日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

黒田家の定紋「藤巴」、ちょっとシンプル

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

【軍師・黒田官兵衛百物語23話】衝撃!黒田の家紋「藤巴」は有岡城幽閉と関係なしだった!

更新日:

官兵衛の有岡城幽閉の話しになると、必ずと言っていいほど語られるのが、黒田氏の定紋「藤巴」のこと。(定紋=じょうもん、家々で定まっている正式の紋のこと)

藤のツルが伸びて「いきろ~」と言ったはウソ

荒木村重によって、有岡城落城までの約一年間、放り込まれていた、陽も差し込まない暗い土牢の中に、ある日、一本の藤弦が延びて来たのに、官兵衛が生きる希望を得たということから、藤を象る「藤巴」を黒田の定紋にしたという話しです。
NHK大河でも岡田准一・官兵衛が、茫洋とした意識の中で、土牢の先にぼんやりと、延びたきた弦の先に開く藤の花を見るシーンが設けられていました、が。
ところが、これが、全くの俗説。
よーし、出たら藤の家紋にしよう

よーし、出たら藤の家紋にしよう

スポンサーリンク

仕官したときに小寺姓とともにもらった→偉くなったら使わない

事実は黒田家が小寺家に仕官した時に、小寺の姓と合わせて下賜されたものなのです。小寺氏の定紋は「橘藤巴」でしたが家臣としての遠慮から中央に配された橘をのぞいた「藤巴」を使うことにしたのでした。
小寺家の定紋「藤巴」

小寺家の定紋「橘藤巴」

黒田家の定紋「藤巴」、ちょっとシンプル

黒田家の定紋「藤巴」、ちょっとシンプル

一方で、近世に実際に黒田家が使っていた紋は藤巴ではなく、白餅紋と呼ばれる、単純に円形を描いたもんでした、とさ。 
白餅=城持ちとかけたんだとか
スポンサーリンク

白餅=城持ちとかけたんだとか

がっかりさせてごめんなさいね。
Frco Don・記
 



1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.