日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

美味しいものには毒があ……ってたまるか! ふく(ふぐ)の日【その日、歴史が動いた】

更新日:

その日、歴史が動いた

2(ふ)月9(く)日はふくの日=フグの日だそうです。
てっちりやてっさ(フグ刺し)などの料理名については皆さんご存知だと思いますし、一応歴史サイトのコーナーなのでフグに関わる歴史をご紹介していきますね。

中国では2000年以上前の地理書に「フグ食べたら死ぬぞ!」と書かれており、恐らくこれがフグに関する最古の記録だろうと言われています。
また、日本でも集落の跡である貝塚からフグの骨が見つかっていますので、日中両国でフグを食べてお亡くなりになってしまった人がいたのでしょう。
日本周辺の海には数百種類ものフグが生息しているそうですから、沿岸部の人なら簡単に捕れたでしょうしね。調理法はちっとも簡単じゃないんですけど。

が、食べて無事だった人がよほど「フグはうんまいぞおおおおおお!!」と吹聴したのかなんなのか、死と隣り合わせの食物であるにも関わらず、食べる人が後を絶ちませんでした。
これがシャレにならなくなったのは、秀吉が耄碌して企てた朝鮮の役のときです。
食料に困って魚を調達したのか、フグの毒で死ぬ兵士が相次いだとか。
当然秀吉は激怒し、フグを食べないよう厳命します。戦をしに行ってるのに矢玉どころかフグに中って死ぬとかわけわからないですもんね。
しかし、江戸時代になってもフグを食べて死んだ武士がいたところをみると、対して効果はなかったようです。

当然江戸幕府もフグを食べないようにお触れを出していました。
「将軍に仕えるのが武家の役目なのに、己の食い意地のために命を落とすとは不届き千万である」というわけです。全くもってその通りとしか言いようがありません。
当主がフグで命を落とした場合はお家断絶などの厳しい措置が採られましたが、それでもフグを食べる人がいなくなったわけではありませんでした。
どこぞでは「日本人を怒らせるには皇室か食べ物をけなせ」と言われているそうですけれども、ホントどこまで食い物に情熱を燃やしてるんですかね我らがご先祖は。他人のこと言えないか。

そして時代が下り、明治時代。このときも当然フグを食べるのは禁止されていました。
が、ここである政治家が勇気ある行動に出たことにより、フグの調理・販売は解禁される運びとなります。

その政治家とは、あの一度見たら忘れられないヒゲ(でもたまに板垣退助と間違えられる)、伊藤博文でした。
彼は下関へ出かけた際、周囲が「ご禁制だからやめてください!死にたいんですか!」と止めるのも構わずフグを食しました。
そして「うまい!!」(テーレッテレー♪)と感激し、下関を含めた山口一帯でのフグ食を解禁させたそうです。
川上貞奴の身請けといい、政治以外でイロイロやりすぎじゃないですか春畝公。
※春畝(しゅんぽ)は伊藤博文の雅号です。

こうして多大なる犠牲と処罰の末に今もフグを食べることができるのですが、素人が調理するのは大変危険なので絶対に止めて下さいね。
東京都福祉保険局という聞き慣れない機関の情報によりますと、平成24年(2012年)でも18人がフグに中っているそうです(死者はなし)年々減っているのが幸いといえば幸いですけども。
ちなみに過去10年の死者数は15人です。

気合で食べれば大丈夫…じゃない

よく「フグの毒は卵巣にあるから、オスなら大丈夫」とか「臓器以外なら平気」と思っている人がいますが、デマです。
フグの素人調理が危険な理由は、主に四つあります。
・上記の通り日本近海には数百種類ものフグが生息しているため、無毒種か有毒種か素人目では判別不可能
・種類によって毒が生成される部分が異なる
・環境やエサによっても毒が含まれる部分が変わる
・そもそもフグの毒については未解明な部分が多い
こういうわけで、フグの取扱資格は地方自治体ごとに異なり、また素人の調理は厳禁とされているのです。
死亡例の中でよくあるのが「自分で釣ったフグを食べた」「フグ取扱資格を持たない調理師・すし職人が調理した」というものですので、万が一フグが釣れたとしてもテキトーに捌くのは止めて下さい。

ちなみにフグの毒は300℃で加熱しても分解できませんので、「火を通せば大丈夫」というのもデマです。
というかググるとあっちこっちで「フグ釣ったどー!食うどー!!」って人がたくさん出てきて恐ろしすぎるんですけど!!
世を儚んで冥土の土産に食おうとしているのでもなさそうですし、多分素なんでしょうが絶対に止めて下さい。
ちなみに有毒部分の処理方法も地方自治体ごとに決まっていますので、単に焼いたり流したり埋めたりゴミの日に出すのもダメです。

再三釘を刺したところで、もう一度歴史のお話に戻っておしまいにしましょう。
フグで亡くなった著名人は何人かいますが、フグを食べたくても食べられなかった方もいます。
昭和天皇です。

いつ頃の話かは諸説あるためはっきりしないのですが、あるとき「なぜフグを食べてはいけないのか」とご下問されたことがあったそうです。
当然お付きの人々は「万が一があってはいけませんので」と止め続けたのですが、昭和天皇は納得せず、何時間も侍医に説明を求めたとか。
しかし周囲の人はフグを食べていたので「フグには毒があるのだぞ」と冗談めかした恨み言を仰っていたそうです。もしかしたら本心で言ってたかもしれませんが。
昭和天皇のお人柄が窺えるエピソードとして有名ですが、お立場上絶対に食べられない人の目の前でフグ食べるって周りの人もヒドいですよね。
糖尿病になってしまった甘党の人をケーキバイキングに連れて行って、他の人だけ食べるようなものですから。

しかしこれだけ危ない魚なのですから、やはり万が一があり得ると思っておいたほうがいいでしょう。
というわけで、例え釣れても自分で捌いて食べるのは絶対に止めて下さいね。
(本気で大事なことなので四回言いました)

長月 七紀・記

参考:

スポンサーリンク

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/hugu/




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.