日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

武田・上杉家 その日、歴史が動いた

上杉家が大幅減封! 一年で石高120万石→30万石の大ピンチを救ったのは……

更新日:

 

もし、ある日突然「明日からお前の給料1/4な!」と言われたらどうしますか?
どうしようもないですよね。
しかし、江戸時代にそれを乗り切った人たちがいました。

慶長6年(1601年)の8月24日は、上杉家の大幅減封(領地を減らすこと)が決定した日です。(16日説も有力ですが、慶長6年から明和4年までの米沢藩の重大事項を記した年表「米沢春秋」の記述に従います)。

減封の理由はいたって単純で、「徳川家康に逆らったから」。

前年の1600年に起きた関が原の戦いで、石田三成方に勝った家康の戦後処理の一つです。
上杉家は直接、関が原で戦ってはいないものの、東北の関が原とも言われる各地の戦いで徳川と敵対。むしろ引き金を引いたのは、上杉家と言えるため処罰されてしまったのでした。

上杉景勝/wikipediaより引用

 

120万石から15万石へのジャンボ滑り台

この減封の規模がまたスゴイ。
上杉家はそれまで会津を中心とした120万石の領地を持っていましたが、この敗戦でなんと米沢で30万石まで減らされてしまうのです。
現在に例えると社長や役職者の給料が減ったのではなく、会社全体の売り上げが1/4に減るようなもの。
合戦以外でこれほどの危機はないというほどのピンチっぷりです。

さて、ここまでされたらいくらなんでも対策をしなくてはいけません。
経営不振の改善策といえばまずリストラですよね。
お金がないのですから、人員も相当に削減しなければ今度こそ潰れてしまいます。

しかし、当主・景勝はリストラをしませんでした。
敗戦に関しては一番責任を負うべきだった直江兼続でさえ、そのまま家老職に留め置かれています。
兼続の能力でなければ建て直しできないと判断したから、と思えなくもないですが。
リストラに関しては、恐らく謙信以来の「義の精神」が許さなかったのでしょう。
「今苦しいからといって、これまで働いてくれた者を放り出すことなんてできない!」
こんな気持ちだったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

上杉家・米沢藩の受難は続くよ、どこまでも

その後の米沢藩は財政の建て直しに四苦八苦することになります。
他の大名家が飢饉などによって少しずつ財政難に陥っていくのに対し、上杉家は最初から貧乏生活。
イヤな先取りですね。

しかし、上杉家・米沢藩の受難はまだ終わりません。
景勝の孫・三代藩主の綱勝(つなかつ)が25歳という若さで急死してしまうのです。
まだ子供がいなかったので、家臣たちは大慌て。
なぜなら、無嗣断絶(むしだんぜつ=後継者がいなくなること)は藩ごと潰される「お取り潰し」の筆頭要因だったからです。
もし将軍に見つかったら、真っ先に取り潰されるに決まっています。

困り果てた上杉家臣たちは、綱勝の奥さんのお父さん(舅)の保科正之を頼りました。
この人は家光の異母弟で、控えめ・真面目・有能というまるで万能を絵に描いたような人。
あの気性の激しい家光とも仲が良く、信頼されていました。
この頃既に家光は亡くなっていましたが、幼くして四代将軍になった家綱にも頼りにされていました。
正之も娘の嫁ぎ先のため骨を折ってくれ、綱勝の妹の子供を上杉家の養子とすることで、見事お取り潰しの危機を免れます。
ちなみにこの養子になった人は、あの忠臣蔵の悪役・吉良上野介の子供です。
こういう意外なところで繋がるのが歴史の醍醐味ですよね。

話を戻しましょう。
こうして危機を乗り切った……かに見えた上杉家でしたが、やはり無傷ではすみませんでした。
「お前ら危機意識が足りないんじゃないの?家と藩は残すけど、ペナルティな」ということでお咎めをくらい、またまた減封。
このときは30万石から15万石(12万石・18万石とも)まで減らされてしまいました。
景勝時代からすると約1/8~1/10です。
「もうやめて!上杉家のライフは(ry」と言ってあげたくなります。

 

スポンサーリンク

220年ローン完済!

この後も藩主が病弱などの理由で頻繁に変わる・KYな人が藩主になって贅沢をしてしまったがためにますます借金がかさむなど、上杉家はこれでもかというほどのピンチを経験し続けます。
それでもリストラをしないあたりが頑固というかクソ真面目というか、執念というか……。
謙信のカリスマ恐るべし。

そして9代藩主・鷹山が現れ藩政改革を行い、11代斉定(なりさだ)の代にようやく上杉家は借金を完済することができたのでした。
上杉家が米沢に来てから220年ほど後のことです。
2世紀以上かけて借金対策をし続けた上杉家、天晴れ!

ちなみに取りつぶしを免れるために奔走してくれた保科さんとは、なんと隣国の会津藩の初代となるのです。

米沢藩はこのときの恩をずっと持っていて、会津戦争では当初は会津の味方として共に戦いますが、圧倒的な戦力差を一戦(越後での戦い)で知り、みずから「ほかの藩を説得させる」と降伏しました。

「城を枕に討ち死にする」としていた会津藩が開城、降伏したのは、米沢藩の説得があったからです。

【参考】国史大辞典

スポンサーリンク

長月七紀・文




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-武田・上杉家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.