ヨーロッパの火山と浅間山のダブル噴火が江戸時代の天明の大飢饉をうんだ【その日、歴史が動いた】

人の本質は、土壇場のときに一番良く出てくるといわれます。
普段だと見栄とか意地があってなかなかできないことも、切羽詰っているとできるもんなんでしょうね。
火事場の馬鹿力とか、映画でよくある「日頃気に食わない奴が絶体絶命のピンチを助けてくれた」とか、札付きの不良が雨の日に子猫or子犬を拾っていたとか……え?違う?

そんな美談かどうかはわかりませんが、歴史や政治においても危急のときにどんな対応をするかというのは非常に大事です。
当たり前といえば当たり前ですけれども、こうできる人が中枢にいるかどうかでその政権の運命が決まりますからねえ。特に江戸時代は災害が多かった分そうした機会も多く、代々の将軍や老中の能力が試されていたのでした。
今回の主役は、ある災害の対応で命運が分かれた幕閣二人です。

 

群馬県の浅間山が大噴火

天明三年(1783年)の12月16日、天明の大飢饉により江戸幕府が倹約令を発布しました。
前年も飢饉だったのですが、天明3年に日本史上稀に見る規模にまで拡大してしまったのは、この年の7月に浅間山の噴火が起きたことによります。そして、さらに後述するように当時の人は知らなかった別の火山噴火の存在も…。

浅間山の噴煙の絵(浅間山)

浅間山の噴煙の絵(浅間火山博物館より引用

浅間山の噴火は田植え前だけならともかく、稲の穂が出始める夏の時期にもあったのですからたまったものではなかったのです。
案の定、東日本のどこの藩も軒並み大飢饉。
この時代、江戸の米はほとんど東北の諸藩で作られていたのですが、江戸へ送るどころか自分達が食べる分もないありさまに陥ります。
牛馬や道端の草、土壁の中のワラまで食べつくしてもなお足りないような状態でした。
最終的には人にく食まで起きたといいますから、まさに地獄絵図……。
「陸のものがダメなら魚を獲ればいいじゃないか」という気もしなくはないですが、おそらく飢饉が始まったころの民衆には漁や釣りに出る余力もなかったのでしょう。

 

南方原産の稲を東北まで作付けした結果

ここまで悲惨なことになった原因は三つ考えられます。
一つは、江戸幕府が米の生産に集中しすぎたこと。
元々稲は南方の植物ですから、ある程度気温が上がらないと育ちません。
しかし、江戸時代には既に米の品種改良が始まっていましたし、灌漑(かんがい)の充実などによって東北でも稲の栽培が可能になっていました。
これがうまくいったので、幕府は「米は主食だし、高く売れるんだからもっと量産しろ!他の作物は割合を減らしても構わん!」という方針を取り続けていたのです。
もしも火山の噴火が起きたとしたら、日照不足や冷夏に弱い稲はほぼ壊滅になるということをすっかり忘れて。
目先の金にこだわるとロクなことがありませんね。

 

コメ輸出国が一転、輸入しろっていわれても

さらに、米どころ諸藩の対応のまずさも原因でした。
江戸時代の大名がド貧乏だったということはさんざんお話してきましたが、なんとこの飢饉が起きる前にも財政難だった藩がたくさんあったのです。
中でも津軽藩(青森)、南部藩(青森・岩手)はひどく、本来なら備蓄するはずの米まで通常の消費に回していたため、大飢饉の影響をモロにくらいました。
慌てて他の藩から米を買おうとしても、どこもそんな余裕はない状態。
そのため餓死者が続出してしまったのです。

 

天候不良の原因はアイスランドの火山噴火にもあった!

最後の一点については、幕府の手落ちとは言い切れない部分もあります。。
天明の大飢饉と同時期に、はるか遠くのアイスランドで複数の火山が噴火しているのです。
2010年にもアイスランドの火山エイヤフィヤトラヨークトルが噴火し、EU諸国の空港が軒並み使えなくなるという非常事態がありましたが、あれよりさらに大きな規模の噴火でした。

2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火/wikipediaより引用

2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火/wikipediaより引用

火山灰やガスが北半球のほとんどを覆ったため、フランス革命の遠因ではないかとまでいわれています。
しかし、18世紀の日本でほぼ地球の裏側の情報が即座に手に入るはずもなく、対応が出遅れてしまったのでした。

 

「日銀総裁」田沼意次の不運

この未曾有の危機を乗り切れなかったのが、当時老中で経済政策を担当していた田沼意次。
意次はどちらかというと農業より商業に力を入れていて、それなりに成果も挙げていたのですが、飢饉対策はできていませんでした。
倹約令を出しても、もうどうにもならない状態です。
米屋を襲う打ちこわしが相次ぎ、治安は乱れに乱れ、その恨みは意次に向かいました。

逆に、この飢饉によって出世した人もいます。
当時白河藩主だった松平定信です。
この人のオチを知っている現代人からするとしっくりこないかもしれませんが、定信はこのとき領内に一人も餓死者を出さなかったといわれるほどの手腕を評価され、わずか30歳で老中へ抜擢されます。
西日本から食料を買ったり自らも倹約して民の手本になるなど、やったことはシンプルでしたが、その対応の早さが白河藩を救いました。なお、改革を進めていた上杉YOZAN鷹山の米沢藩も餓死者を出さずに乗り切ったことは有名ですね。

元々そりが合わない二人でしたが、飢饉への対応も成果も真っ二つに分かれたため、幕府と市井の評価は一致。
「意次はもういらん。定信を!」となり、老中が交代することになったのでした。
意次というとワイロや息子が暗殺されたせいで失脚したかのようなイメージが強いですが、決定打は大飢饉対策の失敗だったのです。
とはいえ、定信も定信で幕閣になってからもうまく行き続けたわけではないんですけどね。さらに景気を締め付ける倹約政策を進めて、江戸の経済をどん底へと突き落とします。
柳の下にいつもドジョウがいるわけではない……ということでしょうか。

長月七紀・記








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン シミルボン様への配信始めました!

LINE NEWS
LINE NEWS

Buzz Plus News

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る