事成功。

彼女のその後には二つの説があります。

呉の滅亡後、人々に災いをもたらす妖女として長江で溺死させられたバッドエンド説。
彼女をプロデュースした大商人・范蠡と恋仲になり、彼の手引きにより呉を抜けだし幸せな余生を送ったハッピーエンド説。

どちらを信じるかは自由です。
現代台湾で、セクシーな服装でビンロウやタバコを売る女性を「ビンロウ西施」と呼ぶのも、彼女が由来です。
日本では美人を「ナントカ小町」と呼びますが、中国では「ナントカ西施」と呼ぶのだそうです。

 

スポンサーリンク

飛ぶ雁も落ちる「落雁美人」王昭君

時代:前漢時代、BC51-BC15
定番ポーズ:「昭君出塞」琵琶を持ち、毛皮つきの服やフードつきの服を着ている、馬や駱駝に乗っています。哀しい琵琶の音色に、雁も聞き惚れて落ちてしまったとか
特徴:琵琶が得意
欠点:なで肩
最近演じた女優:李彩華(レイン・リー)

王昭君/www.iaweg.comより引用

匈奴の呼韓邪単于に嫁がされた漢人女性。
夫の死後、匈奴の風習に従い義理の息子にあたる復株累若鞮単于の妻にされました。

このことは漢にとっては屈辱的であり、そんな彼女の身の上への共感が、悲劇的美女の座に押し上げます。

匈奴に嫁ぐ女性を選ぶ際、元帝は肖像画を見て決めることにしました。
絵師は宮女たちに多額の賄賂を要求したものの、正直な王昭君は拒否したため、醜く描かれてしまいました。

そのため元帝は「この醜い女なら、まあいっか」と彼女を選抜。ところが実物は美女であったため、怒って絵師を処刑してしまったとか。
この逸話は勇名ですが、どうやら後世の創作のようです。

描かれた姿では必ず琵琶を弾いています。
これは彼女が祖国を去る時琵琶を奏でていたため、とされますが、どうやら別人の逸話と混同されたようだという説もあります。

今に伝わる王昭君像は、一人の女性というよりは、異民族に降嫁させられた女性たちの集合体と言えるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

月も隠れる「閉月美人」貂蝉

時代:後漢末
定番ポーズ:「貂蝉拝月」国を憂い、月を眺めて決意を固めるその姿に、月も雲に隠れてしまったとか
特徴:ほとんどフィクションベースのためか、アレンジ自由自在
欠点:耳の形
最近演じた女優:劉亦菲(リウ・イーフェイ)

貂蝉/www.iaweg.comより引用

『三国志』でおなじみの美女。現代ではゲームキャラクターとしても人気がありますね。

時は後漢末、混乱に乗じて暴虐の限りを尽くす董卓の振る舞いに、貂蝉の養父・王允は心を痛めていました。
そんな養父の姿を見て貂蝉は、国難のために己を犠牲にしようと決意します。

国を憂い、月を眺める貂蝉の美しさのあまり、月が雲に隠れてしまった、と言います。彼女はその美貌で董卓と腹心の部下・呂布を誘惑し、仲違いさせようとしたのです。
計画は成功し、呂布は董卓を暗殺するに至るのでした。

と、ここまでが貂蝉のストーリーなのですが、この逸話も名前も後世の創作です。
ただし、元ネタは存在します。呂布は董卓の侍女と密通しており、発覚を恐れていました。呂布が王允に相談したところ、いっそ討ってしまってはどうか、とアドバイスされます。
つまり呂布に主君を討たせる気にさせた女性がいた、という点に関しては史実なのです。

このような人物であるためか、創作物では様々なアレンジが為されます。
吉川英治版三国志や、その影響が強い横山光輝版等、日本のフィクションでは呂布が董卓を暗殺した時点で貂蝉は自害、あるいは殺害される場合がほとんどです。これは日本特有のアレンジです。

『三国志演義』はじめとする中国版では、董卓の死後も生存して呂布の妾となるパターンが主流です。
『演義』では呂布が曹操に敗北した後はフェードアウトしてしまいますが、演劇ではさらに様々な末路があります。

呂布の死後、関羽と曹操の間で取り合いになったり、争いの種になると関羽に斬殺されるパターンも。関羽の墓から発掘された女性の死体は貂蝉ではないか、なんて話もあったりするとか。

実は、この話の元ネタは存在します。関羽が呂布の部下の妻に美人がいることを知り、その女性が欲しいと曹操に訴えたものの、結局曹操が興味を持ってしまい自分の側室にした、という話です。
この手の話は、関羽の神格化が進むとともに忘れ去られていきました。

