日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

鳥取城包囲戦(小和田哲男「黒田如水」に加筆)

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

【軍師・黒田官兵衛百物語33話】鳥取城攻めで見せたホントは怖い官兵衛の策略

更新日:

前回はこちら

三木城を落とした秀吉は播磨の北にある因幡(鳥取県)へ進出。天正9年(1581)7月12日未明、秀吉や官兵衛は因幡の鳥取城を囲みます。

下克上して籠城した家老たち

実は、前年に城主・山名豊国に対して因幡一国を安堵するなどの条件を示し帰順勧告を行うと、豊国は話しに乗ってきました。

ところが、家老の中村春続と森下道誉の二人が豊国を追い出し、鳥取城に篭城するという、珍しい事態に話は展開します。

年が変わり、天正9年となり3月には、春続と道誉の要請に応える形で、毛利方の吉川元春の一族から吉川経家が選ばれ鳥取城主として派遣され、本格的に秀吉軍の進攻に備えることになりま す。

そして、7月に入り、秀吉による攻囲が始まるというわけです。

鳥取城包囲戦(小和田哲男「黒田如水」に加筆)

鳥取城包囲戦(小和田哲男「黒田如水」に加筆)

スポンサーリンク

官兵衛の冷酷な2つの準備

鳥取城への攻撃に入るのを前に、官兵衛は鳥取の飢え(かつえ)殺しなどと俗に呼ばれる、二つの準備を行っています。

一つ目は、山名豊国が鳥取城を追い出されることになる時期あたりから、因幡の米を相場の倍の価格で買い占めてしまいます。高値で買ってもらえるということで、鳥取城に備蓄されていた籠城のための米までも売りに出されたと、にわかに信じがたい話しですが、との話しも伝わっています。

二つ目は、城攻めを前に周辺の村々の百姓を襲い、鳥取城へ逃げ込むように仕向けたことでした。兵糧の備蓄を妨げた上に、鳥取城内の人数を増やし、一層、飢えさせよう というワケです。篭城の人数を増やし、飢えを早めるという手は、後の島津征討戦でも、官兵衛は採っています。

敵に「いきろー」なんて甘いことはよう言わんぞ(絵・富永商太)

敵に「いきろー」なんて甘いことはよう言わんぞ(絵・富永商太)

兵糧が充分でないところに、予想以上の人数を収容することになった鳥取城は、囲まれて2ヶ月後の9月には兵糧が尽きはじめ、戦死者の死肉を喰うという悲惨な状況に追いつめられ、10月25日に吉川経家が自刃し落城します。

スポンサーリンク

4年前にも残虐な軍師ぶり

村木の有岡城に幽閉されたから人が変わったというわけではありません。

鳥取城の4年前(幽閉前)の天正5年(1577)11月の末にかけて官兵衛は秀吉軍を指揮して播磨と備前の国境の毛利方の上月城(兵庫県佐用郡佐用町上月)を攻めました。

包囲後十日で城内に裏切りが起こり、討ち取った城主・赤松政範の首を上げ、城内から降伏を願う使者が来ましたが、秀吉と官兵衛は許すことなく、城内の兵はもちろん、女子供まで二百人あまりを皆殺しにしました。

官兵衛は戦を行う上で、敵もふくめて、できるだけ命を救うように心がけていたとよく言われますが、この上月城攻めを見るように、大量殺戮をも普通にやっています。

6年後にも女子供へも苛烈な処分

後の天正14年(1586)の秀吉の九州征討戦での豊前・宇留津城攻めでは、女子供を含めて千人以上の首を刎ねるということを命じています。やはり同じ豊前でのことですが、土地の国人衆、宇都宮一族を、息子の長政と謀って、騙し討ちにした話も有名です。

たおした敵将の位に応じて、陣中に用意した銀子を、その場ではずむから、上げた首をもって来いと告げ、兵の士気を煽っていたという、官兵衛の軍に従軍していた宣教師の報告もあります。

官兵衛も必要に応じて、普通に大量虐殺にも騙し討ちにも手を染めていたのです。

Frco Don・記

スポンサーリンク

管理職(大名)はつらいよ!鳥取城を落とす前に四国へ転戦へつづく




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.