日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

【軍師・黒田官兵衛百物語42話】信長の「宗教弾圧」は理不尽?それとも合理的?

更新日:

猶子とした宇喜多直家の兵二万を先鋒に、天正10年(1582)3月に秀吉は備前から備中へと進攻を開始します。
天正3年(1575)7月に官兵衛が織田信長に会い、毛利氏征討のための中国侵攻を誘って以来、いよいよ、毛利本領の奥深くへと迫っていくわけです。

秀吉を備中へと派遣する間、信長は官兵衛との初会見の年に長篠で撃破し、敗走させたまま、放っておいた武田勝頼を、甲斐に攻め滅ぼしてしまいます。

この武田攻めに際して、信長の旧敵だった六角義治が禅僧・快川紹喜によって甲斐・恵林寺に匿われていることが 信長の知るところになります。信長は、即刻、息子の織田信忠をやり、義治の引渡しを要求させますが、紹喜は拒否します。

結局、恵林寺は火を掛けられ、紹喜を初め寺僧は皆殺しの目に遭います。
先回のNHK大河の官兵衛では、紹喜が「心頭滅却すれば火もまた涼し」という語を残しながら、信忠の兵による劫火に包まれ死んで行く場面が描かれていました。

その姿は、いかにも悟りを開いた禅僧とした作られていましたが、紹喜は武田氏の外交僧を勤めた人で、言って見れば俗界のこにも手を染めていたのでした。

いかにも理不尽に焼き殺された様の紹喜なのですが、実は、因果に対する当然の報いとしての最期だったとも言えます。

よく知られたいるように信長は、元亀2年(1571)には比叡山焼き討ちし、天正2年(1574)には伊勢長島の一向宗門徒を皆殺しの目にあわせています。

信長の仏門に対するこうした苛烈な姿勢は、平清盛時代から求められてきた、武家政権側からの政教分離を確立する為の、狂乱の行為であったとも見ることもできます。

信仰と云う厄介なしろものを背景にして、世の中のことに膠着してくる仏徒を成仏させ、仏界に閉じ込めてしまうための信長の儀式には、阿鼻叫喚を誘う劫火に映る殺戮を欠かせなかったのでした。

二日目の午後
比叡山から琵琶湖を見下ろす写真 posted by (C)kontenten

スポンサーリンク

Frco Don・記
前回はこちら
つづく




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.