日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

いつきちゃん…

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

【軍師黒田官兵衛百物語27話】松寿(長政)を人質に差し出しは中間管理職を飛ばしたい官兵衛の意志か

更新日:

 

前回はコチラ

有岡城に入ったまま帰還しない官兵衛を疑った織田信長は、人質として預かっていた官兵衛長男の松寿、のちの長政を斬れと秀吉に命じますが、竹中半兵衛が機転を利かして匿っていました。

 

半兵衛が松寿を匿った菩提山城麓にある竹中氏陣屋跡(岐阜県垂井町)

半兵衛が松寿を匿った菩提山城麓にある竹中氏陣屋跡(岐阜県垂井町)

竹中半兵衛の機転のおかげで、官兵衛生還後には、松寿も無事に姫路へともどることになります。信長への人質については、本来、官兵衛の主・小寺政職の子・氏職が出されるのが全うなところだが、氏職が病弱、あるいは薄弱だった、などのことから代って官兵衛の子・松寿が出されることになったと言われています。

この小寺家からの織田家にむけての人質の問題について少し想像を巡らせてみると、官兵衛は、はじめから子の松寿を出そうと考えていたのではないか、あるいは、また、主の政職が氏職を出すことを渋るのをいいことに、さっさと松寿を信長に差し出したのではないかと思われるふしがあります。

信長への人質にわが子を出せば、信長と官兵衛の関係は、主・政職を介す事なく直接のものになりとも言えます。信長との関わりにおいて主・政職に配慮することが不要になるわけです。

そのことは、黒田一門は、いつまで小寺家の家臣だったのだろうかと云う疑問とも相まって、興味深い話です。
次回には、そのことについて物語させて頂きます。

めんどくさい主を飛ばしたかった?(霜月けい・絵)

めんどくさい主を飛ばしたかった?(霜月けい・絵)

 

Frco Don・記

スポンサーリンク

この話しの後半はこちら




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.