日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家

小田原攻め完了で天下統一を果たした豊臣政権の終わりの始まり【軍師官兵衛百物語79話】 

更新日:

 

◆北条氏政はなぜ強気で秀吉に抵抗し続けたのか? 絶対の自信を持っていた小田原城はどんだけ強い?

お城野郎小田原征伐20160612-2

 

【本文ここから】

天正十八年(1590)。秀吉は国内統一の総仕上げとなる小田原北条攻めにかかります。
3月29日に伊豆国・三島の北条氏の支城である山中城を下すと、箱根を越え、4月2日には20万を越える大軍で秀吉は小田原城を包囲。北条方の兵数は支城に散らばる数も含めて5万5、6千ほどでした。

秀吉は小田原城を見降ろす笠懸山に陣城を築き、兵糧を断つ一方、関東一円に点在する松井田城・岩付城・鉢形城・韮山城と支城を一つひとつ落としていきます。

最後に韮山城が落ち、北条氏の支城の全て(例ののぼうの城をのぞいて)が陥落すると、官兵衛は開城を説得するべく単身、無刀、肩衣に袴という姿で小田原城内に北条氏直を訪ねます。

当サイトの人気戦国4コマ漫画「戦国ブギウギ」(アニィたかはし)ではモブキャラとして有名な氏政さんですが

当サイトの人気戦国4コマ漫画「戦国ブギウギ」(アニィたかはし)ではモブキャラとして有名な氏政さんは氏直のお父さん

官兵衛訪問後5日が経った7月5日。
氏直から自分が腹を切ることを引き換えに、城兵の命を救いたいとして降伏の申し出があります。

氏直の申し出に対して秀吉は、主戦派だった氏直の父・氏政、氏政の弟・氏照、重臣・大道寺政繁・松田憲秀の3人に腹を切らせました。一方、当主の氏直は高野山へと追放されます。

軍師としての官兵衛の仕事のなかで際立って注目を受ける小田原北条氏とのやり取り。
後代から見る時、官兵衛がこの時に果たした役割よりも大きな問題が、小田原攻城戦では立ち上がっていました。
問題というよりも、それは音を立てて、ある方向に向けて歴史の軌道が走りだしたということです。

関ヶ原への種がまかれる

小田原に北条氏を攻めるに当たって豊臣政権の中では対立がありました。北条氏に対して決定的な軍事的損害を与えるべきだとする主戦派と、講和にもっていこうと考える穏健派です。前者の筆頭が上杉景勝であり石田三成でした。一方、穏健派・講和派は徳川家康と官兵衛らでした。

北条氏に対する処遇について立ち起こった豊臣政権内の対立は、そのまま朝鮮出兵時における諸将間の対立へと発展し、最後には関ヶ原の合戦における家康を担ぐ東軍と、三成を大将とする西軍の、それぞれの構成を形成する原点となります。

小田原に北条氏を破った時、秀吉は、実質的な国内平定を終え、名実ともに天下人となったと言えるのですが、同時に、その政権を崩壊させることになる原因を育てた、言わば、終わりの始まりを告げることになる期を画した戦いでもあったとも言えるのでした。

巨大な歴史の軌道が軋む音は、さすがに官兵衛の耳にも聞こえなかったとは思いますが、仏域への追放とはいえ城主である氏直の命が救われてと云う事実には、何かしら官兵衛の勘が関わっているのではとは推測させられます。氏直の正室督姫は家康の娘でした。

Frco Don・記

スポンサーリンク

つづく

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.