石高メガ盛り真田信利は★5つ 嫡流のプライドに固執し、領民を虐待する鬼畜の所業、ゲスの極み!

 

今回の悪ミシュランは真田信利さんです。
名前からお察しのように大河ドラマ『真田丸』で盛り上がる真田一族の御方。
沼田藩を継ぐ藩主でありますが、相続問題で色々あったため性格がねじれてしまい、結果、改易にされてしまうトホホな殿様であります。

まずは真田信利さんのお父ちゃんから確認して参りましょう。

真田信利/Wikipediaより引用

 

嫡流を奪われ、煮えくり返ったハラワタを冷ませない

真田信利の父は真田信吉です。大泉洋さんが大河で演じる真田信之の長男になりますね。
ドラマでは現在、本多忠勝の娘・稲(小松姫)が信之の正室となり、「おこう」と呼ばれる以前の妻は側室になってしまいましたが、信吉はその「おこう」の子で、今回の主人公・信利は更にその子。
つまり信之とおこうの孫にあたります。ちょっとややこしいですかね?
しかし、この人間関係が後々響いてきますので、しばしご説明にお付き合いください。

信利の父・信吉は、沼田領3万石(ただし松代の支藩)を拝領します。言い方を変えれば真田の松代藩は継げませんでした。
そして、40歳の若さで死亡してしまうと、さらにその息子・熊之助(信利の兄)も夭折。残された信利はわずか3才ですから、さすがに藩主となるわけにもいかず、信之の次男・信政が沼田領を引き継ぎ、3万石のうち5000石が信利のものとなりました。

はは~ん。3万石が5000石に減らされてキレちゃったんだね!
いーえ、さにあらず。祖父・信之が引退すると、信政は松代藩主となり、沼田領3万石は元の信利に戻されるのでありました。大藩には遠く及びませんが、これでも立派な大名。怒る理由は見当たらないと感じるでしょう。
しかし、信利のハラワタは煮えくり返っておりました。

『もしも稲(小松姫)が来なければ、ワシが松代藩主だったのに!』

真田信繁のお兄ちゃん・信之さん。当時も今も超長生きの享年93でした/Wikipediaより引用

 

幕府へ「松代藩の正統な後継者は自分だ!」

「おこう」が側室にされ、自身の家系が傍流へ落とされてしまったことに我慢がならなかった信利。
松代藩主となった信政が、それからわずか2年後(明暦4年・1658年)に死去すると、ついに激しい主張を始めます。

「真田家(松代藩)の正統な後継者は自分だ!」
かく幕府に訴え出たのですが、今さら受け入れられるワケもなく、次の松代藩主は信政の息子が就くことになりました。
まぁ、そりゃそうですわ。信政の母・小松姫は、徳川四天王・本多忠勝の娘で、江戸から見れば十分すぎる出自です。ただし、幕府もバカではありませんから、これ以上余計な争いは生まぬよう信利の顔を立て、沼田藩を松代藩から分離させ、独立の藩としました。

信利もこれで満足す……ることが出来ずに悪政をスタートさせてしまうんですから始末が悪い。たとえば
・松代10万石に対抗すべく領内総検地を実行。表石高3万石だったのに、盛りに盛って実高14万4000石として幕府に報告した
言っちゃ悪いが馬鹿です。大馬鹿です。

石高が高いとノルマが増え、少なく報告することはあってもわざわざ高く言う必要はありません。実際、後の検地で測ってみると実高は6万石だったそうです。
まさにメガ盛!(・ω・)

 

水牢に年貢未納の農民を立たせる、真冬に

信利の愚行・蛮行はこれだけに止まりません。さらに続けて……
・沼田城に五層の大天守閣を作る(幕府をナメ過ぎ)
・江戸の藩邸も松代藩に負けじと絢爛豪華に!
・しかも酒好きの贅沢好き
・結果、領民は重税に苦しみ多数の餓死者が出る
自らが見栄を張って、贅を尽くし、領民には重税を課した末に、さらに信利が行った蛮行を物語る話があります。

