日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

島津忠恒/wikipediaより引用

スポンサーリンク



日本史悪ミシュラン 島津家

島津忠恒の嫁イビリは★5つ「謀殺大好き♪ 蹴鞠大好き♪ でも嫁は嫌い(・<>・)」

更新日:

九州の雄、島津家。
鎌倉時代から守護として薩摩に根を張り、戦国時代には島津四兄弟が大活躍しております。
とりわけ関ヶ原の戦いで絶体絶命のシチュエーションから井伊直政の部隊を駆け抜け、薩摩に帰還した島津義弘(通称・鬼島津)の「退き口」や、捨て身でそれを助けた豊久などはファンも多いことでしょう。

男らしく義に厚く、パワーも満点、薩摩隼人!
と、今でも魅力的なワケですが、しかし、そんな島津家の中にもヤバイ方はおられます。
しかも道をハズレた不良息子等ではなく、れっきとした当主で、さらには鬼島津の息子さんだというから二度ビックリ。

今回の日本史悪ミシュランは「謀殺大好き♪ 蹴鞠大好き♪ でも嫁は嫌い(・<>・)」という『島津忠恒』さんの登場です。

 

次男のお家の三男坊 それでも繰り上がりで当主だよ

島津忠恒は天正4年(1576年)、島津義弘の三男として生まれました。

父の義弘は島津四兄弟の次男です。
四兄弟の長男で当主だった義久に息子が居なかったため、島津家の家督は父の義弘が継ぎ(義弘を飛ばして直接忠恒という説もあり)、その後は次兄である島津保久が義久の娘と結婚して島津家を継ぐ予定でした。

要は忠恒に跡を継ぐ予定はなかったワケで。
スッカリ気は抜け、酒と蹴鞠にはまってのグータラ生活。親から叱られるような御仁でございました。

しかーし、文禄の役で朝鮮に行った兄・保久が病没すると、事情は一変、秀吉の指名もあって忠恒が後継者になります。そうなると俄然張り切り、慶長の役では鬼神の如き大活躍してしまうのですから、さすが忠恒も島津の一族でありますね。能力がないワケじゃないのです。

ただ残念なことに、当主となっても元の性格が直ることはなかったようで……。朝鮮出兵の前線基地・名護屋城では、蹴鞠場づくりをしたり、忠恒の横暴に耐えかねた兵が逃げた記録が残るなど、なかなか香ばしい記録が残されております。

九州(佐賀県)にある名護屋城の天守台跡

 

スポンサーリンク

重臣を自ら殺し、その息子も狩りの最中に間違って射殺

さてさて忠恒の本領発揮は帰国後です。まずは島津の家臣でありながら、秀吉に可愛がられていた
・家老の伊集院忠棟を自らの手でブッコロ!

父親を殺された伊集院忠真は薩摩に帰って内乱(庄内の乱)を起こします。
これに対し忠恒は一旦和睦。そして
・伊集院忠真を狩りの最中に射殺
・ついでに家来衆もブッコロ!

一応、手が滑って起きた不幸な事故扱いとなっております……(゚A゚;)
ちなみに射殺された忠真は、忠恒の妹婿でもありました。身内やないかい。

更には、だいぶ後のことになりますが、自分と対立した義久の家老・平田増宗も暗殺して子孫もミナゴロシしております。やっぱり怖い殿様だなぁ。

 

嫁いびりは天下一品

むろん戦国時代のことですから、暗殺や謀殺に走った武将や大名なら他にもたくさんおります。
それでも忠恒の悪さが際立つのは、自分の正妻『亀寿』に対する意地悪エピソードが残されているからでしょう。

忠恒の妻・亀寿は、先代の当主・島津義久の娘で、元々は朝鮮出兵で亡くなった兄・保久の奥さんでした。
要はイトコですね。分家の男児と本家の娘を結婚させて、御家の跡継ぎとするのは、大河ドラマでの井伊直虎井伊直親の関係に似ております(直虎と直親は婚約だけに終わりましたが)。

忠恒と亀寿は、兄が亡くなった後に再婚したのですが、もともと彼女は「人柄は良いがブサイク」とされる姫でございました。
しかも忠恒から見て5歳も年上。2人はイトコの関係ながら、こんだけ仲が悪けりゃ、そりゃあ実子には恵まれません。

そこで忠恒はあてつけのように
・将軍家から養子を貰おうとした

家老の平田増宗を暗殺したのはこれに反対したからのようです。
さすがに義父の目の黒いうちは遠慮もあったようですが、

・義久が死ぬとソッコーで亀寿と別居
・そして側室を8人囲い子作りしまくり33人

とまぁ、あてつけどころかまるで狂ったかのように子作りに励んでしまっているのです。

 

なにが「真田日本一の兵 ( ー`дー´)キリッ」だよ!

更には亀寿が死んだ後もひどいものでして。

・「奥さん死んじゃったけどそこまで悲しくないなぁ」という意味の歌をわざわざ亀寿の女中に送り付ける
・墓を建てなかった。

奥さんの墓が無いってどういうことよ!?
まぁ、これは後で忠恒の息子がちゃんと建てたようですが……

・島津の歴代藩主で唯一、正室の墓が隣でない。
と最後まで不仲でありました。

なお、大坂の陣における真田幸村を「真田日本一の兵(つわもの)」と評したのはこの忠恒です。
しかし本人は冬の陣に不参加で、夏の陣では現場に間に合っておりません。

あまりこのことが語られないのは、ヘタすりゃ真田の名前を傷つけてしまうからですかね。なんだかなぁ。

悪人度  ★★★★☆
影響力(権力)★★★☆☆
嫁いびり度 ★★★★★

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

 

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!



スポンサーリンク

スポンサーリンク

【参考】
島津忠恒/wikipedia 武功雑記

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-日本史悪ミシュラン, 島津家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.