日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

高杉晋作/Wikipediaより引用

スポンサーリンク

西郷どん特集 その日、歴史が動いた 幕末・維新

高杉晋作が27歳で夭逝?「立てば雷電、動けば台風」の麒麟児は生き急いだのか

更新日:

早死になのになぜか悲壮感ただよわない高杉晋作

最近は少なくなってきた気がしますが、一昔前までは病弱な人というと「佳人薄命」というイメージが強かったですよね。
特にゲームやアニメの世界だと必ず一人はそういうキャラクターがいたものです。
が、現実には一病息災どころか、「病気ってなんだっけ」といいたくなるようなドギツイ個性を持った人もたまに登場したりします。
今日の主役もおそらくその一人ではないでしょうか。

慶応三年(1867年)の4月14日、高杉晋作が亡くなりました。

27歳で亡くなったので世間一般的には”夭折(ようせい)”ということになるのですが、彼のここまでの言動を見てみると何だかこの言葉の持つ儚さや繊細さが似合わないような気もします。

彼は天保十年(1839年)、長州藩(大体今の山口県)の藩士の上に生まれました。ざっと経歴を挙げてみましょう。

・10歳のとき痘瘡を患いましたが、その後は剣道に打ち込んで頑健になったようで無事成長しています。
・18歳で吉田松陰の私塾・松下村塾に入門し、翌年はさらに江戸の昌平坂学問所などに学んで文武両道の人となりました。
・23歳で国元へ帰り、周防・長州で一番の美人と呼ばれた女性を妻に迎え、ほぼ順調な生活をしています。

ここまでだったら普通の藩士なのです。ここまでは……。

 

スポンサーリンク

なぜか結婚直後の24歳からはじける

尋常じゃなくなってくるのが結婚の翌年、24歳のときです。
黒船によって半ば強制的に開国させられていた日本は、薄々「軍を西洋風にしないとダメじゃね?」ということに気付き始めていました。

が、250年続いた徳川の伝統とやらからいきなり脱するほどの柔軟な思考を持った人物はそう多くはなかったので、藩によって西欧化の手立てはバラバラという状態。
晋作のいた長州藩では積極的とはいいがたい方向でしたが、彼は縁あって幕府から清(中国)へ向かう使節団に加わることになり、上海へ渡航します。
そこでアヘン戦争直後、かつアロー戦争太平天国の乱真っ最中の惨状を目にし、ある決意をしました。

「エゲレスブッコロ!」※超訳

帰るなり彼は「薩摩は生麦でエゲレス人を(ピー)したっていうのに、ウチの藩は何もしてないなんて情けない。上がやらないなら俺らがやっちゃるわ!」という無茶苦茶な理由を語り始めました。

現代人の感覚からすると「いやいやいや外国人ブッコロしてどうすんのよ。国内の改革が先だろ」と言いたくなりますが、晋作の周辺には尊皇攘夷思想の人物が多かったため、「よっしゃ俺も!」「私も!」と同志が集まります。
しかしメンバーの一人がうっかり外部の人間に話してしまったところ、伝え聞いた長州藩主の息子さんにバレて「ンなもんうまく行くわけねえだろうが!お前らしばらく大人しくしてろ」と謹慎命令を食らってしまいました。

しかしそのくらいで晋作が「エゲレスブ(ry」を諦めるはずもなく、品川に建設中だった英国公使館を焼き討ちするという暴挙を働きます。この時代の謹慎って外出禁止令とほぼ同義なんですが、見張りとかつけてなかったんでしょうかね。
当然これは再び長州藩のお偉いさんにバレ、「あいつ江戸にいさせるとロクなことにならん。戻ってこさせよう」ということで幕府に犯人がバレる前に晋作を国元へ呼び返しました。

晋作は帰ってはきたものの、「好きにさせてもらえないなら十年ほどお暇をいただきますね★」(超訳)と言い出し、恩師である松蔭の生まれ故郷に引きこもってしまいました。

とにかく行動するときとしないときの差が極端すぎます。

 

スポンサーリンク

外国船ぶっぱなせぇ!大敗北→晋作頼むよ 奇兵隊誕生!

