日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

「疑心暗鬼です」(霜月けい・絵)

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

【軍師・黒田官兵衛百物語24話】有岡城幽閉の官兵衛を一番に疑ったのは…秀吉さん、あなたでしょ!

更新日:

前回「衝撃!黒田の家紋「藤巴」は有岡城幽閉と関係なしだった!」は←こちら

NHK大河の竹中直人・秀吉は、反逆者の砦と化した、荒木村重の有岡城へと乗り込んだまま、戻らない官兵衛のことを主・信長が疑うのに、必死の形相で、弁護するのでした。

「疑心暗鬼です」(霜月けい・絵)

「疑心暗鬼です」(霜月けい・絵)

ところが、事実はというと、秀吉が一番に官兵衛を疑っていたのです。

官兵衛の消息が気遣われるなか、黒田一門は、隠居していた官兵衛父・職隆の元に結束し、揺らぐことなく信長・秀吉に仕えることを決します。

この間の、黒田一門の動きについて秀吉は「無二の御心底感じ入り申し候」と、官兵衛 の叔父・小寺休夢を介して感状を発しています。

感状が休夢を介して発されたのは、この時期、休夢が秀吉直臣だったからなのですが、この感状中に、秀吉は官兵衛への気遣いを一切見せていません。職隆を柱に一門が変らずに味方でいることについて、ただただ、感謝するのみの文面になっているのです。

官兵衛への疑いがなければ、「官兵衛に限って間違いはない」「とにかく助け出さねば」などの文言が素直にあって当たり前です。

このことについて静岡大学名誉教授の小和田哲男さんは、その評伝「黒田如水」の中で「秀吉は如水(官兵衛)」を疑っていたようだ、と語っています。

司馬遼太郎翁も小説「播磨灘物語」のなか で「たとえば、官兵衛が居なくなっても異心をもたぬというのは祝着、という意味のことを書いている。秀吉が、このようにあいまいである以上、信長が官兵衛を疑ったのも無理はないだろう」と述べています。

戦国史の泰斗たる学者さんと、歴史小説家の大御所お二人が揃って秀吉を断罪するところです。

ちょつと白々しい、竹中・秀吉でした。

Frco Don・記

スポンサーリンク

つづきは「【軍師・黒田官兵衛百物語25話】幽閉中に約束した牢番の息子が「大名」に!」




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.