日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

1月11日はイイィねの日でなく鏡開き【その日、歴史が開いた】

更新日:

 

先日の七草粥に続き、今回も1月ならではの食べ物に関する歴史をご紹介しましょう。
1月11日の鏡開きです。
一人暮らしの方や最近のお若いご夫婦だと飾らないかもしれませんが、実はこれも立派な縁起物です。

「鏡餅を”割る””切る”と言ってはいけない」というのはよく知られていますよね。
切腹とか割腹に繋がるからとされていますが、それもそのはず。鏡餅はもともと武家の習慣だったからなのです。
そりゃ正月から切ったり割ったりしたらえらいこっちゃ。

 

では何のために武家で鏡餅を飾っていたのでしょうか。
元はその年の武運を願って、鎧などにお餅を供える”具足餅”という習慣だったとされています。
このときお餅を昔の鏡のような丸い形にすることによって、年神様をお迎えし武運をいただこうとしていたのです。
年神様というのは毎年各家庭を訪問するといわれている神様で、年が明けるとまず門松に宿り、それからお供え物の鏡餅を確認して、松の内の間はそこにいてくれるそうです。
今の日本の世帯数分年神様がいらっしゃると思うと、結構不気m……いやいやいや、皆平等に扱ってくれるってことで実にありがたいですねハイ。

これは余談ですが、かつて日本で数え年を採用していたのは、年神様が新たな一年分の力を与えてくれるからという考え方によります。
年齢は年神様をお迎えした回数でもあるということでしょうか。

だじゃれ好きな武士の文化

具足餅の元になった習慣は平安時代には存在していたようですが、日本建築に床の間ができたのは室町時代以降ですので、現在の飾り方は武家のものに近いんですね。
ですので、鏡餅に付属するいろいろな飾りにも武家としての意味がこもっているものが多いです。
例えば、一番てっぺんに載っているみかん。
アレ、本来はみかんじゃなくて橙(だいだい)という別の果物。
橙、だいだい、代々……ということで、「ウチの家が代々続いていきますように」という願掛けの意味があります。
おせちの昆布巻きや鯛・海老他いろいろと同じですね。

鏡餅には松の内の間は年神様が宿るところとされているので、11日まで手をつけてはいけません。
神様を食べることにはならないでしょうが、座っている座布団をひっくり返されるようなものですから、罰当たりな行為には違いないでしょう。
あくまで年神様がお帰りになった後、ご利益が残っているうちにお餅ごとお力をいただこうというのが鏡開きです。

最近の鏡餅はそう簡単にカッチコチになることはありません。
しかし、やはり起源を考えると刃物で切ったり割ったりするのは避けたいところ。
昔は木槌で叩いて開くのが主流でしたが、現代の一般家庭で木槌があるお宅もそうそうないでしょう。
そこで文明の利器・電子レンジにかけて少しやわらかくするのをオススメします。
ふくらむほどではなく、「少し柔らかくなったかな?」という程度にレンチンして手でちぎれば、切る・割るよりは良いでしょう。

ちなみに、開いた後の食べ方はお好みでかまいません。
お雑煮でもお汁粉でも、はたまたおかきにしても大丈夫です。
神道に限らず宗教的な儀式は事細かに定められているものが多い中、方法に限らず運を分けてもらえるとみると、年神様って結構太っ腹ですね。

そうそう、タイトル少しいつもと変わっています。心の中で突っ込んでくれるとうれしいです。

スポンサーリンク

長月七紀・記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.