日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

1年間ありがとうございました(霜月けい)

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

こんな「軍師官兵衛」はイヤだ!NHK大河ドラマ 7つの悪夢的予想

更新日:

 年末年始となると、今年の大河も終わって来年の大河が気になるところ。来年こそおもしろい大河ドラマが見たい!と願うのは歴史ファンならば誰でも思うことではないでしょうか。

 そこで例年の反省点を振り返りつつ、1月5日から始まる、こんな『軍師官兵衛』は嫌だ!と思う点を並べて厄落としとしたいと思います。

絵がうごく!こんな○○は××だ! [DVD]

 

目次

  1. 一人の妻を愛し尽くしたことがメーンテーマの「恋愛」大河ドラマ
  2. 官兵衛がウルトラマン並みに正義の味方すぎる
  3. ジャーニーズで予算がなくなったので合戦シーンはナレーション
  4. あまちゃんビッグバンドによる感動シーンや説得シーン専用のBGM
  5. 清盛の悪夢の再来 画面がPM2.5まみれ
  6. いつまで経ってもなんてたってアイドル~ アンチエイジングしすぎな女優陣
  7. 最後にお願い 視聴率よりも大事なものがある…そう、クオリティ

その1 一人の妻を愛し尽くしたことがメーンテーマの「恋愛」大河ドラマ

 妻を愛することは素晴らしいことです。官兵衛がお光とうっとり見つめ合ったからといって、即座に「リア充爆発しろ!」と叫ぶほど了見の狭いことをしたいわけではありません。

 しかし、だからといって政略結婚が悪で恋愛結婚こそ正義と強調するあまり、トーストをくわえて走ってくる主人公とぶつかる美少女的な演出はやめていただきたい。いやいや戦国時代にそれは流石にない……とは思いたいところです。

 往来の真ん中で暴れ馬をなだめるおてんば娘、あるいは道ばたで苦しむ病人に施しをする心やさしい娘に、官兵衛がきゅんきゅんして告白して結婚。そんなパターンはありえないとは言い切れないのがつらいところです。そんなものは、別にいりません。政略結婚だっていいんです、結婚してから愛をはぐくんだって悪いことではありません。

 官兵衛が側室を持たなかったことを強調し、側室=悪とすりこむのもやめていただきたいところ。当時の通念を無視してまでの純愛強調はいりません。

 

スポンサーリンク

 その2 官兵衛がウルトラマン並みに正義の味方すぎる

 主人公が毎週悪の限りを尽くし、乱取り上等、生首磔どんとこい!いくらなんでもそんなに血腥い大河を見たいわけではありません。とはいえ、時に非常な策をも出した清濁併せのむ野心あふれた姿こそ、官兵衛の魅力のはずです。「心清らかだから」「側室がなく正室ひとすじだから」官兵衛が好き派もいないわけではないでしょうが、少数派でしょう。

 ですから「官兵衛を悪人にしすぎてはいけない!」と余計な心配をして、干し殺しを「武器で人を殺さないための人道的手段だった」などという曲解はしないでいただきたいものです。

スポンサーリンク

その3 ジャーニーズで予算がなくなったので合戦シーンはナレーション

 いや、わかってはいるんです。限られた予算の中で、合戦シーンに潤沢な予算をつぎこむことは土台無理だということくらいわかっています。合戦シーンで視聴率があがるとも限らないということだって知っています!

 しかし、だからといって出陣風景→ナレーション無双→勝ちどきエイエイオー!を連発するのだけは勘弁してください。前半に予算をあらかたつぎこんで、関ヶ原をアバンですませるとか、そういうのも出来ればなしの方向でお願いします!『葵』をある程度使い回したっていいですから。

[no title] - 無料写真検索fotoq
photo by mak1co

その4 あまちゃんビッグバンドによる感動シーンや説得シーン専用のBGM

 大河ドラマのBGMが重厚で、場面を盛り上げることを否定するわけではありません。むしろメインテーマや、ここぞという時はダイナミックに鳴り響いていてよいと思います。

 問題は、特に中身がない台詞やどうでもいい場面に、やたらと重々しいBGMを流して「ハイ、ここ盛り上がるところ!」「この音楽が流れたらともかく泣けます」「このテーマが流れているのは官兵衛の説得シーンですよ」みたいな、強引なBGMによる演出はもううんざりなのです。

あまさん

 

その5 清盛の悪夢の再来 画面がPM2.5まみれ

 今年は兵庫県が舞台ですが、2年前の同じ兵庫県舞台に大河ドラマで、県知事からもの言いがついたことをご記憶の方も多いかとは思います。

 あの言い分事態はちょっとどうかと思いましたが、暗い証明や色味を調整しすぎた画像、コーンスターチがもうもうと舞い上がる映像を、45分見続けるのはなかなか疲れるものです。コンセプトが「美しい戦国」である以上、杞憂であるとは思いますが、クリアな映像であった欲しいものです。

beijing smog - 無料写真検索fotoq
photo by peter barwick

 その6 いつまで経ってもなんてたってアイドル~ アンチエイジングしすぎな女優陣

 最近の大河ドラマ、特に女優さんでその傾向が強いのですが、いくつになっても老けない人物がいます。確かに美しい女優さんを楽しみたい気持ちはありますが、それにしたって若々しいというのにも限度があります。年相応の年輪を重ねて、目尻に皺が寄った官兵衛だってきっと素敵だと思いますよ。

 

 最後にお願い 視聴率よりも大事なものがある…そう、クオリティ

絵・富永商太

絵・富永商太

 時代劇や重たいドラマが避けられる傾向の中、大河ドラマの視聴率が以前ほど高くならないのも、時代の流れであるといえるでしょう。しかしそうはいえど、大河ドラマはNHKの看板コンテンツ。視聴率が少しでも下がれば、ろくに中身を見たとも思えない歴史知識があるとも思えないライターまでもが、ここぞとばかりに食いついて文句を言い始めます。

 視聴率をあげようといろいろな対策を取る大河もありますが、中途半端なテコ入れは視聴率アップどころかかえってクオリティ、視聴率両方を下げてしまうことも往々にしてあります。視聴率を気にしすぎて余計な改悪をするよりも、ともかく納得のいくおもしろいドラマを作ることに、全力をあげてください!

八重の桜、前半べた褒め・後半落としまくりライター・記

スポンサーリンク

武将ジャパンが制作したマンガ版「軍師・黒田官兵衛」のダイジェストを無料公開中です。官兵衛の歴史がざっとまとまっています!

官兵衛カラー

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.