日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 徳川家

松平忠直はなぜ嫌われる? 真田幸村を討ち取った武勲もあるのになぁ

更新日:

 

松平忠直の父ちゃんは結城秀康 一応、家康さんの孫なのに

テンプレは仕事の時には役に立つものですが、人に関する常識となると途端に信憑性がなくなりますよね。
今回はそんな人かもしれない一例をご紹介しましょう。
暴君という話が一人歩きしている感のある、徳川家康の孫・松平忠直の素顔を考察してみたいと思います。

慶安3年(1650年)の9月10日は、忠直さんが飛ばされた大分県で56歳で亡くなった日です。

この人は家康の次男・結城秀康(福井藩祖)の子供で、三代家光の従兄にあたります。
本当なら生まれた順番通りに秀康が二代目の将軍になり、忠直が三代目になる環境ではありました。

松平忠直/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

大坂の陣で大活躍! 真田幸村を討ち取った武勲もある

しかし秀康は若い頃に秀吉の人質になり、さらに関東の結城家へ養子に出ていたので将軍になることができなかったのです。
松平姓は許されたものの、その子供である忠直にも将軍になる権利は与えられませんでした。
これが忠直の性格を歪ませていくことになった……といわれています。

うっぷんが溜まってはいたものの、それでも世の中が落ち着くまでの忠直は徳川一門としてきちんと働いていました。
大坂夏の陣であの真田信繁(幸村)を討ち取ったのも、実は忠直の隊なのです。
大坂城へ一番乗りしたのも忠直でしたし、挙げた首の数は3000以上ともいわれています。
普通なら勲功第一!となるはずですが、その前の冬の陣でヘマをやらかしてしまっていたためか、褒美はなんと茶器一個。

もちろんただの茶器ではなく、「唐物肩衝茶入・銘初花」(からものかたつきちゃいれ・めいはつはな)という中国伝来の名品で、かつては足利義政や織田信長も所有していたほどの逸品。

茶入れの王と呼ばれる大名物。漫画「ひょうげもの」を読んでさえいれば、だれもが認める一国なんかよりも高い価値のものです。

初花肩衝・模造品でしたら通販でも購入できます/石橋静友堂より引用

 

スポンサーリンク

「へうげもの」を読んでおけば人生狂わなかった?

家康としてはこれでなだめたつもりだったのかもしれませんが、忠直にはその価値がわかりませんでした。
「あんだけ働いたのにこれだけなんて、プラマイゼロどころかマイナスじゃねーか!部下に褒美やれねーよあのくそジジイ!!」とキレて、初花を投げつけて割ってしまいます。
家臣が何とか修繕したらしく、この茶器は現存していますが、なんとも痛々しい痕跡が残っています。

これで厨二……いやいや反抗魂に火がついてしまった忠直、次は参勤交代をサボってしまいます。
テンプレが出てくるのはこのあたりからです。

その内容はといえば、妊婦の腹を割いたとか、正室を殺しかけたとか、「それもう聞き飽きたから」と言わざるを得ないような悪行エピソードばかり。
領地だった福井県には「忠直がこの上で妊婦の腹を割かせたんだよ!」と言われている「まな板石」なんてものもあるのですが、それだったらもう少しおどろおどろしい名前がついていてもよさそうなものです。
アステカの祭壇(※ググるな危険)じゃあるまいし。

正室の話にしてもとてつもなく胡散臭いものです。
忠直の正室は秀忠の娘で、従妹にあたる勝姫という人でした。
お母さんの江に似たのか、名は体を表すというか、めちゃくちゃ気の強い人だったそうです。
そんな奥さんが殺されかけて黙っているでしょうか?

この事件は父親の秀忠がまだ将軍職についていた頃の話ですから、離縁なり処罰なりを訴えることもできたはずです。
かすり傷で済んだとかならまだしも、勝姫の侍女が二人も身代わりに死んでいるというのですから、そうしても不自然ではありません。
忠直が隠居させられた後、勝姫は子供と一緒に江戸に行ってしまうので、自己主張ができなかったということもないでしょうし。
世間体を気にしたというなら、その話が幕府にまで伝わっている時点でアウトですよね。
となると、勝姫は噂をいいことに別居したかったのかなあ、という気もしてきます。

 

秀康の系統を潰したかった幕府の陰謀ってことも?

先述の通り忠直はこれらの噂のせいで隠居させられてしまうのですが、その際も母親の説得で応じたといいます。
本当に頭がイっちゃっていたとしたら、母親の言うことなんて聞くでしょうか?
細かいところにツッコんでいけばいくほど、怪しさが増していきます。

こうなると、最初から忠直を始めとした秀康の家系を潰したかった幕府の陰謀では?と考えたほうが筋が通りそうですよね。
忠直が隠居した後、息子の光長が跡を継ぐのですが、すぐに越後へ減封のうえ異動します。

用心深い徳川家のこと、「今後、やつから『オレんちは元々将軍になれるはずの家だったのに!』とか言われると面倒だから、早いうちに潰しとけ」とか思っていてもおかしくはないですよね。
身内のことばっか気にしてるから西に目がいかなくて倒幕されたんじゃ、ゲフンゲフン。

その根拠はもう一つあります。
鳥羽野(福井県鯖江市)での治水事業の成功です。
このあたりはお父さんの秀康から開発していた地域で、忠直もそれを引き継いで整備をしていました。
元はうっそうとした原生林で通行にも困るようなところだったのを、きちんと奉行を任命し開拓させたのです。しかも、従事する者には新しく屋敷を与えたり、他の税を免除する・商売の制限をしないという気前の良さ。
おかげで人が集まり、鳥羽野一体はにぎやかな町になったのです。鯖江=眼鏡。つまり眼鏡男子は忠直のおかげってことじゃね?

で、この開発をやっていたのが大坂の陣が終わったあたりからでした。
次第に領民の信望を得ていく忠直を、幕府が鬱陶しいと思うには絶好(最悪?)のタイミングです。
ついでにいうと、「忠直はこーんなワルモノだったよ!」という史料は忠直の死後半世紀も経ってから書かれています。
その後の史料でも忠直の所業はエスカレートする一方。

はてさて、忠直の素顔はどうだったのでしょうね。

スポンサーリンク

参考:http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2008/06/post_7d3c.html
   http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=6355
   http://homepage1.nifty.com/saizou/tadanao4a.htm

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 徳川家
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.