日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和

明治のラストサムライ・乃木希典 大帝に殉死す

更新日:

 

武士や軍人というと強靭な精神力の人しかいないように思いがちなもの。

しかし、繊細な心の持ち主も意外なほど多くいました。
今回はその中でも最も有名かもしれない人のお話です。(東京の地下鉄駅「乃木坂」の由来でもあります)

大正元年(明治四十五年・1912年)9月13日、元軍人で学習院院長だった乃木希典とその妻が明治天皇に殉死しました。

この日は明治天皇の大喪の礼(お葬式)が執り行われた日でもあります。
江戸時代(1849年)生まれとはいえ、既に世の中が変わって久しいこの時期に、何故殉死を選んだのでしょうか。

司馬遼太郎の『坂の上の雲』では愚将の筆頭格に描かれましたが、国民的な小説家にDISられたショックから、ではありません。

乃木希典/wikipediaより引用

森鴎外よ、ドイツ人少女と遊んでる暇なんてあったら!

大きな原因は、日露戦争での様々な出来事にあるといわれています。
この戦いで、乃木は二人の息子を亡くしました。
本心がどうだったかはわかりませんが、少なくともこのときは当時の軍人らしく「これで世間に申し訳が立つ」と言っていたようです。

戦争は多くの人の息子や旦那さん、父親が死ぬもの。
それは軍を率いている将軍だって例外ではありません。

しかし、このとき亡くなったのは当然ながら、乃木の息子達だけではありませんでした。特に次男が戦死した旅順要塞(現在の中国大連市)の戦いの犠牲は凄まじく、総兵力13万に対し死傷者は6万といわれています。

戦いで死んだなら(よくはないけど)まだしも、さらに、脚気が原因とされる病死者も多く出てしまいました。
脚気はビタミンB1の欠乏で起こる病気ですが、特に乃木が率いていた陸軍ではその被害が大きかったのです。

逆に海軍では陸軍ほど脚気で死者を出すことはありませんでした。
同じ国の軍隊でなぜ差が出たのかというと、当時の医学の受け取り方に違いがあります。

当時の医学は大きく分けて二つの系統がありました。
「事実があってナンボ」のイギリス式医学と、「理論が第一」のドイツ式医学です。
海軍は前者、陸軍は後者の医学を取り入れていました。
そのため海軍ではさまざまな食事や階級を比較し、どんな層に脚気が多いのかを調べた結果「原因よくわからないけど、麦飯がいいんじゃね?」という結論に至り、実践したところ数十名程度の患者で済んだのです。

これに対し、「脚気の原因は細菌に決まってる!!」と信じ込んでいた森鴎外(「舞姫」を書いた人・本職は医師)の進言を受け入れていた陸軍ではそうした改善をしませんでした。
その結果、脚気により亡くなった兵士の数はなんと約2万7千人にものぼりました。

しかし森鴎外は死ぬまで自説を曲げませんでしたし、陸軍も彼を罰することはありませんでした。

でも、乃木ほどの立場の人間が陸軍と海軍の脚気による死者数や食事の違いについて全く知らなかったという可能性は低いでしょう。

元々、激戦が予想されていた旅順ですから、戦死はある意味でやむなしと受け取ることもできます。

ですが、脚気による病死は防ごうと思えば防げたともいえるのです。
完全に乃木の責任とはいいきれませんが、自分の判断が間違っていたばかりに2万以上の兵を死なせたとしたら……一般人の感覚ではその恐ろしさを推し量ることすら困難というもの。

 

スポンサーリンク

切腹を明治天皇から止められる

これら多くの犠牲を出してしまったことについては、攻略後の旅順で鎮魂祭を行い、帰国後明治天皇にお詫びを言上しているほどですからかなり気にしていたとみていいでしょう。
当たり前といえば当たり前ですが、このときの復命書(帰還したときの報告書)を読んでみると、乃木が心の底から戦死者・病死者へ申し訳ないと思っていたことが伝わってきます。

「好機を獲ざりしは臣が終生の遺憾にして、恐懼おく能わざる所なり」
(意訳:攻める絶好のチャンスを逃したのは、私の一生における最大のミスです)

「戦死病没者にこの光栄を分つ能はざるを傷む」
(意訳:戦死者と病死者に、陛下から戴いたこの栄誉を分けてやれないのが申し訳ない)

この復命書を読み上げながら、乃木は天皇の前で泣き崩れたといいます。
さらに「これほど多くの犠牲を出してしまったお詫びは、切腹する他ありません」とまで言っていました。
しかし明治天皇は「お前の気持ちはわかるが、今は許さない。もしどうしても切腹するというなら、私が死んだ後にせよ」と引き止めます。
乃木のほうが(3歳だけですが)年上でしたから、自分が先に死ぬとは思っていなかったのかもしれません。
その後も学習院の院長を任せたりして、変わらぬ信頼を示します。

しかし6年後の7月、明治天皇は長く患っていた糖尿病が悪化して崩御してしまいました。
そして乃木は言いつけを守り、妻とともに自殺したのです。

最後の最後まで明治天皇に従った乃木は、まさに明治に生きた侍でした。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:乃木希典/Wikipedia 今日は何の日?徒然日記

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.