日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

吉田松陰と松下村塾

下関の攘夷戦で長州藩は大敗 射程の長いアームストロング砲に為す術なし 【吉田松陰と松下村塾百物語16話】

更新日:

 

攘夷決行期限当日の文久三年5月10日夕方。下関の対岸、小倉藩領内の門司田野浦港に、上海行きの米国蒸気商船・ベングローブが入港しました。

小倉藩が小舟を出して入港の目的を質すと、「日没が迫り入港した。明朝には出港する」との応えを得ます。

そして翌日未明、午前二時頃。田野浦港口に停泊するベングローブへ、長州艦艇のうち庚申丸、癸亥丸の二艦が近づくと砲撃を開始しました。

攘夷決行の歴史的初弾を受けることになった不運なベングローブ号は、急ぎ機関の火を熾すと応戦しつつ田野浦を脱出。下関側砲台からもくり出 されてくる砲弾をかわしつつ周防灘へと去ります。

火力の搭載を最低限にする商船に対して不意打ちをかけ、追い払ったに過ぎないベングローブへの攻撃の成果に、長州藩では一大決戦に大勝利を得たかのごとくに意気が上がったといいます。朝廷からは褒賞の意を伝える褒勅が発せらました。

 

23日には フランスの蒸気商船キャンシャンが本州側から海峡へと入ってきます。長州各砲台は一斉に火を噴きますが、キャンシャンは船足速く九州側へと海峡を出ていきます。

つづく26日、オランダ軍艦メデューサが九州側から現れて海峡に入ると、長州側から31発の砲弾が連射され、17発が命中。戦死者4名のほかに、オランダ総領事や多数の乗員が負傷します。

反撃に転じたメデューサは癸亥丸のマストを撃破すると、下関街頭の亀山八幡宮、専念寺にも着弾させこれを破壊。町や四棟を焼くと本州側へと姿を消します。約一時間半ほどの交戦だったようです。

月が変わった6月1日。米国軍艦ワイオミングが本州側から海峡へ入り、小倉藩領沿いに長州側砲台の射程距離外を遊弋(ゆうよく)。下関側各砲台と庚申丸・壬戌丸の追尾による砲撃に対し て、その能力をしばらく測った後に応撃を開始。両艦を沈め本州側に去ります。

 

5日。長州藩への報復を目的に仏軍艦ニ隻(セラミスとタンクレード)が田野浦沖に投錨。艦隊から小倉藩側に使者が発ち田野浦の番所に在番していた藩士に対して、長州側へ砲撃を行う予定だが小倉藩への攻撃は行わない旨が伝えられます。

セラミスは35門の砲を備える巨艦で、両艦の砲門数は、長州と長州支藩長府藩が用意した砲門数をしのでいました。

両艦が砲撃を始めると間もなく壇ノ浦・前田の砲台は、ことごとく破壊され市街地では火災が発生。艦隊は陸戦隊を上陸させて長州兵と交戦、撃破したのちに市街地を焼き払い撤収、周防灘へ去ります。

長州藩は完膚なきまでに 叩きのめされました。

敗因は、砲門数で劣ること以上に、欧米列強の艦艇が射程距離4000~5000mに達していたからです。彼らは、砲丸の頭部が尖った施条弾を使うアームストロング砲、ナポレオン砲、パロット砲を搭載していたのに対して、長州藩の砲は円形の滑空弾を使用する旧態のもので射程距離は2000~3000m程度でした。

その上、施条弾による砲撃は命中精度も格段にあがっていたのです。

 

スポンサーリンク

FrcoDon・記

第三次攘夷戦図

第三次攘夷戦図 下関市立長府博物館蔵。中央にオランダ軍艦メデューサ号が描かれている。同艦副官J.J.ド.ハートによるもの

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-吉田松陰と松下村塾

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.