日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 徳川家

家康の4男・松平忠吉はイケメン!? さしたる波乱も起こすことなく28歳で夭折

更新日:

男女合わせて17人いた家康の子供 その4男松平忠吉

徳川家康には、男女合わせて17人の子供がいました。
男の子が12人、女の子が5人です。
女の子については当時の世情的なこともあり、人物像や嫁ぎ先などがわからないのはままあることですが、男の子について知られていないのはちょっと不思議ですよね。
有名なのは上から信康、秀康、秀忠、忠輝と御三家初代になった下の3人だけで、あとの5人は名前すら知らないという人が多いのではないでしょうか。
信長には20人も子供がいたので、メジャーな人とマイナーな人が出てくるのはごく自然なことですけれども、12人くらいなら全員の生涯が知られていてもおかしくなさそうですよね。
実はそこに、家康流の子育て方針が隠されているのかもしれません。

慶長十二年(1607年)の3月5日、家康の4男・松平忠吉が28歳で亡くなりました。

松平姓だと「また何かいわくつきか」と嫌な予感がした方もいらっしゃるかもしれませんが、この人の場合はただ単に親戚の東条松平家というところに世継ぎがいなかったので、家康が「ならお前行ってこい」という理由で養子入りしたためです。実に穏やかというか普通の流れですね。
ここは徳川家(松平宗家)が立て続けに当主を暗殺されて危うかったときにもずっと味方でいてくれたので、家康も恩義を感じていたのだとか。

 

スポンサーリンク

イケメン無罪か

さて、忠吉本人はどういう人だったのかというと、若年のうちに亡くなってしまっているので、あまりエピソードは伝わっていません。
しかし、複数の記録に「イケメンだった」「優しいイケメンだった」「こんなイケメンに仕えられるなら死んでもいい」「イケメンが大将ならきっと勝てる!!」(超訳)という記述がありますので、家康の息子の中でもかなり眉目の整った人だったことは間違いないようです。所詮世の中顔か!
異母兄弟の秀康や忠輝が顔で苦労してるのと比べるとエライ違いですね。二人ともカワイソス(´・ω・`)
母親は西郷の局という人で、秀忠とは両親共に同じ兄弟でした。

イケメンですね(KJクラブより引用

スポンサーリンク

関ヶ原で先陣ゲットだぜ!

もちろんただ顔が良いから人望があったわけではなく、武士としての器量もありました。
彼の初陣は関が原の戦いだったのですが、井伊直政など家康お墨付きの家臣をつけられていたとはいえ、見事島津豊久(義弘の甥っ子)を討ち取っています。ということは伝説の「島津の退き口」と対峙したわけですから、かなり度胸も据わっていたのでしょう。

井伊直政さん(Wikipediaより)

話が前後しますが、そもそも関が原当日の戦いの口火を切ったのも、忠吉が先攻したからだといわれています。本当は福島正則が先陣のはずだったのを、逸る忠吉を直政が説得しきれず出て行ってしまったのだとか。映画やドラマだったら死亡フラグですね。
実は忠吉の配置されたところは秀忠が入るはずの陣だったという話もありますが、この二人は仲が良かったようなので「兄上ごめんなさい」「いや、遅刻した俺が悪いから気にすんな」くらいの会話で済んでいたのではないでしょうか。仲良し大事。
戦場でのアレコレは、仲が悪い同士で起きると後々まで恨まれることもありますからね……。

こうして見事に初陣を果たした忠吉ですが、このとき頭に傷を負ってしまいました。
兜を着けていましたから、即死や重傷というほどのものではなかったのですけれども、皮肉なことにこれが彼の命を縮めた原因になったとされています。
お供をした井伊直政も関が原での傷が原因で若死にしたといわれていますので、二人が通ったルートに破傷風菌でも大量にいたんでしょうか。(島津の弾になにか仕込まれた…??)

忠吉はそれまで数万石の領地しか持っていませんでしたが、関が原での功績をもって清洲52万石の大大名になっていましたから、家康もかなり期待していたのでしょうね。
28歳という若すぎる弟の死に、秀忠はとても悲しんだそうです。
家康5男の信吉も関が原後に病死しているので、実は徳川家にとって不幸の多い時期でもありました。

とはいえ、家康の子供は当時の基準からするとかなり生存率が高いほうです。
統計学が発展してない時代ですので、乳児や妊婦の死亡率を数字で見ることはできませんが、各所の記録から出産時にどちらか・あるいは両方亡くなる確率は現在の数倍~数十倍高かっただろうということはわかりますよね。
これは衛生面の理由もありますし、結婚が早く身体が成長していないうちに妊娠・出産をしていたこともかなりウエイトが大きいでしょう。

 

家康の後家好みは実は「子供大好き」?

家康が後家好みだったことは有名ですが、おそらくこれが子供の生存率を高めていたのではないでしょうか。
後家ということは既に子供を産んでいる可能性が高いので、健康な子供を産める女性の判断基準としてはかなり信憑性があるといえます。そういう意味では、感情ではなく理論的な意味で子供を大事にしていたと見ることもできますね。
決して熟女好きだったわけではないのです。……多分。

事実、家康の子供でごくごく幼いうちに亡くなったのは17人中3人だけで、他の大名や後世の将軍たちと比べるとかなり低い割合です。
興味深いことに、三代家光までは同じくらいの人数なのですが、時代が下ると将軍の子供が半分以上も10歳未満で亡くなっていたりします。頑丈そうな八代吉宗の子供でさえ、5人中2人は早世しているくらいです。

これは両親の栄養状態や体の鍛え方も関わっていそうですね。
歴代将軍の中には、虫歯が酷かったり脚気を患ったりと、戦国時代にはあまり見られなかった病気をしていた人もいましたから。
脚気は麦飯や玄米(ビタミンB1)で防ぐことができますが、江戸時代にはそれまでの玄米に代わり白米が主食として広まっていったので、それまでより発症例が増えたのでしょう。
虫歯に関しては、砂糖の生成技術が進んだことや輸入によって供給が増え、将軍の口にも入るようになったからでしょうね。甘党だった将軍もいますし。
また、炊いた後のお米をお湯で洗ったりなど、毒を恐れるあまりいろいろしすぎて栄養が取れなくなっていったという理由もあります。戦国時代はそんなことしてるヒマありませんから、家康のほうが後の将軍達より栄養状態が良かったかもしれません。

忠吉の知名度が低いのは、成長はしたものの4男という立ち位置に加え夭折したこと、上は二代将軍で下の弟は流刑もしくは御三家といういろいろな意味でインパクトの強い面子に挟まれてしまったからなのでしょうね。
甥っ子の松平忠直のように、信憑性の低い悪評が残るよりはマシ……ですかね?

長月七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2009/03/post-e565.html
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.