しかし十年経つ前に、長州藩を激震が襲いました……というか、長州藩自らが起こしました。
関門海峡を通行しようとした外国船へ向かって一発ぶっ放し、アメリカ・フランス相手に下関戦争をおっぱじめてしまったのです。

技術の追いついていなかった長州はケンカを売ったのに緒戦でボロ負けという散々な目に遭ったにも拘らず、「ウチに人材がいないから負けたんだ!アイツなら腕が立つからきっと勝てる!」と思い込んだらしく、トラブルメーカーどころかトラブルと親友状態の高杉晋作をアテにします。

頼られて悪い気はしなかったのか、命を受けた晋作は素直に引きこもりをやめて下関の防衛にあたりました。
そして「藩士だけじゃロクな奴がいない。やる気のある奴を集めて部隊を作ろう」と考え、奇兵隊を結成しますが、たぶん目の付け所はそこじゃないぞ~。

しかも藩の許可を取っていなかったので正規の部隊と揉め事が起きてしまい、正規部隊に死者が出るという最悪の事態に陥ります。
当然防衛の任を解かれ、さらに脱藩という当時死刑になってもおかしくないことをやってしまったため、牢屋に放り込まれてしまいます。

 

今度は「交渉してこい」との命令がくだされる

しかし数ヵ月後、アメリカとフランスに加えてイギリスとオランダまで加わった連合艦隊にもう一度コテンパンにやられた長州藩は、「ウチに人材が(ry」という考えを改めることなく、またしても晋作を頼りにしました。
今度は「負けたけどできるだけ損しないように交渉してこい」という命令です。

交渉の席では四カ国から諸々の条件が出されましたが、晋作は領土の租借だけは頑としてはねつけたそうです。
通訳として同席した伊藤博文が、後年の回想で「アヘン戦争で負けた清が、租借という名目で各地を植民地化されていたことを知っていたから」と言っていますが、当時の記録と食い違っているため真偽は不明なのだとか。

ドラマチックではありますし、晋作が実際に上海に行っていろいろ見聞きしていたとしても不自然ではないですから真実の可能性も低くはないのですけどね。
もしかしたら「エゲレス人とその他大勢見分けのつかないようなヤツらに土地を貸せるか!」くらいの理由だったかもしれませんし。

実はこの時期の長州藩、かなりの迷走っぷりで国内でも孤立していました。
幕末の例によって極めてややこしいので省略しますが、京都での基盤をなくしたのに無理に再起を狙って失敗し、「お前ら朝敵!」と認定されてしまったため、幕府まで敵に回すというまさかの四面楚歌状態。
これが第一次長州征伐で、「外国に負けたばっかなのに戦うなんてムリムリムリ!!」とビビッた長州藩は「スイマセン責任者を始末しますんで勘弁してください」ということで実質的に幕府にも降伏します。

 

窮鼠猫をかむ そして晋作は結核で…

これを見ていた晋作は、「もうウチの藩ダメだ。どげんかせんといかん」と覚悟を決め、またも同志を募って藩中枢を乗っ取りました。

コロコロ変わっていた藩の方針も「エゲレスブッコロ!幕府もブッコロ!!」という方向に固まります。物騒にも程がある。
が、これを幕府が見逃すはずもなく「アイツら降伏してきたのは時間稼ぎだったわけか。こんどこそやってやんよ!!」と再び征伐計画が立てられます。

はい、第二次長州征伐です。

そして実際に戦闘になるのですが、幕府の予想に反して形勢は逆転。
というよりも、平和に慣れきりさらに諸藩の寄せ集め状態だった幕府軍には統率のとの字もなく、「幕府軍(笑)」という状態だったのです。
一方長州藩はここで負けたら全員打ち首覚悟ですし、外国に負けたばかりで悔しいどころの話ではありませんから、生き残るのに必死。第一次~第二次の間に晋作や西郷隆盛、坂本龍馬らと締結した薩長同盟のおかげで、装備を充実させることができていたのも理由でした。

こうして長州藩は勝利を収めることができたのですが、晋作が関与したのは実はここまで。
当時これまた不治の病とされていた肺結核になってしまい、前線どころかこの世からも退かざるをえなくなってしまったのです。
大政奉還の7ヶ月前のことでした。

さぞ無念だったかと思いきや、辞世の句として伝えられている一句には未練が微塵も感じられません。
「おもしろき~」から始まる有名なアレです。

「おもしろきこともなき世におもしろく」
「おもしろきこともなき世をおもしろく」

晋作が直筆した書面がないため、一字だけ違うものが二つ伝わっているため微妙に意味がわかりづらくなっていますが、大意としては「俺はやりたいことやって人生面白かったよ」というところでしょうか。

伊藤博文いわく「あの人は立てば雷電、動けば台風のようなもので、周りは( ゚д゚)ポカーンするしかなかった」(超訳)とのことですから、そりゃ本人としてはスッキリしてたでしょうね。
同じく結核で亡くなったとされる新撰組の沖田総司が儚い美少年のイメージが強いのに対し、晋作の強烈っぷりといったらこの有様です。
本人が満足ならそれでいい……んですかね。

長月 七紀・記

武将ジャパンの西郷どん特集

スポンサーリンク

参考:高杉晋作/Wikipedia

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.