日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

19世紀の3.11に欧米人が初めてパンダを知る【その日、歴史が動いた】

更新日:

いつも血生臭い当コーナーですが、本日は癒しをお届けできる自信がございます。
1869年(明治二年)の3月11日、アルマン・ダヴィドというフランス人の宣教師が、欧米人としては初めてジャイアントパンダを知りました。
このとき見たのは地元の人が持っていた毛皮だったそうなので、発見したのかというとちょっと微妙ですが。

パンダコパンダ にこにこパパンダL

ダヴィドは聖職者でありながら博物学者でもあるというなかなか面白い人です。
当初聖職者として北京に派遣されたのですが、パリの自然史博物館のため中国各地でさまざまな動植物の化石を探しており、その途中でパンダを知ったそうです。
白黒二色というそれまで見たこともない生き物が存在しているということをしったダヴィドは、さっそく調べを進めましたが、生きている個体を本国へ贈ることはできなかったようです。その代わり、毛皮と骨を見つけてパリへ送りました。

フランスから狩猟者が中国へ押し寄せる

もちろんフランスでもこの珍妙な色合いを持った生き物は話題となり、「ワンダーランド中国でコイツ見つけて一山当てようぜ!!」と狩猟目的で渡航する人が激増。こうなると他の種と同じく、一気に個体数を減らして絶滅への道を歩んでいくのは目に見えていますが、当時の人々にそんな概念はありませんでした。
20世紀に入る頃、つまり約30年後には、既にジャイアントパンダは絶滅寸前の状態になっていたそうです。かわいそうに(´;ω;`)

そもそも、ジャイアントパンダの個体数は元々多いというわけではありませんでした。
乱獲に加えて繁殖能力が低いことも大きな理由です。
繁殖期が年に一度なのはいいとして、子供ができる期間はそのうちたった数日。ということは、このタイミングでいい相手を見つけられなかったら、その年は妊娠できないということになります。もしそれが何十頭何百頭といれば、寿命等で亡くなる数のほうが大きい年もあり得るわけです。
大型動物の常で、一度に生まれる数が少ないというのも繁殖力の低さに拍車をかけているでしょう。

また、主食である竹の生態も多少関わっています。
竹が開花すると不吉なことが起きるという言い伝えがありますが、これは竹が数十年~百数十年程度の感覚で一斉に花を咲かせ、これまた一斉に枯死してしまうため。
種類によって差があるので、複数の竹が混在していればいいのですが、もし一つの種類しか生えていないとなると、そこに住むパンダの食料が一気になくなってしまうのです。
もし仮に世界中の小麦や米が一斉に枯死したとしたら、人間だってパンダと同じくらいのスピードで減るかもしれません。

乱獲される+繁殖力の低さ+食料不足……とくれば、数が激減するのは当然の話ですね。
一応中国政府も絶滅させるのは(外交的にも)マズイと考え、保護区を作って対策に乗り出していますが、その外で生活している個体が多いため、環境破壊や密猟による減少を防げているのかというと微妙なところです。
その他パンダのマークでお馴染みの環境保護団体・WWFなどが保護に努めています。
しかし、これらの活動が始まったのは1980年代の話なので、それまでに一体何頭のパンダが犠牲になってしまったのかと考えると……。
生息数で見ると保護施設・野生を合わせて40%程度は増えているそうですから、お先真っ暗というわけではないようですが。このまま増えていってほしいものです。

スポンサーリンク

夜行性ゆえに白黒が生存の掟

ちなみにパンダが白黒なのは、哺乳類の視覚と関係があるそうで。
大昔恐竜が地球の王者だった頃、哺乳類はネズミのようなサイズでした。生き延びるため、恐竜が活動しにくい夜間に行動したり、体を小さくして恐竜が入ってこられないような狭いところを生活域にするというようなさまざまな進化を遂げています。
(夜行性の肉食恐竜もいた説があるので、一概には言えません)

この中で現在も大きな影響を残しているのが夜行性ですが、もともと多くの動物は人間ほど色彩感覚がないため、夜になると余計色がわからなくなってしまいます。そのため、天敵に見つかりづらくするためには白黒模様のほうが都合がいいということになります。
ジャイアントパンダに限らず、バクやシマウマなど白黒模様を持った生き物が意外に多いのはこういう意味があるんですね。
足だけ縞模様のオカピは謎ですが、アレも白黒な視界だとカムフラージュになるんでしょうか。教えてエ□い人。

もう一つの「パンダ」であるレッサーパンダとは、生物学的な関連性はあまりないそうです。
先に見つかったのがレッサーパンダで、単に「パンダ」といえばこちらを指していたのですが、ジャイアントパンダが発見されたため「じゃあ小さいほうにレッサー(lesser:小さい)をつけようか」ということになったのだとか。
しかし、意外な共通点の見つかりそうな動画がこちらです。

ジャイアントパンダ

レッサーパンダ

このコロコロっぷりと雪への反応、どう見ても同類です。本当にありがとうございました。
パンダを「熊猫」と書くのもわかる気がしますね。この当て字考えた中国人マジ偉大。
科学的にどうこうじゃなくて、行動を見てて思いついたんでしょうね。

まだまだ震災の影響で不便な環境にある方も多いかと思いますが、たまにはこういう動物の画像・動画で癒されてはいかがでしょうか。
どこぞのお偉いさんのくだらない言い訳より、少しは和めるかと。

スポンサーリンク

長月七紀・記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.