明智光秀は生き残って家康の参謀天海上人になった!? 今も残るミステリーをまとめてみた

 

正体不明のナントカ、というのはいつでも心惹かれるものです。
人物であったり謎の文明であったり、オーパーツと呼ばれるオーバーテクノロジーの数々など、オカルト染みているとわかっていても、話題になるたびに見てしまうという人は結構多いのではないでしょうか。
そして日本史上で最大の謎といえば本能寺の変ですけれども、今回はそれに関係あるのかないのかわからんあの人のお話です。

 

明智光秀だとすると116歳の長命

寛永二十年(1643年)10月2日、徳川家康の参謀役だったといわれている僧侶・天海が亡くなりました。
前半生に謎の多い人物ですが、京都の南光坊というところでいろいろやっていたことがあるので、合わせて”南光坊天海”とも呼ばれます。

さて、この人といえばやはりその正体について触れないわけには参りません。というか他に描くことが(ry
一番有名なのは「明智光秀が(物理的に)化けてたんじゃね?」という説ですね。
光秀が信長より年上であったことを考えると、天海の享年が116歳くらい=現代でも稀有なレベルの長寿になるので信憑性としてはどうよ?というところですが、この説がある程度浸透したのには、やはりそれなりの根拠があります。
ですが、いろいろ無理のある部分もありますので、久々に今回は一人ツッコミ大会をしたいと思います。

 

・日光東照宮に桔梗紋が使われているのは、天海が光秀だったからだよ!

確かに光秀の家紋は”水色桔梗”ですが、桔梗の家紋は他の人も使っています。さも光秀オリジナルのようにいわれるのは、当時ほぼ黒一色の家紋しか存在しない中で、光秀の実家であるといわれている土岐氏他ごく一部だけが水色という有彩色を使っていたからです。
桔梗の紋自体は清和源氏系の家が多用していますので、(一応そういうことになっている)源氏の家康が使ったり、そのお墓である東照宮にあるのはおかしなことではありません。

・光秀の首ってちゃんと首実検されてないんだって! 実は生きてたんだよ!

明智光秀(絵・桂花)

明智光秀(絵・桂花)

山崎の戦いは旧暦6月=新暦7月。そのため光秀の首は夏の暑さでかなり傷んでしまって、本人確認ができていないのではともいわれています。
つまり、秀吉の前に出てきたのは別人(影武者)で、本人は生きており、頭を丸めて隠遁していたのでは?という説です。
ちなみに源義経も似たような話があります。それで義経=チンギス・ハーン説があるんですが、世間的に殺しておけばいいや、ってことだったんですかね。テキトーやな。
インドでは資産家などの大金持ちを”法律上”殺すことができるらしいですが、それと似たような感じでしょうか。人間いつの時代も考えることは変わらんというか、日本人先取りしすぎと見るべきか……話があさっての方向へすっ飛んでいくのでその辺にしておきましょう。

 

・山崎合戦のあとに光秀って人が比叡山に石碑を寄進している!

光秀生存説の根拠としては、「比叡山に山崎の戦い以後の日付で、光秀という人物が石碑を寄進しているから」という話もありますね。
が、光も秀も縁起のいい字であり、他に「光秀」という人物がいてもおかしくはありません。檀家に同名の人物がいた可能性もありますし、「こうしゅう」と読ませればお坊さんらしい名前にもなります。

光秀=明智だ!と思ってしまうのは現代人が他に同名の人物を知らないからであって、当時は極ありふれた名前だったのかもしれませんし。
謀反人とずっと同名のままにする人もそうそういなさそうですから、ありえるとすれば少しずれた時代の人ですかね。
というかそもそもこの石碑の話になると現物の写真や具体的な寄進の日付が出てこないんですが、今も比叡山にあるんでしょうか。ググる先生にお尋ねしてもわからなかったので、もし詳細をご存知の方がいらしたらぜひお知らせください。

 

・日光の高台に”明智平”って名付けたのは天海なんだってさ! 明智の名前を世に残したかったんだって! だから天海=光秀で決定!

