日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

絵・桂花

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

「英賀合戦」の戦略と真の敵とは? 軍師黒田官兵衛が毛利の大軍を撃退

更新日:

播磨国(兵庫県)の小寺家に家老として使えていた黒田官兵衛は、小寺家を代表して、岐阜城の織田信長を訪ね、信長に臣従を誓う。
その2年後の1577年(天正5年*1)4月、京への経路となる播磨に、織田方の勢力が育つことに危機感を覚えた、中国地方の覇者・毛利氏は、約5000の兵を海路派兵した。
行き先は、官兵衛が守る姫路城から2里(8キロ)南の英賀(あが)浦。

これに対して、当時は70石取りの代官に過ぎなかった官兵衛が用意できた手勢は、せいぜい1500。そのうちの1000は、守城の兵として、500ずつを自らの姫路城と主君である小寺氏の御着城に分けて置く必要がある。

空 となった本城へ回り込まれて、戻る場を失うことはできない。もともと、敵勢の3割程度の兵力しかないものを、さらに城の守備に割くことで、前線に投入できるのは、計算上500程度しかなかった。
軍略をめぐらした官兵衛は、主君の御着城には500の守備兵を置きながら、自身の姫路城にあてるべき500は前線に投入し約1000の手勢で毛利軍と相対するという手をとった。そして姫路城には近隣の農民をかり集めて籠らせた。

自分を3倍に見せる戦術

それでも敵は5倍の勢力だ。
英賀浦へ上陸した毛利軍は、5倍の兵力に安心しきって姫路城近くまで迫ってきたところに、官兵衛は正面からの突撃を敢行する。

『黒田家譜』には「まっ先きにおめいてかかる」 と語るように、先頭に立って兵を切り込ませた官兵衛は、急襲に驚き混乱する毛利兵をさんざんに切り捨てた上、一旦、兵を引く。

が、休む間なく、再び、兵を督励し突撃を仕掛けた。

敵が引いたと思ったところに、二波目の突撃を受けた毛利兵たちは、官兵衛軍とは別の新手の援軍が現れたと勘違いし、恐怖につつまれ、一層、混乱する。そこへ、ホラ貝の音や鐘や太鼓を叩く音が、姫路城から聞こえてくるのに目をやった毛利兵達は愕然とする。

次々と幟が立てられようとしているではないか。ホラ貝も鐘も太鼓も、はためく幟も、もちろん、官兵衛があらかじめ入れておいた農民たちの仕業だ。毛利兵たちは、ここに及んで、まださらに後詰めの兵力が温存されていると、恐怖を増幅させ、遂には潰走する。

後代に言う「英賀合戦」。知略だけでなく、白兵戦における強さ。勝機をつかむための軍師・官兵衛が持ち合わせた天性の勘を、まざまざと見せられる合戦だ。
合戦の次第について報告を受けた信長は、官兵衛の戦いぶりを賞賛する書状を残している。

スポンサーリンク

敵は本願寺にあり!

この戦いの舞台となった英賀は、愛媛の大名河野氏の支族である三木氏が領主だったが、実は真の支配者は、一向宗だった。

英賀御堂(あがみどう)という一向宗の寺院が中心となった自由都市を形成していたのだ。

信長と大坂の本願寺(一向宗の本山)が対立し出したのは、英賀の戦いの7年前の1570年(元亀元年)から。本願寺は包囲されて孤立無援の状況に陥り、頼みは中国の毛利だった。毛利が本願寺を支援する過程のなかで、途中にある一向宗の拠点を毛利が確保するために仕掛けたのが英賀の合戦というのが真相の一つであろう。

城址公園に復元された英賀城石塁

城址公園に復元された英賀城石塁

姫路市飾磨区英賀の英賀城本丸跡碑

姫路市飾磨区英賀の英賀城本丸跡碑

英賀神社

FrcoDon・記・写真

スポンサーリンク

*1 黒田家譜では天正4年としているが実際は天正5年だった(「萩藩閥閲録」)
参考
『黒田家譜』
渡辺大門『誰も書かなかった黒田官兵衛の謎』(中経出版)
参照HP「英賀神社」公式HP

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.