「池廼(いけのや)薬師堂の水牢」です。

地面に6間(約11メートル)四方の穴を掘り、その中に木戸を建て60センチほどの水を張る――水で囲んだ牢なので、まんま水牢。
信利は、その水の中に年貢未納の農民妻子を4~5人ずつ縛って立たせたりしました。しかも真冬にです。
投獄された家の者は家族を助けるため親戚を回って金子をかき集めたり、あるいは田畑を売って年貢を納めるなどしましたが、中には年貢が払えず命を落とす者もいたようで、付近には供養塔が建っています。

 

そんな信利にも、まさに年貢の納めどきがやって参ります。
延宝9年(1681年)、両国橋改修の用材調達に失敗した年、領民の怒りが爆発! 杉木茂左衛門という領民が幕府に直訴すると、沼田藩は材木の納期遅滞と治世不良で改易にされ、信利は山形藩奥平家預かりとなって7年後に死去しました。

かくして沼田藩の領地は幕府のものとなったわけです。いやぁ、よかった……のでしょうか?
沼田という地は、大河ドラマでも丁寧に説明されておりましたように、真田や上杉、徳川、北条が激しく奪い合ってきた交通の要衝です。先人たちが死ぬ想いで治めた土地を、よもやこんなカタチで。

今回は、自分の見栄だけでなく、遊び呆けて農民を虐待したその悪行、許せぬ!ということで★5つとさせていただきました。

悪人度  ★★★★★
影響力(権力)★★★☆☆
大河ドラマぶち壊し度 ★★★★★

十六文銭

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

 

【編集部より】

アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

yahoo楽天でも定価1,728円(1,600円+税)発売しておりますので、皆さまご愛顧よろしくお願いしますm(_ _)m

【参考】

真田信利/Wikipedia WEB GUNMA

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • 馬渕まり
    • 2016年 10月 17日

    @八王子男子高生

    コメントありがとうございます。忠直もやっぱり秀忠よりオヤジの方が年上だったのに〜って思いがあったのかもしれませんし、褒美の茶器が気に入らなかったのかもしれませんね。

    こんな捉え方もありますのでどうぞ(≧∇≦)ノhttp://bushoojapan.com/tomorrow/2013/09/09/5357

    • 八王子男子高生
    • 2016年 10月 17日

    そういえば同じころ、結城秀康の子で松平忠直ってのもいて、これもひどい。
    戦国時代がようやく終わって一息ついている時代だったのに、なんでこんな人ばかりだったんだろう?

    名君、伊達政宗亡き後も、伊達騒動が起きるし、黒田家でもゴタゴタがあった様子。
    先人たちが名士だったのに、なぜこうなってしまうのか?

    • 馬渕まり
    • 2016年 8月 06日

    @匿名

    コメントありがとうございます。
    ドラマの「おこう」さんは清音院殿といって、出自は真田信綱の娘です。信綱は幸隆の長男で、昌幸の兄にあたり真田の嫡流になります。優秀な武将でしたが長篠の戦いで討死してしまいます。ちなみにこの時次男も討死したので三男であった昌幸に跡目がまわってきました。
    おこうと信幸の結婚は真田嫡流の血を昌幸の家系に入れ、相続を正当化する意味があったんですよ〜。(そんなわけでおこうさんもババさまの孫なんです。)
    ドラマと違い離縁ではありませんが、小松姫が来たせいで清音院殿は正室から側室に格下げとなったわけです。
    信利が真田嫡流を主張した背景にはこのような血縁もあったんですね。ま、本田忠勝の娘兼家康の養女にゃ勝てませんが。

    矢沢の大叔父が暴れる姿が容易に想像出来て笑ってしまいました。

    • 匿名
    • 2016年 8月 05日

    罪のない領民に当たるのは酷すぎます!
    文句なら無理矢理おこうさんと信幸お兄ちゃんを離婚させた家康と昌幸に言って欲しい所です。
    ……が、そんな発想が無かったからこんなことになっちゃったんでしょうね。
    (下克上上等な戦国の気風に懲りた時の為政者が、革命権・批判権の存在を一生懸命抹消してくれたおかげか。)
    矢沢大叔父上と北条氏政があの世からこの顛末を見ていたら、怒り狂っていそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る