日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

藤原定子と一条天皇 愛に満ちた短き一生

更新日:

 

受験生にとって「日本の首相はしょっちゅう変わりすぎて覚えられない」と悪評高いですが、権力者がコロコロ変わるのは日本のみならず、古今東西珍しい話ではありません。

特に中世~近世においては、あの手この手で王や皇帝に取り入ろうとした貴族は掃いて捨てるほどいました。

その中でもやはり有象無象に近い家は淘汰されていくのですが、その後は血族間の争いに移行する事も間々あります。

今日の主役は、権力者の血筋に生まれたが故悲しい運命を辿る事になったとある女性です。

 

「さだこ」でもいいし「ていし」でもいい

正暦元年(990年)のあす1月25日、藤原定子が入内(後宮入り)しました。

この時代ふりがなという便利な概念がありませんでしたので、本当は何と読んだのかわかっていません。ですので「ていし」でも「さだこ」でも「さだいこ」でもお好きな読み方でどうぞ。

この人は「枕草子」の作者、清少納言が仕えたことで有名ですね。

もしくは史上初の(そして大ブーイングをくらった)「一帝二后」のうちの一人として覚えている人もいるでしょうか。

まあ、ブーイングされることになったのは本人じゃなくてこの制度をゴリ押しした道長のせいなんですけど。ゴリ押して気分いいのは押した側だけで、押されたほうはたまったもんじゃないというのは千年前から変わっていないようです。

スポンサーリンク

子供を生んでから次々に苦難が

当時は藤原氏の全盛期で、皇后や女御(にょうご。後宮における位一つ。天皇のお手つきがよく出る)は藤原氏出身でなければほぼなれないような状態でした。定子も最初は女御、そして後に中宮となっています。

このとき定子は満13歳、一条天皇は満10歳。

形としては姉さん女房ですが、二人とも幼かったからか、そうしたトラブルはなく仲の良い夫婦だったようです。

仲がよければ子供ができるのも道理で、5年後には二人の間に新しい命が授かります。定子にとってはここが人生で一番幸せな時期だったでしょう。
しかし、後は出産を待つばかりとなった定子へ次々と苦難が襲い掛かります。

まずは父・道隆が病気で亡くなってしまいました。この死因というのが流行り病ではなく、今でいう糖尿病にあたるためさらに悲劇が続いてしまいます。

もし関白だった道隆が流行り病で亡くなっていれば、周りの貴族もバタバタやられていたでしょうからね。

そして皮肉な事に、道隆の弟・道長にとってはこれが絶好のチャンスになってしまいました。兄弟なんだから仲良くしろよ……ってもうこのツッコミ飽きてきましたねえ。

 

スポンサーリンク

兄弟の不祥事に連座 身重ながら出家

さらには天が道長に味方したかのように、定子の兄弟たちが花山法皇(一条天皇の先代、血筋的には従兄)に矢を射掛けるというとんでもない事件を起こします。

兄の伊周(これちか)が「オレが目をつけてた女に法皇が手をつけようとしてやがる、出家したくせに許せん!」とトチ狂ってやったことらしいのですが、実は法皇のお目当ては別の人で、たまたま相手の女性二人が姉妹だったため勘違いしたというアホなオチががが。

誤解していたことに気付いた伊周は真っ青になりました。

が、法皇は法皇で体裁が悪かったので自らこの件を騒ぎ立てたりはしませんでした。

ただ、名目や経緯はどうあれ、法皇に弓を引いたという一大事がそういつまでもバレないわけはありません。人の口に戸は立てられませんし、おそらくは法皇か伊周の従者あたりから漏れたのでしょう。
当然伊周と加担した弟・隆家は流罪。

定子も兄弟が二人揃って流されたからにはそのままでいることはできず、身重ながらに出家して責任を取りました。

 

母が亡くなり家も燃え それでも内親王を出産

宮中では出産が穢れとされていたので、当時定子は別の場所にいたのですが、伊周と隆家が引き立てられていくのを見たのがあまりに衝撃的すぎて、自らはさみを取って髪を切り落としたそうです。

