ショパンの死因 ちっちゃな頃から病弱で 19で肺結核と呼ばれたが実際は…

先日、クラッシックコンサートで爆睡した馬ちゃん先生です。オーケストラでも寝ちゃうのに、ピアノリサイタルなんてもう、ね。
こんな私でございますが本日の患者さんはピアノの詩人こと「ショパン」さんです。

ポーランド生まれのロマン派ピアニスト…

ショパンは19世紀に活躍したポーランドの音楽家です。ロマン派音楽を代表する作曲家でピアニストとしても有名でした。

馬ちゃん先生、一応ピアノ習ってましたけどロマン派が何だか全く分かりません。このあたりは音楽の先生にでも聞いてみて下さい。彼の作曲した「ノクターン」などのは誰でも1度は耳にしたことがあると思います。

専門外のことを書くとボロが出そうなのでこのへんで切り上げ、病気の話にうつりましょう。

ショパンの肖像画/wikipediaより引用

ショパンの肖像画/wikipediaより引用

 

色が極端に白く、喉仏が目立ち頬が落ち窪んでいる

1810年、ショパンはポーランドに生まれます。6歳で耳にした旋律の再現を試みたり、新たなメロディーの作成など音楽の才能を感じさせるエピソードがありますが、ピアノを習い始めると実力はめきめきと伸び、7歳にして公開リサイタルを行うようになりました。

また同年にはト短調と変ロ長調の2つのポロネーズを作曲し高く評価され、まさに神童ですね!

ただし、音楽の才能とは逆に身体は虚弱体質で呼吸器の感染症にかかりやすかったそうです。19歳の肖像画を見た20世紀の伝記作家は「ショパンは結核にかかっていた。色が極端に白く、喉仏が目立ち頬が落ち窪んでいる。耳も結核に特徴的な消耗を呈している。」と評しています。

青年期に入ってもショパンの身体は弱く26歳時にはあまりの体調不良っぷりに『死亡説』が流れたほどでした。

こちらがミエロシェフスキ作のショパン肖像画/wikipediaより引用

色白で頬がこけ、病弱だった様子がよくわかるミエロシェフスキ作のショパン肖像画/wikipediaより引用

その後、フランスに移り住んだ彼は英雄ポロネーズなどの名曲を作ります。しかし徐々に体調不良は悪化、ショパンは39歳でこの世を去りました。

ショパンの父と妹の死因が結核だったこともあり、彼の死因も『肺結核』と考えられていました。実際、当時の死亡診断書の病名も肺結核です。

ここまで読むと今回は『肺結核』の話かなと思いますよね?

肺結核は日本に多くネタになる人物に事欠きませんので違う病気の話をしましょう。

 

新説の死因が発表された 嚢胞性線維症とは?

2008年、ショパンの死因は『嚢胞性線維症』説が発表されました。

何か聞きなれない病名が出てきましたね。『嚢胞性線維症』は常染色体劣性遺伝をします。

病態としてはCl-チャンネルの異常により外分泌液の濃度が高くなる病気です。簡単に言うと粘液がネバネバします。そのため全身に様々な症状があらわれ、代表的なものとしてはネバネバの膵液が膵臓に詰まり膵臓がダメになります。その結果、重度の消化吸収障害を起こします。

また粘度が高い痰が気管支に詰まることで気管支炎を繰り返し、慢性の咳が出ます。

その他にも肝硬変、慢性副鼻腔炎、男性不妊など様々に発症。予後は不良で平均生存年齢は18歳、少し前までは7-8歳と短命になる病気です。わが国では難病指定されています。

 

コニャック漬けの心臓が残っていたって!?

専門家の意見によると、ショパンの「虚弱体質、肺感染症にかかりやすい体質」は嚢胞性線維症に特徴的とのことです。極端な痩せ(栄養の消化吸収障害を示唆)、恋人が居たのに子どもが居なかったこともこの病気の可能性をにおわせます。

しかし、当時の医療水準では嚢胞性線維症が40歳近くまで生きることは極めて稀であり、その点からこの説は疑問視されています。まぁ、今となっては確かめる術が無い……と思ったらあったんですよ奥さん!

ショパンは1848年パリで亡くなり埋葬されましたが、心臓は遺言により姉の手で祖国ポーランドへと持ち帰られました。心臓は、ワルシャワの聖十字架教会に埋葬されており1945年の調査で「コニャックらしき液体を満たしたクリスタルの壺」に密閉され保存されていることが分かっていました。この心臓なんと2014年4月に再調査が行われていたんですよ!

まり先生の歴史診察室ショパン

 

壺から出すと心臓が傷んでしまうとのことで、残念 

すわショパンの死因が解明か!? と、ドキドキしたのですが、残念。調査はあくまで「保存状態の確認」でした。専門家が希望したDNA検査やCTスキャンは行われなかったのは、壺から出すと心臓が傷む可能性があるからみたい。

遺伝子検査ができれば嚢胞性線維症かどうかは分かるんですけどねぇ。

ともかく今回の調査では心臓表面の様子から結核説がやや強まったそうですが、真相はまだ不明のようです。次回の調査は実に50年後の2064年の予定~( ´Д`)=3

まぁショパンの死因が何であれ彼の音楽の良さは変わりませんもんね。今日はノクターンでも聞きながら寝ようと思います。おっとその前に寝酒飲まなきゃね!

イラスト・文/馬渕まり

 

【参考サイト】

http://www10.plala.or.jp/frederic3/

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/フレデリック・ショパン

http://www.asahi.com/sp/articles/ASGD41PKFGD4UHBI001.html

http://www.afpbb.com/articles/-/2410675?act=all

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/嚢胞性線維症

http://www.nanbyou.or.jp/entry/129

http://matome.naver.jp/m/odai/2141810052827248301

 

 








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

    • 馬渕まり
    • 2015年 3月 15日

    コメントありがとうございます。確かに50年後だとガラス越しでも色々調べられる技術があるかもしれませんね!芸術家は極端に短命と長命に二極化って話を何処かで聞いたことがあります。命を削って作品を作ってるのかな〜。

    • 匿名
    • 2015年 3月 13日

    2064年になったら科学が進んでそのままでも調べることができるようになっているかもしれません。音楽家は病気おおい感じがします

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン シミルボン様への配信始めました!

LINE NEWS
LINE NEWS

Buzz Plus News

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る