日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

大河ドラマ他

加賀藩の包丁侍が加賀騒動を切り刻む!映画「武士の献立」のネタバレレビュー

投稿日:

此度はお台所が戦場ぞ!
毎度!ご無沙汰しております、ロボット慶次で御座います。

今回取り上げる作品は
『武士の献立』。

舞台は江戸時代、『加賀騒動』と『包丁侍』を軸にした作品となっている。
加賀藩と言うと皆さん、前田利家を思い出されると思いますが、利家亡き後、御家はどうなったか気になると思いませんか?
そして包丁侍とは?
江戸時代の大名はどのような食事をしていたのか?

大名に仕える武士の料理人「包丁侍」

江戸時代、将軍・大名家には台所御用を勤める武士の料理人達がいた。
刀を包丁に持ち代え、日々の食事を賄う侍達を人々は揶揄と親しみを込めて
『包丁侍』と呼んだ。

加賀6代藩主、前田吉徳。
100万石の名を欲しいままのこの藩も、ご多分に漏れず、贅沢三昧を極め、財政は逼迫していた。
ロボット慶次と称する某としては、この時点で水風呂を馳走してやりたい気持ちで一杯だ。

K-naviより引用

吉徳とその側近、大槻伝蔵は藩政改革に望み、財政建て直しを図っていた。
しかし、大槻は足軽の三男、しかも還俗した身。
旧派閥派は快く思っていない。
そんなありがちな背景を元に話が進んでいく。

スポンサーリンク

主人公は上戸彩は江戸の料亭の娘から加賀藩奉公

主人公、春(上戸彩)は浅草料亭の娘として産まれ、12の歳になると加賀藩江戸屋敷側室お貞(てい)の方(夏川結衣)の元へ見習奉公に出ていた。
お風邪を召されたのか、床に伏しているお貞に、甲斐甲斐しく粥を作る春。
大根を刻む手捌き、炊いた飯を水でさらし、外連味のない動作で調理していく。
粥をお貞に誉められる春。
幼さの残る春の子供らしい笑顔とそれを微笑ましく見守るお貞はまるで本物の親子にも見える。

それから15年後、加賀藩にて能見物する吉徳とお貞、家臣一同。
お貞の傍らには春の姿も見える。
丁度昼時なのか、お重に詰められた料理はまだ閉じられている。
すかさず腹が鳴る春。
お貞は春に料理をすすめ、遠慮なく頂こうとする春をお貞の側近、浜路(ふせえり)にたしなめられる。
前年、嫁入りしたのを出戻った春を苦々しくも思っていたのだろう。

スポンサーリンク

天才?料理人西田敏行に食通ぶりを絶賛され嫁入り

そこへ台所御用役、舟木伝内包早(ふなきでんないかねはや)(西田敏行)が現れ、殿に一杯の汁を持ってくる。
「うむ。鶴か。旨いな。」
「実はこれは鶴モドキで御座います。」
そこで殿も、この中に鶴モドキの正体が分かるものはおるか?と伝内の趣向に乗り気になる。
多数の家臣が答えるが、伝内は首を縦に振るどころか、少し笑みも見られる。
誰にも分からないだろうと自信があったのだうが、春にレシピをピタリと言い当てられ、唖然とする伝内。

するとどうでしょう、伝内から『是非、息子の嫁に来てもらえないだろうか。』と春に縁談が持ち込まれた。
昨年、出戻った件もあり、春は断りを入れる。

暫くすると台所で用事をしている春のところに伝内が訪れ、市で見慣れない青菜を手に入れたが、これが何か分からないか?と春に教えてもらいに来たのである。
「これは明日葉(あしたば)ですね。今夜摘んでも明日には葉が出ていることから名付けられました。八丈島の物なので江戸には滅多に出回りません。」と即答。
ちなみに、現在、明日葉は某の地元、伊豆地区にも自生しており、よく天麩羅にしたり、お浸しにしたりして頂いている。

