関ヶ原の戦いで何かと戦局を変えた三成の右腕・島左近 本当に死んだのか!?

 

三成に過ぎたるもの・・・

さあ、いよいよ9月15日でございます。この日に関が原の戦いの話をしないわけには参りません。今年は前哨戦その他で東軍の話ばかりでしたので、当日は西軍のお話を致しましょう。

関ヶ原の戦い

関ヶ原合戦図屏風/Wikipediaより引用

慶長五年(1600年)の9月15日、関が原の戦いで石田三成の腹心・島左近が行方不明になりました。
”左近”は通称であって本名は”清興”(きよおき)なのですが、例によって有名なほうで統一しますね。

この人、そもそも出自自体に不明なところも多く、わかっていることのほうが少ないくらいなのですが、この日関が原で一隊を任されていたことは確実です。
一説には「三成がまださほど領地をもらっていなかった頃、”領地を半分やるから俺のところに来い”とまで言って召抱えた」とされるほど信頼・重用されていた人物でした。嘘くさい話ですが、美談に現実味を求めるのは野暮というものですから、例え話ということでここはひとつ。

左近もその厚遇に応えてよく働き、関が原前日の杭瀬川の戦いでも奇襲作戦を建言して大勝利を収め、西軍の士気を大いに上げました。
本戦では関が原の北端、三成がいる本陣の目の前を守るように布陣していて、信頼のほどが伺えます。当初西軍有利だったのも、前日の大勝利で士気を上げていたことに加え、左近自ら前線で戦っていたことが大きいでしょう。

しかし! これが仇になってしまいます。

 

 兜が目立ちすぎて狙われた可能性もあるよね

左近に対するは、最前線にいる東軍の中では一番の兵数を率いる黒田長政でした。

そして左近は横腹から黒田隊の射撃を食らってしまい、ここから西軍の雲行きが少しずつ怪しくなっていきます。

確実に左近所用とされる鎧兜の類は現存していませんが、五奉行の一人である三成の腹心ですから、雑兵よりもかなり立派なものを身につけていたことは間違いありませんし、悪く言えば格好の的だったでしょうね……。

頼れる前衛がいなくなった三成は戦力半減もいいところ。

もちろん彼の隊にも勇士はいましたが、多勢に無勢。さらに旗色が悪くなったことを知った小早川秀秋らが裏切り、西軍は壊滅してしまったのでした。

 

まさか余生をノンビリ過ごしたとか・・・? 

さて、その後の左近の行動については大きく分けて三つの説があります。

一つは、上記の黒田隊銃撃時に死亡したというもの。一番シンプルですね。どんなに優秀な隊でもトップがいなくなれば総崩れになることは珍しくありませんから、三成隊が押されていったのもわかります。

二つめは、銃撃による負傷のため一時撤退し、小早川秀秋とムカつく仲間達の裏切り後に玉砕覚悟で東軍へ突撃、討死したという説です。
このときの奮戦振りはまさに死に物狂いという言葉そのままだったようで、黒田隊所属だった兵たちは何年経っても左近の形相や「かかれーっ!!」という鬨の声を夢に見たとまでいわれています。

また、恐怖のあまり当時の左近の服装について、居合わせた人々の記憶が全く一致しなかったとか。普通ある程度身分ある人は旗なり鎧なり羽織なり、トレードマークになるようなものをみにつけているものですから、そうそう記憶が食い違うはずはなく、これもやはり左近の狂気じみた戦いぶりを伝えるエピソードとして知られています。

そして最後に、実は関が原から落ち延びて、静かな余生を送ったという話があります。
大阪夏の陣の真田幸村(信繁)のように、どちらかというと民衆の願望が説話になっているような気もしますが、あちこちに左近のものとされる墓が現存しているのです。
左近の首が現在に至るまで見つかっていないということも後押ししているでしょう。大谷吉継のも見つかっていませんが、彼の場合は関が原で切腹したことが確実ですからまた話が違いますしね。

 

「左近の首を返せ…」 という三成の幽霊が出る噂も 

左近の墓もしくは落ち延びた先と言われている場所は京都・静岡・熊本などさまざまで、没年についても共通点はないようです。

一番長生きした説では寛永九年(1632年)に京都で亡くなったとされていますが、永禄三年(1560年)生まれの三成より年上であったはずの左近が、そこまで長生きしたというのもちょっと考えにくいですよね。ありえない話ではないですけども。

そんなわけで、現在も左近の最期については謎のままということになっています。

多分「関が原には”左近の首を返せ”と言う石田三成っぽい幽霊が出る」というのも、この辺から出た話なのでしょう。三成は京都の六条河原で処刑されているので、関が原で死んだわけじゃないですし。

はっきりわかった暁には、ぜひ教えて供養してあげてほしいものですね。

 

長月 七紀・記

 

参考:島左近/Wikipedia

 

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る