日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

勤労感謝の日(11月23日)はこんな意味があった

更新日:

あって嬉しい国民の祝日。

今月は三連休になったり、あすは土曜日なので振り替えがなくて、なり損ねたり、一長一短というところですかね。
昭和の日や文化の日が元・天皇誕生日だったということは比較的良く知られていますが、その他の祝日についてはどんな経緯があったのでしょうか。
というわけで、今回は「勤労感謝の日ってナニ?」というお話です。

そもそも「勤労感謝の日」という名前になったのは戦後の話。
それまでは同じ11月23日を「新嘗祭」(にいなめさい、しんじょうさい)として祭日にしていました。
祭りといっても皆でお神輿を担ぐアレではなくて、天皇陛下をはじめ、各地の神社で行われる祭祀の一つです。

新嘗祭は、天皇がその年に採れた五穀を神々に捧げ、「今年も立派に実りました。ありがとうございます」と感謝を示す祭祀です。
千年以上前の飛鳥時代から続いてきたもので、10月の「神嘗祭」とともに最も重要とされています。
ちなみに神嘗祭は天照大神にその年一番の稲穂を捧げる行事です。
伊勢神宮関係者は今でも神嘗祭の日まで新米を食べないとか。
神様にご報告する前に人間が食べちゃいかん、というわけですね。(昔は新米は体によくないってこともありましたが)

が、戦後GHQが「神道と国民が近い状態のままなのはケシカランデース!祝日にしてもいいけど名前を変エナサーイ!!」と命令してきたため、日付はそのままで「勤労感謝の日」という名称になったのでした。
さすが世界のジャイアn……警察です。

アメリカにはサンクスギビング(Thanksgiving Day)っていう似たような祝日があるんですけどね。
ですから、「勤労」を「収穫」に言い換えると何となく元の意味がわかるのではないでしょうか。

一般では「祝祭日」という言い方をすることがありますが、法律上では「祭日」ではなく「祝日」といいます。
これはやはり「神道と国民が(ry」の影響です。
そのため、他にも現在祝日になっている日で祭日=祭祀に由来するものがあります。

例えば元旦。
どこの国でもだいたい1月1日は祝日になっていますが、日本では四方拝という行事があるので祭日とされていました。
これは朝の五時半(!)に天皇が伊勢神宮と代々の天皇の陵(みささぎ=お墓)、その他主要な神社に向かって拝礼するというもの。
皇室にとって神々はご先祖様ですから、一般人でいえば年始にお墓参りに行くようなものでしょうか。
とはいえ、朝の五時半に祭祀があるということは、それ以前から支度をしなくてはいけないわけで……。
現在は今上陛下・皇后陛下がご高齢のため、祭祀も一部簡略化されていますが、それでもご老体ですから大変でしょうね。

その他、建国記念の日は紀元節=初代の神武天皇(神話の人と言われている)の即位した日、春分・秋分の日は春季・秋季皇霊祭が由来です。
ハッピーマンデー制度で祝日がいくつか動きましたが、こうした元祭日が対象になっていないのはそうした理由があるのです。
知っておくとちょっと頭イイ人に見えるかも?あした学校や職場で言ってみてね、あっ休みか。

スポンサーリンク

長月七紀・記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.