春もその様に調理し、伝内に味見してもらう。
舌だけでなく料理の腕も確かなもの、流石、我が家の嫁にと見込んだというが、春は困惑しながら断った旨を告げる。
伝内、承知しておりますと話題を何処で料理を習ったのかに切り替え、浅草料亭で育ち、いつの間にかと答える春。
しかし、伝内も知っていたが、その店は火災にあって焼失していた。

奉公に出ていた春だけが生き残ってしまった事実を知った伝内、お悔やみと苦労した旨を告げると共に、自身も長男を亡くした事を話す。
父と同じく台所御用役だった長男は流行病で亡くなり、次男・安信(高良健吾)が役と家を引き継ぐ事になった、と事情説明。
お互い家族を失ったもの同士の時間が流れる。
その時間を払拭したいのか、伝内、汁を一口。

『旨い。やはり安信には、舟木家には春殿が必要だ。頼む!』

と、お武家様に土下座され、どうにもこうにも断りきれなくなった春。
こうして舟木家に嫁入りが決まってしまったのであった。

ツンデレの夫・安信は年上の女房に不満?

加賀藩金沢城下、剣術道場・養心館。
舟木安信(高良健吾)と師範・今井定之進(柄本祐)は木刀を交え、稽古にいそしんでいた。
ほぼ互角の腕前に見える。
そこへ今井の妻佐代(鳴海璃子)が果物を持って現れ、休憩となる。
縁側で八朔らしいものを食べながら定之進より、
「そういえば江戸からの嫁は今日来るのではないのか?」
と聞かれた安信、
「母上がいるからいいだろう。」
と素っ気ない様子。

何もかも自分で決められない事に苛立ちを抱えているのか?
春は安信の4歳年上、しかも出戻り、それに加え、幼少の頃より包丁侍とからかわれ、それを跳ね返すかの様に剣術に磨きをかけて来た。
それを長男の病死が阻んでしまった。
安信としては剣の道一筋、それでどこぞのよいところに婿入りするのが当てがはずれ、しかも嫁迄自分で決める事が出来ず、軽蔑すらする包丁侍の道に進まなければならないという、何もかも思いどおりにいかない人生に嫌気が指しているのが見てとれる。

舟木家に場面は移り、江戸から加賀までの遠い道程、少しやつれて見える春。
伝内の妻・満(余貴美子)は思ったことをづけづけという感じの人であるのか、春を戻り鰹に例えてそれを有り難がる人もいる、と言うので春はお辞儀をしながら不快そうな顔。
なんかこれだけ見るとこれから嫁姑戦争勃発か?と想像してしまう。

が、夜になり仮祝言が執り行われる。
改めて挨拶する安信、
「夏殿…」
いきなり嫁の名前を間違え、
「春でございます。」
安信、やはり自分の思いどおりにならず、不満があるが嫁にいたわりの言葉をかける。
案外、優しいところもあるようだ。

次の日、朝から食事の支度に勤しむ春。
女中から止められるが、この為に来たのだと張り切る春。

一方、安信は城にて台所仕事。
同僚に妻の事を聞かれるが、
「女なんて芋と同じだ。一皮むけば加賀も江戸もかわらん。」

そこへ上役、景山(宮川一朗太)が現れ里芋の見映えの悪さを指摘する。
形も大きさもバラバラだ。
確かに安信の手際は悪し、腕前は大した事はない。
やる気の問題であろう、全くお役目に身が入ってない。
剣に未練タラタラと言ったところか。

スポンサーリンク

その頃、舟木家に佐代が訪れ、婚礼の祝いを持参していた。
春もその場に同席している。
満が、思わず
「佐代殿から安信に婚礼の祝いを貰うとは、縁は異なものじゃ。」と言ってしまい、佐代に目配せされ、ハッと気づき装う満。
安信と佐代には何かしらあったのか、と春も感づいたかもしれない。

次ページ「うまい料理は人を笑顔に、まずい料理は人を…」につづく

次のページへ >




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-大河ドラマ他

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.