日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

おんな城主直虎レビュー

『おんな城主 直虎』感想レビュー第6回「初恋の別れ道」 甘いロマンチックの中に一匙の腹黒さ

更新日:

 

こんばんは、武者震之助です。
序盤の二月に主人公のその後の人生を左右する初恋を扱うのは定番といえます。
しかし今年の場合、苦い結末となるのは確定しているわけです。昨年のきりに続き、二年連続「愛する人と結ばれなくても、その人生を見守ること」を選ぶ今年のヒロイン。さて、苦渋の決断はどう下されるのでしょうか。

 

今川に確認の必要などない!と強がる直平に対し左馬助は……

十年ぶりに井伊谷に期間した亀之丞は、元服の後には還俗した次郎を妻にすると宣言。
亀之丞は元服して肥後守直親になります。
井伊直親本人の凛々しさもむろんのこと、この希望の星の帰還と成長に喜ぶ井伊家の面々を見ていると、切なくなってきます。

今までは井伊直政の父で短命という認識しかなかった人も多いと思います。
しかし今年改めて、井伊直親には波乱万丈の人生があり、周囲の人々や領民から愛され、前途ある若者だったとわかるわけです。その後の運命を思うと、四百年前の人物なのに気の毒だなあと思えてきてしまいます。

さて、懸案となった次郎(井伊直虎)の還俗です。直親も次郎も、その周囲もすぐにでもそうしたいのはやまやまなのですが、そう簡単にはいきそうにありません。
まっすぐな気持ちを次郎にぶつけてくる直親、それに応じられず戸惑う次郎。二人は直親の父・井伊直満の粗末な墓を参拝します。
このあまりに粗末な土饅頭を見ると、直満が謀反人であり死後十年を経ても今川の目を気にして改葬もできないという、哀しい現実がわかるわけです。次郎はこの場面で、自分の出家は井伊家本領安堵と引き替えであるから、還俗はできないと打ち明けます。謀反人の子である直親の帰参を認めてもらったうえに次郎の還俗を認めてもらうのは難しいと次郎は言います。
直親は何か策を考えると言うものの、井伊家の人は策を考えるのが苦手ですからね。

ここで強引でアバウトな井伊直平は「十年前だし忘れていたとごまかせるだろう!」と言い切るわけですが、今川の目付である新野左馬助は「そんなわけにはいかない」と渋ります。
結局、左馬之助は、今川家の様子を探るために駿府へ行くことに。

 

スポンサーリンク

マウンティング女子会で”痛い女子”扱いされる瀬名

今川家は尾張攻めが絶好調で、兵数が足りないほどです。そのため何かを頼もうとすると引き換えに兵役を課されると、今川家臣から聞かされる左馬之助。これはなかなか厳しそうです。

駿府には瀬名(築山殿)がいます。
女友達と和歌を優雅に詠んでいる瀬名ですが、和やかな集まりというわけでもないようです。

「私も縁談決まりましたの」
「まあまあそれはよろしいこと」
「瀬名様もそろそろ決まるんじゃないですか。再婚相手を探している人いるみたいですし」
優雅なようで、その実態は容赦ないマウンティング女子会でした。今川氏真に強引なアプローチをした挙げ句袖にされた瀬名は、ちょっと痛い女子として見られているようです。

瀬名は「私は急いておりませんので」と捨て台詞を言い残し、その場を去ります。
目線の先には鷹に餌をやる氏真の姿。そしてもう一人、雀に餌をやる竹千代(のちの徳川家康)の姿が。

「鷹をいただけないからって、雀の世話するなんてあんたバカ? 雀なんて人にも懐かないし狩りもできないでしょ! いくら育てても鷹にならないのよ!」
と、理不尽にも竹千代に八つ当たりし、キレる瀬名。
どうやらストレスが溜まっているようです。

ちなみに史実での家康は、人質時代に雀ではなく百舌鳥を育てていたとか。

 

南渓和尚の例え話に対して次郎は何を思う?

話は井伊谷に戻ります。
次郎は村人の噂話から「還俗なんて意外とラクですよね」なんて話をふられて動揺しております。寺に帰った次郎は、自分が井伊家の女(むすめ)でなければ還俗なんて簡単なのにと愚痴ります。

そこに南渓和尚が饅頭と酒瓶を持ってこう例え話を出します。
「昔、超の国の道威(どうい)という王に、中と伯という大臣がいた。ある争いから王はどちらか一人を追い出さねばならなくなった。二人は主君から饅頭を二つもらった。中は主君からもらった饅頭を一つ食べ、もう一つを飢えた子に与えた。伯は一つ食べ、饅頭を取っておいて黴びさせてしまった。王は伯を残すことにした。何故だろうか?」

この答えは保留となったまま、画面が切り替わり直親の姿が映し出されます。
弓術が得意、仕事熱心で領民思い、カリスマもある直親。
小野政次と弟の玄蕃は、そんな彼の噂話をしています。玄蕃は素直に褒めますが、政次は「聖人君子ではあるまいし、苦労を重ねたわけだから、直親は人がいいだけではないだろう、小野一族に何か一物あるのでは?」と推測します。

そこに直親本人が訪問して来ます。
直親は、政次が父の悪評のあおりを受け未婚であることを気にしており、互いに親のことで苦労するものだと慰めます。さらに直親は、これからもよろしく頼むと爽やかな笑顔で声をかけます。父に似て若干屈折してきた、そうならざるをえない政次に対し、直親はまっすぐな人柄のように見えます。

 

「ここはもう、死ぬしかないと思うんだ。死んで一緒になるしかない」

直親は、帰ってきた左馬助と現当主の直盛から、何かを今川に頼むと軍役を課される、直親帰参はともかく次郎還俗を頼むことは難しいという話を聞かされます。
直親は納得し、二度と次郎還俗は持ち出さないと言うのですが、果たして本心はいかに。

千賀も、還俗ができないだろうと次郎を説得し、謝ります。次郎は自分の暴走が出家につながったとわかっていますし、納得するほかありません。千賀は愛娘の犠牲に心を痛めますが、南渓は、あれはあれで僧としての暮らしを楽しんでいるようだと慰めます。

本当に直親はあきらめたのでしょうか。
直親は直平に相談を持ちかけます。直盛には言えなかったそうですが、果たして何でしょうか。

次郎は「直親は何かしら策を考えると言ったけど結局なかったのか……」と井戸の前で立ちすくんでいます。そこへ直親がやって来てこう言います。
「ここはもう、死ぬしかないと思うんだ。死んで一緒になるしかない」
まさかの心中宣言かと思っていたら、
「死を偽装して別人として結婚すればいい」
と斜め上の提案をします。
偽装死のあと、直平の協力で川名の里にほとぼりが冷めるまで隠れることにするとまで決めている直親。実は直平や直満に似て、なかなか無謀なことをしたがる性格です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

直親は「仕方あるまいとあきらめて生きていくのか?」と次郎を焚きつけ、恋愛街道を駆け抜ける宣言をします。押しの一手に次郎も同意し、遺書を用意するところまで話は進みます。
実はヒロインより相手の方がロマンチックで無謀でした。
続きは次ページへ

 

次のページへ >

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-おんな城主直虎レビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.