もう”日本史上最大の謀反人”として充分歴史に名が残ってますがな。
江戸時代ですら有名だったくらいですから、家康が光秀の記録を消そうとしても無理だったでしょうし、そうしたかったとしても信長や信忠が急死した理由から捏造しなくてはいけなくなります。
そこまで手間をかけて明智の名を消したとして、狸に何の得があるのでしょう?「家康が本能寺の変の黒幕だからいろいろマズイ」というならわかりますけども。
ついでにいえば、一字違いの”明知”という地名なら岐阜県にもありました。明智川という川も流れています。天海がこれらを知らなかった可能性は高いですが、どっちにしろ地名に人名をつけるというのはしっくり来ない気がします。逆はしょっちゅうありますけども。
完全に余談ですが、ググるマップで明智川を検索すると近隣に”明智の森”というところが出てきます。「おいでよ光秀の森」とか想像するとホラーですね。むしろ森で殺されたのが光秀だろって話ですねHAHAHAHA!
……地元の方、もしご気分を害されましたらすみません。

 

筆跡鑑定では近親者の可能性高いんだとか→「天海=光秀の親戚」でドヤ

筆跡鑑定からすると「近親者の可能性が高い」らしいので、個人的には”天海=光秀の隠し子か親族の子供”なんじゃないかなーと思っております。光秀が子沢山だったことはほぼ確定のようなのですが、人数や名前となると諸説入り乱れているからです。
仮に光秀が1520年代生まれだとして、その子供となるとだいたい1540~1550年代前半生まれくらいになりますから、1643年まで生きていたとしても”ちょっと長生き”くらいで済みますし。チートオブザ戦国の細川幽斎・忠興親子もそのくらい生きてますから、長寿ではあってもありえなくはないレベルになります。
光秀が1530年代生まれであれば、さらに可能性は高まりますね。

そんなわけで、当コーナーとしては「天海=光秀の親戚説」を推して参りたいと思います。今のところは。
「娘婿の明智秀満だったんだよ!」という説もありますけども、そうしたら筆跡の信憑性がなくなってしまいますしねえ。
光秀ネタはいつも同じオチになってしまいますが、ホント誰か早くタイムマシン作ってくだせえ。

長月 七紀・記

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/天海上人


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • TA
    • 2016年 4月 28日

    何の根拠もないですが、私の見解です、

    私も、明智光秀=天海さんを提唱しています。

    私の組解く歴史はこうです。

    1−信長による家康への京都接待役に光秀が任命される(歴史的事実)。
    2−信長に光秀の近江領土及び、接待役を解任される(歴史的事実)。
    3−その時に家康から、謀反をけしかけられる(勝手な予測)。
    4−その事実を秀吉配下武将の情報網にかかり、秀吉が知る(勝手な予測)。
    5ー秀吉が光秀の動向を見ながら、毛利側との和睦や中国大返しの下準備を始める(勝手な予測)。
    6−明智光秀が本能寺の変を起こす(歴史的事実)。
    6a-光秀軍は信長の遺体を本能寺で探すが、見つからず(歴史的事実)。
    ※6b-もしかしたら、本能寺の変は、光秀は実行したものの、信長は本能寺内の抜け道を使い抜け出したが、そこへ待ち受けていた秀吉配下の武将が助けるが結果的に信長を殺し、信長の遺体自体を無きものにしてしまう。・・・メチャクシャ暴走してるけど、秀吉軍の他の知略から言えば、有り得る話(勝手な予測)。
    7−秀吉が張っていた京都での情報網より、本能寺の変を知る(勝手な予測)。
    8−道義を立てるため、光秀から毛利側の使者をたまたま捕まえ本能寺の変を知った定義にする(歴史的事実)。
    9−秀吉が毛利との和睦を実行する(歴史的事実)。
    10−中国大返しを実行する(歴史的事実)。
    11−山崎の合戦にて、秀吉が勝利する(歴史的事実)。
    12−光秀は生き伸びるが、秀吉軍に捕まり、捕虜となる(勝手な予測)。
    13−光秀は戦いの後、落ち武者狩りにあった程とする(歴史的事実)。
    14-清洲会議で秀吉が信長軍内で台頭する(歴史的事実)。
    15-秀吉軍は、柴田勝家を討ち、秀吉が事実上、信長軍の後継となる(歴史的事実)。
    16−その間に家康は、甲斐・信濃を攻略し、家康も秀吉軍とは別に台頭する(歴史的事実)。
    17−秀吉と家康が小牧・長久手の戦いで、秀吉側は有力武将が討ち死にし、戦いでの家康強さを秀吉軍は改めて実感する(歴史的事実)。
    18-秀吉軍は、これ以上の犠牲を避けるため、家康に講和を持ちかけ、休戦する(歴史的事実)。
    19-秀吉は、朝廷より関白の地位を受ける(歴史的事実)。
    20-秀吉は、再三の使者を使い、家康に大阪上洛を促すが、拒否を続ける(歴史的事実)。
    21-秀吉は、実妹朝日姫を離婚させ、家康の正室とし、上洛を促すが、更に拒否されたため、実母の大政所までも人質をし、上洛を促す(歴史的事実)。
    22-家康は秀吉の上洛を受け入れ、上洛を果たす(歴史的事実)。
    23-家康は、大阪城登城前夜、秀吉の弟の秀長邸に宿泊する(歴史的事実)。
    24-その秀長邸に宿泊していると、突然秀吉が密かに訪れ、翌日の登城謁見時に諸大名の前で従臣を誓う(歴史的事実)。
    24a-この前夜の秀吉は突然訪問し、家康に、本能寺の変の共謀の話を持ちかける、もちろん家康は否定するが、秀吉は、その際に隠していた光秀と光秀の息子を家康に引き渡す約束をする(勝手な予測)。
    25-家康は大阪城秀吉謁見時に、諸大名の前で、従臣を誓い、陣羽織を所望し、忠誠を誓った(歴史的事実)。
    26-光秀と、光秀の息子を家康に引き渡す(勝手な予測)。
    27-秀吉の天下となる(歴史的事実)。
    28-秀吉の死後、家康が天下人として名乗りをあげ、天下を取る(歴史的事実)。
    29-家康は、光秀の器量を知性を大いに買い、闇に葬るのは、惜しく思い、光秀を天海と改める、その後、光秀の知略を受け継ぐ光秀の息子を天海として、引き継がせ幕府の政治的関与を行ない、光秀と関係の深い血筋である、お福(春日局)を家光の乳母とし、徳川幕府政権を後生にわたり、後押しする一派を形成する(勝手な予測)。