この時代、貴族の女性が髪を肩まで切りそろえるのは子供の頃か尼になるときに限られていまして、もちろんどちらも人に切ってもらうのが当たり前でした。

当時は末法思想(もうすぐこの世は仏様のご加護がなくなってしまうという考え方。ノストラダムスの予言みたいなもの)が広く信じられていたため、貴族はある程度の歳になれば皆出家していましたから、定子がその作法を全く知らなかったということは考えにくいです。

ということは、よほど兄弟がしょっ引かれるところを見てしまったのが辛かったのでしょうね。

さらに、同じ年のうちに滞在していた二条宮が燃える、母・貴子(やっぱり読み方不明)が亡くなるなど立て続けの不幸に見舞われた定子は、それでも力を振り絞って内親王を出産します。

一条天皇にとっては初めての子供でしたから、会うのを今か今かと待ち望んでいたようです。

娘だけを引き取る事もできたでしょうが、その母にもよくよく会いたかったと見えて、なんと出家した定子を再び宮中に招き入れてしまいました。

このときの一条天皇はまさに”本気と書いてマジと読む”状態だったそうで、反対する貴族達を押し切り、母親の東三条院や道長を味方につけ、遠慮する定子本人すら「あなたのおじいさんが”定子に男の子が生まれる夢を見た”というんだ。きっと予知夢に違いない!」と言って説き伏せたとか。愛の力すげえ。

 

3人目を生むと 波乱に満ちた生涯の終わりへ

しかしさすがに世俗の人々を全て説得する事はできず、「やーね色ボケしちゃって」「出家したんだから諦めればいいのに」「従う女も女よねー」etcetcというような悪評は消えませんでした。

そのため定子は再び宮中に入ったとはいえ外れも外れ、しかも「名状しがたい何かがいる」という噂が立っているようなところに住むしかありませんでした。

それでも一条天皇はわざわざ人目を忍んで自ら足を運んでいたといいますから、ホント愛の力パネェ。

これには神様もちょっと同情してくれたようで、定子はやがてきちんと宮中に戻る事ができ、その後も二人の間には親王と内親王が一人ずつ授かりました。そして、三回目の出産後、定子はその波乱に満ちた生涯を閉じてしまいます。

翌日の事だったとされているので、おそらくは分娩時の出血多量が直接の死因でしょう。現代の日本でも、年に数十人の妊婦さんが同じ理由で亡くなっていますからね……。

定子本人は、闊達な父と当時男が読むものとされていた漢文を読みこなしていたという母の良いところを併せ持ったような、知的かつ明るい女性だったそうです。

清少納言が「枕草子」でことあるごとに褒め称えているのもこうした人柄が大きかったのでしょうね。もちろん一条天皇に愛されたのも、こうした才覚があってのことでしょう。

 

短く愛される人生か 栄華に翻弄される行き方か

同じく皇后となった彰子と比較してみても、一条天皇が定子をいかに愛していたかは窺えます。

というのも、上記の通り定子と一条天皇の逸話は多々あるのですが、一条天皇と彰子のエピソードはあまり記録が残っていないのです。彰子にも子供が生まれていますので、寄り付かなかったとか毛嫌いしていたとかそういうことはないでしょうけれども。

彰子の場合、何かにつけて父・道長が口を出してくるので、一条天皇からすると常に道長の影を感じていたのかもしれません。

彰子本人は定子の産んだ親王を手元で育てたりしていますので、皇后でありながら若くして亡くなったことへの同情や、自分が割って入ったような形になる事に負い目があったのでしょうか。

彼女は87歳という当時としては驚異的な長生きをするのですが、それまでの間は道長との対立や子供にも孫にも先立たれるなど、決して安穏な人生ではありませんでした。
短くも最初から最後まで夫に愛される人生か、栄華と悲しみに翻弄されながらも長生きするか。

定子と彰子は立場の違い以外にも、母として・妻として真逆の道をたどったともいえそうです。

スポンサーリンク

長月 七紀・記
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%AE%9A%E5%AD%90

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.