さらに、元々は美人ではなく、度胸もない普通の女性であったのを、名医・華佗が顔面を交換する整形手術と心臓交換をほどこしたとか。サイボーグかよ! と突っ込みたくなりますね。

それだけ自由にアレンジできるというのが、彼女の特徴でしょう。
その反面、四大美人中で唯一実在しないという理由で外され、趙飛燕(前漢成帝皇后)を入れるパターンもあるようです。

 

花も羞じらう「羞花美人」楊貴妃(ようきひ)

時代:唐(719-756)
定番ポーズ:「貴妃酔酒」あでやかな酔態は満開の牡丹のよう。温泉好きであることから入浴場面も定番
特徴:豊満な肉体。デコルテを出した唐代の服と相性抜群
欠点:体臭
最近演じた女優:范冰冰(ファン・ビンビン)

楊貴妃/www.iaweg.comより引用

エジプトの伝説的美女クレオパトラ、小野小町(あるいはトロイア戦争を引き起こしたヘレネ)と並んで、日本では世界三大美女と呼ばれることもある楊貴妃。
『長恨歌』等により、古くから日本でも知られ、愛された女性です。

紫式部は『源氏物語』において、帝から絶大な寵愛を受けた光源氏の母・桐壺女御を楊貴妃のような寵愛ぶりとたとえました。
このように中国のみならず、日本でも古くから文学や絵画の題材になっています。現代でも彼女が出てくる映画、ドラマ、テレビコマーシャルがおなじみですね。

本名は楊玉環。
玄宗の子・寿王李瑁となったものの、あまりの美しさに玄宗自身が惚れ込んでしまいました。
彼女は出家し女冠(道教の女道士)となり、その後玄宗の高宮に入り「貴妃」(妃の位)となりました。

玄宗の寵愛を一身に集めた楊貴妃は、彼女のいとこや姉妹などの親族も大出世を果たします。
当時の人々は、男児よりも女児をありがたがり、願わくば楊貴妃のように寵愛されて欲しいと願ったとか。
しかし彼女自身に政治的野心は一切なく、ただ天真爛漫に生きていたようです。

彼女への愛に溺れた玄宗は、次第に政務を怠るようになってしまいます。
その結果「安史の乱」(755-763)が勃発。756年、玄宗らとともに長安から逃亡中、馬嵬という場所で護衛兵たちは楊貴妃の命を要求しました。

「このような乱が起こった元凶が彼女だからだ」
それが兵士たちの言い分でした。

玄宗は「楊貴妃は政治に口を出さなかった、罪はない」とかばいますが、兵士たちはおさまりません。かくして、やむなく楊貴妃は絞め殺されてしまったのでした。

この悲劇を詠んだのが、前述の『長恨歌』です。
優れた文学作品により、彼女の伝説的な美貌と悲運は人々の記憶に残りました。

楊貴妃は唐代美人の特徴ともいえるグラマラス……といえば聞こえはよいのですが、後世からするとかなりふくよかな体型だったようです。
ライバルの妃は彼女を「あのデブ女」と呼んでいたとも伝わっています。

中国の古典では「楊貴妃みたいな美人」というのは「ぽっちゃり体型」の言い換えであったりします。
唐代の衣装は彼女のようなグラマラス美女を引き立てるため、ともかく胸元が開いているのが特徴です。この時代を舞台にした映画やドラマは、そちらに気が散ってしまって話の筋が追えなくなるほど、女優陣が谷間をチラつかせております。

楊貴妃のゴージャスぶりは、谷間だけではありません。全身からえもいわれぬかぐわしい香りがしたため、花がはじらいしぼんでしまったという伝説も。
しかしこれも実際のところ強烈な体臭だったのでは、と解釈されることもあるとか。
あるいは涙や汗をハンカチでぬぐうと紅く染まったという伝説も。ここまで香りが濃いと好き嫌いも分かれるでしょうね。

ライチが好物で、玄宗はわざわざ原産地から長安まで運ばせました。楊貴妃の死の直後もライチが届けられ、それを見た玄宗は号泣したそうです。
そのためか、ライチを用いたリキュールやカクテルには、彼女の名前をつけたものが数多く存在します。

いかがでしたでしょうか。
それぞれタイプは異なるものの、激動の歴史に翻弄された四人。彼女らの人生や美貌を想像しつつ、ライチリキュールを一杯、なんていうのも乙かもしれませんね。

スポンサーリンク

文・小檜山青

中国史に必ず登場する「宦官」の恐ろしき実態 特に明王朝の腐敗っぷりがヤバイ……

中国三大悪女の一人・西太后 嫉妬深く、ライバルたちを虐殺したのは本当か?




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, 中国

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.