    根拠として、数万の兵を有し、信長、光秀の首が見つかっていない。さらに、秀吉軍の策略力。
    そして、小牧・長久手の戦いの講和時点では、家康が秀吉よりも有利、もしくは、ほぼ同等の関係であったはず。
    しかも、秀吉が、いくら実母や実妹を人質に渡したからと言って、家康は服従を誓う義理も無いはず。
    さらに言えば、秀吉からすれば、服従する根拠もなく、大阪に登城させ、家康が服従しなく、曖昧な状態を諸大名に見せる事は、今後の政権を取っていく中でも、不利となる。

    私が最も疑問を持っている点は、家康の大阪城上洛前日、秀長宅で、秀吉と家康の会話の内容で、その内容やその事実は、存在するにも関わらず、ネット上を見てもあまり大きく出ていない。いくら人垂らしで有名な秀吉でも、何もなしに、家康を服従させる訳にはいかないだろうし、もしもその時に、家康に対し、登城時に服従しなければ、その場で光秀を諸大名の前で引き合わせ、諸大名に対し、家康軍を攻略する大義名分を作る的な事を言われれば、家康は自分にどんな野心があっても、従わざる得ないと思うのが、私の見解です。

    また、天海自身が、歴史上功績の記録は多々あるにもかかわらず、彼自身幕府にこれだけ貢献している関わらず、全く素姓が記録にないし、年齢ですら、不明。もし、私の勝手な見解が正しければ、家康含め、徳川家が天海の素姓を明かす事によって、謀反人と証明してしまい、統制に影響を与えます。

    どうでしょう?私の勝手な歴史見解、何ぶん素人が知っている歴史を繋ぎ合わせて、1点の疑問点(家康の登城前夜の事実)だけから、推測しています、
    もし、秀長邸での事実が詳しく載っているネットとかあれば、教えて頂きたいです。

    • とおりすがり
    • 2015年 1月 13日

    >というかそもそもこの石碑の話になると現物の写真や具体的な寄進の日付が出てこないんですが、
    >今も比叡山にあるんでしょうか。ググる先生にお尋ねしてもわからなかったので、
    >もし詳細をご存知の方がいらしたらぜひお知らせください。
    youtubeに投稿されているTV番組の映像が関係していそうです。
    次の映像の2分目以降ですね。
     ttps://www.youtube.com/watch?v=4mkh6PXzimY
     ただし、実際の石をTV局が撮影したというより、
     現地の郷土史家所有の写真と拓本を撮影しているようです。

    • keika
    • 2014年 10月 05日

    少々気になりましたので、コメント投下致します。

    >というかそもそもこの石碑の話になると現物の写真や具体的な寄進の日付が出てこないんですが、今も比叡山にあるんでしょうか。ググる先生にお尋ねしてもわからなかったので、もし詳細をご存知の方がいらしたらぜひお知らせください。

    10年ほど前に「この石碑」の事を某寺に電話でお尋ねしましたところ、きっぱり存在を否定されました。
    往時、私も「光秀寄進の石碑」を調べておりましたが、おそらく同じ石碑の事だと思いましたので…。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る