日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

先週は結婚、即単身赴任が決まった二人ですが(絵・霜月けい)

スポンサーリンク

花燃ゆレビュー

花燃ゆ視聴率速報!第12話「戻れないふたり」は 0.8ポイントダウンの13.2%

更新日:

大河ドラマ「花燃ゆ」3月22日放送の第12話「戻れないふたり」は 0.8ポイントダウンの13.2%でした。主人公文の最初の結婚式からはじまりけんかばかりしてすぐに単身赴任というなかなかアグレッシブな展開でしたが、視聴率はボチボチでした。

ただ、視聴率的に問題は次回(3月29日放送)の第13話です。なぜか?
13日の金曜日、13階段など、不吉な数字である第13話はどういうわけか近年の大河ドラマで鬼門の回なのです。
昨年(2014年)の軍師官兵衛は13回で2.9ポイントダウンの12.9%と過去最低を記録していました。
2012年の平清盛も13回で過去最低の11.3%。
2011年の江も13回で過去最低(15.7%)。

なお、2013年(一昨年)の八重の桜は13回こそ平穏でしたがそこで隙がでたのか14回で過去最低の11.7%を記録しています。

過去4年で、13回に過去最低を記録する確率は実に75%、13回と14回を含めると100%という、NHK会長が国会で証人喚問されるのではというぐらい恐ろしい回なのです。

果たしておにぎりパワーでこのジンクスを破れるのか期待がかかりますね。

第13話の視聴率はこちら!

平均視聴率13.7%

花燃ゆ1話 16.7%
2話 13.3%
3話 15.8%
4話 14.4%
5話 12.8%
6話 13.3%
7話 11.6%
8話 13.0%
9話 12.9%
10話 12.7%
11話 14.0%
12話 13.2%
官兵衛平均 15.8%

◇第12話のレビューはこちら

スポンサーリンク

◇3月29日放送の第13話「コレラと爆弾」のレビューはこちら




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-花燃ゆレビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.