日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 鎌倉・室町時代 江戸時代

足利義満vs徳川家光! 将軍家を潰す三代目と潰さない三代目、その秘密を発見しました!

更新日:

 

主に性格的な面から、同じ三代目の将軍である足利義満、源実朝や徳川家光を比較してみたいと思います。今回は創業社長さん必見ですよ!

1358年(延文三年)のあす8月22日、足利義満が誕生しました。

おそらく、室町幕府で一番有名な将軍でしょう。
「室町幕府」と呼ばれていたのも、彼が京都の室町という場所に屋敷を建て、そこで政務を行ったから。
初代・尊氏や二代目・義詮(よしあきら)も形無しですね。足利時代にしてやれよと同情しないでもありません。
二人は戦続きでしたので、三代目の義満の代になってやっと腰を落ち着けた感があります。

義満は11歳で将軍になるというとんでもないチートコースを歩みました。小学生ですよ、小学生!
お父さんの義詮が37歳で亡くなってしまったので、急遽跡を継ぐことになったのです。

普通の人ならこの後の惨劇が予想されますが、義満は真逆の功績を残しました。
金閣寺を建てたこと、南北朝に分かれていた天皇家を再び合流させたことなどなど、どれも歴史の授業で必ず出てきますよね。

足利義満/wikipediaより引用

 

「おい、この景色うちの庭にもってこいや」

発想もブッ飛んでいます。
10歳の頃、現在の尼崎あたりに泊まったときのこと。
詳しい場所は不明ですが、とあるところの景色をとても気に入ったそうです。
風景を愛でる10歳児というのもなかなかスゴイですが、義満のブッ飛びぶりはここからです。
少年義満、なんと「ここの眺めが気に入ったから、お前達担いでオレの家まで持って来い!」と言い放ったのだとか。
家臣たちは二重の意味でビックリ仰天。
どこからツッコんでいいのかさえわかりません。
この後どうしたかは記録されていませんが、さすがに説得したんでしょうね。
何はともあれ、尼崎は「何ということをしてくれたのでしょう」という目には遭わずに済んだようです。

「三つ子の魂百まで」といいますが、こんな人なら「お寺を金ぴかにしようぜ!」とか言い出すのも何となくわかる気がします。

(なお、一休さんは1394年生まれで、天皇の息子さんでした)

 

スポンサーリンク

徳川家光と政宗のゴールデンコンビ誕生!

さて、ここで時代を250年ほど後に進めてみましょう。
この時代にも義満とよく似た人がいました。
その名は徳川家光。
皆さんご存知の通り、江戸幕府の三代将軍です。
彼もまたネt……ごほん、逸話に事欠かない人です。
お忍びで城下をほっつき歩いていたとか、家臣の家にしょっちゅう遊びに行って困らせていたとか。
同じくネタの宝庫、もとい独眼竜伊達政宗とは同じ派手好みで気が合ったのか、こんな逸話が残っています。

家光が将軍についてすぐのこと。
江戸城の大広間に諸大名を集め、あいさつをすることになりました。
家光は病弱な質でしたし、まだ若く戦場を知りません。
戦国時代を潜り抜けてきた大名達にとっては、「さーて今度の将軍はどんなヤツだ?」と値踏みする機会でもあったでしょう。
そこで家光は言いました。

「爺様(家康)と父(秀忠)はお前らと一緒に戦に出たこともあるから、友達気分のヤツもいるかもしれない。
 でも、オレは最初から将軍なんだから二人とは違う!オレが主、お前らは臣下だ!
 不満があるヤツは城に帰って戦支度をしろ! オレが相手になってやる!!」

徳川家光/wikipediaより引用

ざわざわ……ざわざわ

このカイジ的な発言に、大名や家臣たちは二重の意味で(ry
ざわめきます。

そのとき、もう一人の声が響き渡りました。

「いやいや上様!上様がわざわざ出る必要などありません! そのような不届き者、僭越ながらこの政宗が代わりに成敗してくれましょう!!」

野心満載で有名な政宗が自らこう言ったことにより、他の大名も家光に従う姿勢を見せたといいます。
もっともこの話、あまりにもできすぎていて信憑性はアヤシイですが。(ただ、怪しい話が政宗の場合は本当だったりするネタ武将なのでもありますが)

政宗が「上様はまだお若くてナメられるだろうから、一芝居打ちましょうw」と家光に勧めた、という説もありますね。
二人の性格からすると、どちらかというとこちらの方がありそうな気もします。

 

スポンサーリンク

厨坊!ダメ!絶対!

こうしてみると、三代めの将軍って派手な人ばかりなんでしょうか。
いやいや、教科書からも忘れられそうなあの人を思い出してあげましょう。
鎌倉幕府の三代将軍・実朝(さねとも)です。

彼は上記の二人とは全く違うタイプ。
武士にしては珍しく、個人の歌集「金塊和歌集」を作っています。
中に収められた和歌は600首以上。
百人一首の中にも「世の中は つねにもがもな なぎさこぐ あまの小舟の 綱手かなしも」という歌が取られています。
選者の藤原定家と実朝が和歌の師弟だったので、その縁もあったのでしょう。

公家のような軟弱だったから、源氏将軍は3代で終わったと言われますよね。
ちなみにこの人が将軍になったのは、12歳。まさかの中学生!

よく「会社の二代目は女性がいい」(保守的なことが男性より得意なことが多いから)と言われますが、三代目はどうなんでしょうねえ。
源実朝と斎藤龍興が教えてくれる歴史の教訓は「中学生(12・13歳)に跡を継がせる」なということですかね。どうせなら小学生のときに譲りましょう。
参考:

スポンサーリンク

http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2006/08/post_0b04.html
http://www.uraken.net/rekishi/reki-jp45.html

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町時代, 江戸時代
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.