日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

現在の二条城正門

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

二条になかったこともある二条城のアレコレ 徳川家康が二条城の造営を命じる

更新日:

本史と世界史では、同じ歴史でも何となくイメージが違いますよね。

文化や宗教による違いのためというのが大きいでしょうけれども、それはあらゆる面での「名前」も大きく影響しています。
基本的に欧米圏では聖書から元ネタを引っ張ってくるので、例えば「何でルイ○世がいっぱいいるの?オリジナリティないの??それとも親が皆テキトーなの???」なんて思ったことのある方も結構多いのではないでしょうか。
しかし、実は日本でも地名においては結構テキ……もとい、重複しているものが多かったりします。
本日はその一例、京都にあるあの場所のお話です。

慶長七年(1602年)のあす5月1日、徳川家康が二条城の造営を命じました。

今も京都市にズデーンと構えているアレですね。
が、二条城というのは歴史上他にもいくつか存在しています。しかも、家康の建てさせた二条城と同じ場所とは限りません。
主に時代や関係する人物によって見分けをつけることができるので、一つずつご紹介していきましょう。

現在の二条城

 

・十三代義輝&十五代義昭の「二条御所」

元々、初代尊氏から三代義満までが京都・二条の地に御所を構えていたため、場所が変わっても室町幕府将軍の住まいを「二条御所」と呼んでいたことによるものです。ほんのちょっとだけ二条にも敷地があったからとも言われています。
義輝が刺客相手に奮戦しあえなく敗れた地名であり、信長が義昭のご機嫌取りに献上した屋敷の名前でもあります。

現在の二条城本丸御殿

 

・信忠が最期を迎えた「二条城」(二条新御所)

多くの小説や歴史書で、「織田信忠は本能寺の変の際、二条城で最期を迎えた」とありますが、実は家康の建てた二条城とはまったくの別物です。
元は二条家という公家の持っていた屋敷だったのを、「ここの庭はいいな!」と気に入った信長が譲り受けたところでした。
こう書くとカツアゲしたかのようですが、二条家はこの直前に信長の勧めで別のところへ引っ越していたので、特にトラブルもなく引き渡してもらえたそうです。前から目をつけてたから予め引越しを勧めたとかそんなまさか。

そして信長は屋敷を改修し、二年ほど京都での住まいとしていました。その後ときの皇太子・誠仁親王に献上し、本能寺の変までは皇太子一家の「新御所」となっていたのです。
二条家が持っていた頃から見事な庭園で有名なところだったそうなので、皇太子の住まいには相応しい佇まいだったことでしょう。
また、信長が改修した際に軍事拠点としての機能も追加されていたらしく、それゆえに御所でありながら「城」と称されるようになったようです。で、元が二条家の持ち物だというので「二条城」とか「二条新御所」になったと。
その防御機能を信頼して、信忠はここで篭城することにしたのですが、その末路は……。

現在の二条城石垣

 

・秀吉の建てた「二条第」

現在の中京区にあったとされる建物です。
やはり京都での拠点として作られたものですが、聚楽第完成までの中継ぎ的な位置だったようで、あまり記録が残っていません。その聚楽第も見事に数年でぶっ壊されてますけどねHAHAHAワロエナイ。
宣教師ヴァリニャーノがここへ宿泊したらしきことを書き残しているので、京都を見せつつ接待したいような相手への迎賓館のような使われ方もしていたと思われます。

現在の二条城唐門

 

・家康の建てさせた「二条城」

これまた家康が京都での拠点として造営を命じた場所です。
「今日からアンタが幕府のトップだからしっかりやれよ」という儀式(将軍宣下)が行われるなど、”京都における幕府の顔”というべきところだったのですが、読んだいい悦内向は行われなくなり、それに伴って200年ほど放置プレイをされていました。
なぜか京都所司代(幕府から京都に出張してた役人)はここを使わず、別の見張りが設けられています。なぜ一緒にしなかった。
今だったら確実に「税金の無駄使い」として移民やマスコミの攻撃の対象になっていそうです。

そんな扱い+度重なる災害のおかげですっかり城というより廃墟状態になっていたそうですが、十四代家茂が上洛の際に使うことになったため、ようやく修復されました。
家茂は第二次長州征伐のときにも一度ここへ立ち寄っています。

また、十五代慶喜も二条城とは浅からぬ縁があります。
江戸幕府の将軍としてかなり久々に二条城で将軍宣下を受けていますし、大政奉還の意思を明らかにしたのもここでした。
このため、「徳川幕府の始まりと終わりの地」と見ることもできます。
ただの偶然の可能性もなくはないですが、慶喜ってこういう「家康が何かしたところた日に被せたかのような行動」を度々してるんですよね。
もう一つの例についてはこちらの記事で書いておりますので、よろしければどうぞ→江戸しぐさよ!建国記念日の翌日は徳川家康の将軍の日で祝日にせよ【その日、歴史が動いた】

現在の二条城正門

その後は現在に至るまで、家康の建てさせたものがずっと二条城と呼ばれています。
明治時代からは所属が役所になったり軍になったり宮内省(宮内庁の前身)になったりと、結構たらい回しになってますね。
家康が大坂城をもてあましたのと同じような感情があったのかもしれません。江戸城は皇居に作り変えてイメージを変えることができましたけれど、二条城を京都での御所にするわけにはいきませんからね。本家本元がすぐそこにあるのですから。
一応、大正天皇が即位された際のパーティーが二条城で執り行われているので、放置されっぱなしというわけではないのですが。

二条城は上記の経緯により、当初の建物はあまり残っていないため、現在は整備のための募金が行われているようです。
寄付金控除の対象になっていたり、一日城主権など寄付金に応じた特典がもらえたりするので、もしご興味のある方は協力されてみてはいかがでしょうか。
詳細はこちらです。【二条城一口城主募金】

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.m.wikipedia.org/wiki/二条城

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.