日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

三成との暗闘の最中に水屋に貼った「利休流」の三ヶ条【軍師黒田官兵衛百物語80話】

更新日:

 

10月12日に放送された大河ドラマ軍師官兵衛「男たちの覚悟」で、やがて秀吉から賜死がある、つまり、切腹を命じられることを予測し、静かに受け入れることを決めている利休が、官兵衛へ最後の茶を点てるのに、茶の湯の神髄と伝えて進ぜましょうという意味のことを口にする場面がありました。伊武雅人演じる利休が茶筅(せん)を手にし、そそと茶碗向うと、同時にナレーションで茶を点てる上での心構えが流れます。

左から時計回りに、それぞれの決断をした三成、秀吉、官兵衛、利休(絵・霜月けい)

左から時計回りに、それぞれの決断をした三成、秀吉、官兵衛、利休(絵・霜月けい)

その内容は、

一 茶引候事 いかにも静二廻し 油断なくとゞこほらぬ様に引可申事
一 茶碗己下あかづき不申候様に度々洗可申事
一 釜之湯一ひしゃ く汲取候ハゝ 又水ひしゃくさし候て まとひ置可 申候 つかひ捨て のみ捨てに仕間敷候事

と、大変、素朴な三ヶ状でした。

この茶の湯の心構えは、実は、黒田家譜第十五巻「如水遺事」に、官兵衛が茶の湯の心得を三ヶ条にまとめ「定」として「如水茶堂の水屋に法度書をはりおかる」とある、慶長四年(1599)正月の日付が入った「お茶道の記」と呼ばれているものです。

三つの掟の後に「右我流にてはなく 利休流にて候間」と言葉を加え官兵衛は、決して官兵衛の我流でははなく、利休流の訓えなのだと断っています。その利休流として官兵衛が後代に伝えようとして水屋に貼っていたという、茶の心がけを利休自身の言葉として語らせたのにはなかなか上手い処理をしたものだな、と大河に感心しました。

慶長四年(1599)正月といえば、前年に秀吉の死によりにわかに遠征を終え朝鮮から撤退した後、急ぎ長政とともに上洛した直後のことです。翌年の関ヶ原の合戦への前哨戦となる洛中での石田三成ら、いわゆる豊臣奉行衆を相手にした暗澹とした政争の火中でした。

写真は、島津征討戦に合わせて九州へ下向した秀吉が宿所に使っ た博多箱崎浜の恵向院灯籠堂

写真は、島津征討戦に合わせて九州へ下向した秀吉が宿所に使っ た博多箱崎浜の恵向院灯籠堂

暗澹たる死闘の中に在って、利休の心にふれることで官兵衛は安らいだのだろうと想像されます。
なお、千宗室氏ら監修の利休大事典によれば官兵衛の「お茶道の記」にあるそれが「利休流」なる語の初出だということです。

スポンサーリンク

Frco Don・記
つづく




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.